Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

How long would the people continue to appreciate the low-ranking a dime play, in which our government and the mainstream media, who are dazzled by the money of the “World Festival” are trying to get on with the friendly people(「世界的祭り」の金に目が眩んだ我が政府とメインストリームメディアどもがグルになって、お人好し国民をムリヤリ乗らそうとしている低級な三文芝居を、いつまで国民が白けずに鑑賞し続けるのか)?

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

東仙坊、金のために魂を売った「オリンピック・ムラ」のおバカどもの集団である「東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会」の正体見たりとトコトン呆れさせられた話が、これ。
金のために血迷ったコヤツら、海外マスメディア用に100室の予約をしてある埼玉のあるホテルに、予約確認の連絡をしてきたとか。
それに対し、ホテルの支配人が、「現在、軽症感染者療養ホテルとして利用されているので、それがどうなるのかわからないので確約できない」と正直に答えると、「ちゃんと予約してあったのだから、期間中は部屋を用意しろ!」と居丈高に言い放ったというから、言語道断なのでは?
第一、その100人がどこの国のどんなヒトなのかもわからないに、ホテル側が、どう対処し、どう遇すればいいのかわからないと困惑するのも当然では?
まあ、同じく金に狂った我が国のおバカマスメディアどもと結託し、何が何でも開催するのだろうが、どうやら、世界に大恥を晒して、歴史に残る「ブラックオリンピック・パラリンピック」と名を残し、中国を狂喜乱舞させるのが、関の山。
それにしても、「東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会」の大バカどもは、オリンピック・パラリンピックに集まるアスリートをはじめ、外国のマスメディアども、IOCや公式スポンサー関係者どもなどが、本当に我が日本人のように従順に自分たちの作ったプロトコルやレギュレーションを従順に守ると本気で考えているのか?
出場アスリート1つとっても、せっかく訪日したんだから日本で有名なものを食べたい、行ってみたかったところに行きたい、そのために必死にオリンピック出場の座を勝ち取ったんだからと、勝手な行動を取ると考えるのが自然なのでは?
そんなモラルなき行動を簡単に取ることは、平然と我が国の代表としてオリンピックに出場しようとしている水泳の瀬戸物イミテーションダイヤモンドを観れば、一目瞭然なのでは?
どうあれ、五輪で、配偶者を除外し、その海外関係者約14万1000人から約5万9000人に削減したからといって、現時点で、海外から選手以外に計7万8000人の関係者の来日が見込まれているというのでは?
つまり、アスリートと合わせて、オリンピックで約25万人、パラリンピックで約13万人、合計約38万人もの来日者がいるのでは?
それだけじゃない。
ボランティアだって、日本中から(?)集まり東京を中心にステイするのでは?
しかも、当初計画では、競技会場などで運営に関わる「大会ボランティア」8万人、駅や空港で観光案内を務める自治体募集の「都市ボランティア」3万人の過去最大規模となる計約11万人の予定だったのが、延期前に確保されていたのは、延べ約8万人で、オリンピック約5万4000人、パラリンピック約2万6000人。
ただし、オリンピックとパラリンピックで重複して務める人も約1万人。
そう、ボランティアを含む国内から東京大会に参加する関係者で、オリンピックで約19万人、パラリンピックで約11万人の合計約30万人、警備や輸送などに当たるスタッフが約19万人、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会職員が約1万4000人。
つまり、50万人以上が入り交じることになるのである。
もっとも、すでに、「大会ボランティア」が約1万人、「都市ボランティア」が約5000人以上の辞退があるというのだが…。
どちらにしても、これで、「アルファ株」、「ベータ株」、「ガンマ株」、「デルタ株」に続く、世界最強の「オモテナシ株」の誕生は間違いないのでは?
事実、水際作戦1つ満足に実行できない我が国には、その東京で、今のところ最強の「インド変異株」、すなわち、「デルタ株」のクラスターが3つも発生。
なかでも、中学生のクラスターは、我が国の今後を的確に示しているのでは?
そう、12歳~20歳での感染がやたら多いということ。
実際、6月6日、「インドで最初に確認され、感染力が強く重症化しやすい、『中共ウィルス』の『インド変異株』、いわゆる『デルタ株』が約60ヵ国に拡大している」と、エディンバラ大などの研究チームとWHOの調査で判明したと発表しているのでは?
何でも、感染力は従来株の2倍以上、重症化リスクも高く、従来株の抑え込みに成功してきた国々でも猛威を振るい、さらに感染しやすく変異したとの報告例もあるというのでは?
それは、6月9日、「五輪の感染対策は甘すぎる」と明言する京都大学西浦博教授のチームも、「東京で6月20日に緊急事態宣言が解除された場合、高齢者のワクチン接種が7月末までにほぼ完了していても、もしくは、ワクチン接種率を60~90%に分けて考えてみても、若い世代などに感染が広がり、東京では流行が再拡大。8月上旬には緊急事態宣言が必要になるほど、病床使用率が70%を超え、逼迫する恐れがある。大阪の流行第4波と同様の拡大が起こる。東京オリンピック・パラリンピック開催による影響は考慮していないが、それらががあればさらに増加に向ける要素になっていくと思う。重症者は40~50代が中心と考えられ、流行の規模はこれまでよりも大きくなる恐れがある。重症者用の病床使用率が30%を下回り、解除の見通しが出てくるのは11月上旬とみられ、宣言が必要な期間は2ヵ月以上になる可能性がある」との試算を発表しているのでは?

Isn't the demon laughing that vaccination is the only safe and secure infectious disease countermeasure that could be advocated as the theme(お題目のように唱える安全・安心の感染症対策が、ワクチン接種だけだなんて、鬼が笑っているのでは)?

To be continued...






 









profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード