Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Never trust assholes who sell “safety and security” at a bargain so that you couldn't trust people who simply say “I love you”(簡単に「愛している」と言う人を信頼できないように、「安心・安全」を安売りするヒトたちを絶対に信用してはいけない)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

かつて自他ともに認めるオリンピック・フリークだった、東仙坊、それが、今、オリンピック、IOC、JOC、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会のことを考えるだけで、見る見る不快になるので、正直、これ以上書き込みたくない。
それなのに、このクソッタレどもが、「Tokyo 2020 Playbooks」とか、「バブル方式」とか、「安心・安全な感染対策(???)」と口にするのを聞くと、すぐブチ切れそうになって、かなりヤバい。
日本人じゃない国のジコチュウ丸出しのヒトびとの誰が、健気に「Tokyo 2020 Playbooks」に従うか? 「バブル方式」そんなもの最初からバブルだろうが…、「安心・安全な感染症対策」があるならなぜここまで感染拡大を阻止できないのか? いい加減にしろ!!!と一言。
それにしても、経営難が著しく放送権料を少しでも取り戻したいと「オリンピック・ムラ」の広報屋に成り下がった我が国のおバカメインストリームメディアどもの不作為、その矛盾とデタラメさを一切糾弾しない情けなくてみっともない姿勢には、反吐が出そう。
そんなとき、「オリンピック・ムラ」どもの無能さを如実に証明する話が飛び込んできて、ただただ冷笑…。
6月19日、オーストラリアの女子ソフトボールチームに続く第二弾として、大阪府泉佐野市での事前合宿のために、東京オリンピックに参加するウガンダ選手団9人が随行の泉佐野市職員1人とともに成田空港に到着したとか。
何で、6月16日に約20人でドバイ経由で事前通告してきた関西空港に到着しなかったというと、ウガンダが、「中共ウィルス」感染拡大のために厳しいロックダウンを敷いたために予定のドバイ経由の航空機が出発せず。
そのせいで、彼らはやむをえずいろいろ航空機を乗り継ぎ、最終的にカタールのドーハ空港から、フライト時間約10時間の成田空港行きのエコノミーに一般乗客80人と一緒に乗るしかなったのだとか。
ここからは、その根本的問題を時系列で詳述してみたい。
①ウガンダ選手団9人は、全員、数日前の(?)「PCR検査陰性証明書」を所持したうえ、2週間前までに(?)「アストラゼネカ」製ワクチンを2回接種したとのことだった。
ちなみに、ウガンダ選手団は、ボクシング、重量挙げ、水泳の選手とコーチだとか。
②成田空港の抗原検査による検疫検査で、コーチ1人の判定が不明瞭だったためにPCR検査を実施し感染が確認され、指定の陽性者宿泊施設に隔離。
それなのに、6月19日、残りの抗原検査で陰性だった8人と随行の泉佐野市職員1人は、PCR検査を受けないまま、泉佐野市がチャーターした貸し切りバスで、泉佐野市内の事前合宿ホテルに直行。
6月20日から、プロトコルどおりに毎日PCR検査を実質しつつ、この日は8人とも陰性だったために合宿を開始。
ちなみに、一行は、7月19日までその事前合宿ホテルに滞在予定とか。
③6月22日に採取した検体によるPCR検査の結果、6月23日、20代の1人の無症状感染が判明し、滞在先のホテルから泉佐野市が指定する療養施設へ搬送。
ところが、ここで信じ難い不手際が発覚する。
な、な、なんとウガンダ選手団8人と随行の泉佐野市職員1人、それから、彼らと直接接触した人々を「濃厚接触者」と認定していなかったというのである。
なぜ、そんなバカなことが起きたのか?
各国選手団が事前合宿で来日した際の空港検疫で陽性者が出た場合、その陽性者に濃厚接触者がいるかどうかは、政府による空港検疫ではなく、受け入れた自治体の保健所が確認することになっているからだというのである。
呆れた話だと思わないか?
そんなことは、「Tokyo 2020 Playbooks」を作成した東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会がやるのが当然なのでは?
ともあれ、そのせいで、泉佐野市が、「ウガンダ選手団の8人と随行の泉佐野市職員の1人が濃厚接触者」と報道発表したのが、6月22日午後3時。
そして、彼らが滞在しているホテルに、泉佐野市が、「ウガンダ選手団8人を濃厚接触者と特定した」と連絡したのが、報道発表から1時間以上が経った午後4時半すぎ。
そのために、ホテルでは対応が間に合わず、6月22日の夕食も、宴会場で選手団8人が一緒に食事したというのだから、何をかいわんや。
それから、急遽ホテル独自の判断で、6月23日朝からは、従業員が部屋の前まで食事を運び、それぞれが滞在している部屋で個別に食事を取ってもらう対応をしたというのだが…。
どうだろう?
責任を自治体に丸投げしている東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会のテイタラクは、万死に値するのでは?
泉佐野市は、「ウガンダ選手団は誰一人として外出していない。彼らと住民が直接交流する行事をしないことも決めてある。今のところ陰性のウガンダ選手団には、7月3日までホテルで待機し練習を自粛してもらう。随行の泉佐野市職員1人も濃厚接触者にしたし、選手団の送迎などを担当した泉佐野市職員4人を自宅待機とした」と言っているが、貸し切りバスのドライバーは? 事前合宿先のホテル従業員たちは? 本当に大丈夫なのか?と思うのは、東仙坊だけではあるまい。
ちなみに、大阪府の吉村洋文知事は、「成田で1人の感染がわかった時点で、他の9人も濃厚接触していると考えるのが普通だ。水際でもっと感染拡大を阻止するべきだ」と東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会などで対応のルールの厳格化を要求しているが…。

Is the marvelous coronavirus mutant strain that is born when more than 150,000 selfish foreigners like it in Japan, where even border measures couldn't be taken satisfactorily, called “Olympia strain”(満足に水際対策さえ取れない我が国に、自分勝手な外国人が15万人以上一気に入ってきて生まれる驚異のコロナウィルス変異株は、「オリュンピア株」と呼ばれるのか)?

To be continued...

















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード