Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Don't you think that if you really waneda make the Tokyo Olympic and Paralympic Games a success, you should have carefully selected talented people as members of the organizing committee from the beginning(本当に東京オリンピック・パラリンピック大会を成功させようとするなら、最初からその組織委員会のメンバーに有能な人々を厳選すべきだったと思わないか)?

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

東仙坊、ずっと糾弾してきているが、誰がどういう権限からどういう目的で東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会のメンバーを構成したのか、我が国のおバカメインストリームメディアどもが一切追及しないから、いまだに謎のまま。
その致命的な最初からの欠陥が、見事に露呈したのが、空港の検疫で陽性が確認されたオリンピック・パラリンピックの選手や関係者への対応の無策。
「バブル方式」や「安心・安全な感染症対策」を謳っているのだから、事前にいろいろ考えておくのが当然なのに、何も考えていない本当にいい加減なヤツら…。
まあ、もともと、IOCから回ってくるはずの金とスポンサーの金をどうやって自分たちの懐に入れるしか考えていないのだから、何のアイデアもハウツーもないのも、これまた当然。
そう、ただ働かずに金だけ欲しがる「オリンピック・ムラ」の金食い虫集団。
あのブラック死霊やその小姓(?)のような五輪子が会長で、ノーパンしゃぶしゃぶの大蔵事務次官が仕切るのだから、そんな程度であることは歴然。
それにしても、空港検疫で陽性と判定された選手や関係者をどう扱うかぐらい考えてないで、一体何お仕事をしているのか?
まさか、自分たちも「五輪貴族」と思い込んでいて、「大名行列(?)」で来日するクソの役にも立たない約3000人の「外国人五輪貴族」とのパーティーのプランばかりを考えているのではあるまいな?
それだって、やっと約1200人に減らしたというが、ソヤツらのために一体いくら浪費するつもりなのか?
そもそも、東仙坊、思わず爆笑させられたが、各競技場に、「VIP」ルームだけでなく、「VVIP(???)ルーム」を用意するなんて、本当に卑屈なヤツら。
それで、その東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会のデタラメぶりを象徴する話が、もう1つ。
海外マスメディア関係者の宿泊先の1つとなることを要請されている東京・日本橋のホテルがあるとか。
そのホテルでは、当然ながら「14日間隔離」を終えた海外マスメディアの人々を受け入れるのだとばかり考えていたとか。
すると、最近になって説明に訪れた東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会担当者から、「3日間は、基本的にホテルの部屋で待機し、4日目以降もホテルと競技会場など認められた場所の往復のみで、14日間が過ぎると自由に行動できるようになる。4日目以降はホテルの従業員などが部屋の清掃に入ってほしい」と頼まれ、唖然とさせられたとも。
それはそうである。
ホテル側は、「入国後14日間の隔離は別の場所で行われると考えていたから、来日直後から『0日隔離入国』の外国人マスメディアの宿泊を直接受け入れるとは思っていなかった」とか。
ということは、その海外マスメディア関係者が万一感染していた場合、ホテル従業員も他の宿泊客も感染リスクに晒されることになるのでは?
冗談じゃないよ、勘弁してよとホテル側が言いたくなるのも、当然で??
まだある。
東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会が、世界に向けてメールなどで発送した「本邦活動計画書(Activity Plan)」なるものがあるとか。
何でも、東京オリンピック・パラリンピックに来日する外国の選手、大会関係者、マスメディア関係者が、来日4週間前までに(?)必要事項を記入したうえで提出しなければならないものとか。
その中の「隔離期間」には、「正当な理由がない限り、14日間隔離が原則」だとしつつも、実際には、「14日間隔離」、「3日間隔離」、「到着翌日から活動する」の3つの選択肢があり、正当な理由(???)があれば隔離期間ナシの「0日隔離」もOKとわざわざ記載されているというから、バカバカしい限り。
さらに、添付した「本邦活動計画の作成方法」というマニュアルの「留意点」という項目に、「隔離のパターン『到着翌日から活動する』を選択した場合、なぜ3日間の隔離を行えないのか、明確に理由を記入する必要がある」と記載しながら、「例として下記を参照してください」と2つ用意された例文の1つに、「到着後すぐに競技運営に携わる予定となっている。入国後すぐに活動を始める必要があり、不在の場合、運営に重大な支障をきたす」とこう書けば「『0日隔離』OK」と回答例を明示してあるというから、超ご親切。
そのために、その例文をコピペして送付してくる海外マスメディアだらけというから、マンガ。
しかも、「こんな例文のコピペで『0日隔離』入国を認めてしまうのか?」との質問を受けた、箸にも棒にもかからない丸川珠代五輪担当相、「さすがにこれをそのままコピペするような、この例示のような具体性のないものはまったく認めておりません。もしこのままきたら、当然はじきます。実際にはこういうものが、コピペされたものが出回っているという実態はありません」と回答。
すると、すぐさま、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会職員が、怒りの内部告発。
UKの「ロイター通信」と中国の「新華社」が、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会に提出した「本邦活動計画書」のコピーを野党議員に送付。
それによると、その2社とも、「到着当日から活動する」ことを選択し、その理由を記入する欄に、誤記された例文と一字一句変わらない「コピペ回答」が記入されているというから、もう笑うだけ。
そもそも、仮にも報道機関かもしれない海外マスメディアに対し、隔離を逃れる理由として、「到着後すぐに競技運営に携わる予定」とか、「不在の場合、運営に重大な支障をきたす」と挙げた時点で、頭が腐っていることがもろバレ。
本当に絶句させられるだけの無能組織…。

We need to be skeptical of everything that the JOC and the Tokyo Organizing Committee for the Olympic and Paralympic Games, which are only enslaved to the proud and unscrupulous IOC(我々は、高慢で不埒なIOCに隷属するだけのJOCや東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の言うことやることをすべて懐疑的に見る必要がある)!

To be continued...













profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード