Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Nowadays, how many strange athletes in the world are trying to participate in the “Tokyo Olympic and Paralympic Games” just to win the stoic competition(今どき、ストイックに競技に勝利するためだけに「東京オリンピック・パラリンピック大会」に出場しようという奇特なアスリートが世界にどれだけいるのか)?

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

東仙坊、我が国に「できちゃった婚」がメチャクチャ増加している原因は、「子どもができたのだから、仕方がない」とか、「子どもを始末するのは可哀想だから」とか、「子どもぐらい、何とか育てられる」などと、肝心のそんなカタチで産み落とされる子どもの気持ちを無視し、自分たちがイイ人でありたいと安易に考えるせいだと確信している。
そう、子どもにとっては、ただの飛んだ迷惑。
まさしく、今回の東京オリンピック・パラリンピック大会開催で、全く同じことが起きようとしている。
そして、そんな子どもがイジけてモラルなき無差別テロリストにでもなって、ひたすら真っ青になる何も考えない優柔不断極まりない親のように、我が日本がなることだけは間違いない。
そう、「インド変異株」よりも凄まじい「東京五輪変異株」が大爆発して…。
というのも、おやさしい日本人は、すでにかなりのヒトたちが、「開催しなかったら、一生懸命努力してきたアスリートが可哀想」とこの戦時下なのに言出しているのだから。
それでも、ケラケラ高笑いするのは、金の亡者のIOCの傲岸不遜な面々、その情けない手下でしかないJOCや東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会などの我が国の「オリンピック・ムラ」の恥知らずの面々…。
それにしても、この大バカども、猛威を振るい始めている「スパイクタンパク質の452番目のアミノ酸が、『L(ロイシン)』から『R(アルギニン)』に変異した「インド変異株」、いわゆる「デルタ株」を一体どう捉えているのか?
感染力の強さが、「UK変異株」、いわゆる「アルファ株」の1.5倍、従来株の1.8倍と言われているのでは?
それだけじゃない。
ワクチン効果を弱めたり、日本人の60%が持つ白血球の型「HLA(ヒト白血球抗原)-A24が生成する免疫細胞から逃れたりするとも言われているのでは?
しかも、インドからだけでなく、UKやUSAをはじめ、マレーシア、ベトナム、タイ、シンガポールからもすでに入り込んでいるというのでは?
事実、6月7日時点で、おバカ厚生労働省でさえ、確認された感染者は12都府県87人。
6月7日までの1週間の新規感染者は34人で、前々週21人、前週24人と増加ペースが加速していると言っているのでは?
どちらにしても、「中共ウィルス」用ワクチンの壮大な世界的人体実験に晒されたアスリートたちが、「心筋炎」や将来的な副作用に苦しむことは、火を見るよりも明らかなのでは?
東仙坊、これ以上、東京オリンピック・パラリンピック大会への不満を口にしていると、完全に今回の核心テーマから逸脱してしまいそうなので、後4点だけ触れて、本題に戻りたい。
1つは、我々日本人が大好きな五輪野球で、すでにあのクワッド仲間のオーストラリアが、ワクチン譲渡でイイ関係を構築したばかりの台湾、なぜか東京五輪を支援すると豪語していた中国が、五輪不参加を表明したということ。
もちろん、「チームの感染対策を維持することが難しい、東京の感染状況が心配」と明言して…。
2つ目は、6月9日、日本サッカー協会が発表したこと。
6月9日、日本で集中開催されているワールドカップ・カタール大会アジア二次予選F組で、ミャンマー代表用具係の29歳男性スタッフが、大阪市内のチーム宿舎の部屋で死んでいるのが発見されたということ。
何でも、死因は不明だが、事件性はないとか。
そして、このスタッフ、これまでの「中共ウィルス」検査は全て陰性だったとも。
また、6月9日、タジキスタン代表のスタッフ1人が、「中共ウィルス」検査で陽性反応が確認されたということ。
何でも、他の選手らは全員陰性だったが、チーム練習は中止になったとか。
そして、タジキスタンはF組2位で、6月15日、ミャンマーとの最終戦を控えるいるとか。
そして、このFIFAランキング28位のタジキスタン、6月7日、我が日本代表と大阪・パナソニックスタジアム吹田で対戦し、日本が4-1で勝利していたというが、本当に感染拡大の心配はないのか?
しかも、これらの選手たちに、一体どんな感染対策を実施していたのか?
5月26日~5月28日、薩摩川内市内の総合体育館で開催された鹿児島県高校総体男子バドミントン競技大会で、9つの高校の選手9人、引率・顧問の3人、親族1人の計13人のクラスターが発生し、約800人が3日間の自宅待機になっていたばかりなのでは?
また、6月11日、ラグビー関東大学リーグ戦1部に所属する流通経済大学で、部員75人が感染する大クラスターが発生しているというのでは?
それも、6月10日、学生6人がPCR検査を受けた結果、陽性であることが判明したために、濃厚接触者としてみなされた全部員・スタッフにPCR検査を実施し確認されたというのでは?
さらに、まもなく開催予定の4年に1度の「UEFA Euro 2020」でも、この1週間で各国代表サッカー選手の離脱が続々。
◇ポルトガル
昨年にもクリスティアノ・ロナルドが陽性反応を示したばかりなのに、ジョアン・カンセロが陽性でサヨナラ。
◇スペイン
キャプテンのセルヒオ・ブスケツに続き、ディエゴ・ジョレンテが陽性でサヨナラ。
◇スウェーデン
デヤン・クルゼフスキともう1人が陽性でサヨナラ。
◇ロシア
アンドレイ・モストヴォイが陽性でサヨナラ。
どうだろう?
チームスポーツの感染対策は、かなり難しいのでは?

Why isn't the Japanese mass media reporting the fact that there are "Chinese Communist virus" positives in foreign soccer teams visiting Japan in the World Cup qualifying(ワールドカップ予選で来日している外国のサッカー選手団に「中共ウィルス」陽性者が出ている事実をなぜ大々的に我が国のマスメディアは報道しないのか)?

To be continued...




















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード