Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

I am convinced that Yasuhiro Yamashita, who doesn't take any responsibility as the president of the JOC and the president of the All Japan Judo Federation, and who sells his soul and is afraid of his privileges as an IOC member, should be replaced immediately(JOC会長として全柔道連盟会長として何の責任も取らず、魂を売ってIOC委員としての特権にアグラをかいているだけの山下泰裕を早急に更迭すべき)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

東仙坊、来日を前にした外国人選手たちの間に、「副反応で、大会直前の調整に影響が出るからイヤだ」と一部ワクチン接種を拒む動きが出ているという話に、思わず苦笑させられている。
きちんと東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会に通告してきている国では、UK選手団で約100人、ベルギー選手団で10人くらいの拒否者がいるとか。
おそらくそんな選手はドンドン増えてくるに違いない。
なぜなら、聡明なアスリートなら、そう懸念するのが自然だからに他ならない。
そして、それぞれの国のNOCが説得すればするほど、拒否する選手が増えるはず。
それこそが、「インデビュジャりズム」に徹底している外国人というもの…。
本当に我が国の井の中の蛙的政治屋どもやスポーツバカどもは、外国人の本質を理解していないご様子。
それはそうだと思わない??
せっかく夢の国日本にきて、誰が選手村での軟禁状態にガマンするの?
ところで、ワクチンに関し、もう笑うっきゃない話と興味深い話が、それぞれに出てきた。
1つは、感染大爆発で世界を震撼させている「デルタ株」のメッカのインドでで、偽ワクチンを接種して、次々と逮捕される医師どもが出現しているというから、唖然。
それも生理食塩水だなんて、こうなると、笑うっきゃないのでは?
もう1つは、6月25日、インドネシア医師会「中共ウィルス」対策責任者モハンマド・アディブ・クマイディが、発表したこと。
感染急拡大している人口2億7000万人のインドネシアで、感染して死亡した医師401人のうち少なくとも14人が規定回数のワクチン接種を受けていたとか。
これで、感染で死亡した医療従事者が累計で1000人近くになったというから、ビックリ仰天。
また、6月21日、累計200万人超になったインドネシアで、6月、中ジャワ州だけで、ワクチン接種を受けた300人以上の医療従事者の感染が確認され、そのうち十数人が入院しているというから、何をかいわんや。
しかも、ワクチン接種を受けた医療従事者が重症化するケースが相次いでいるというから、開いた口が塞がらない。
それで気になってくるのが、インドネシアで使用されているワクチンが、中国の「シノバック」製ということ。
事実、中国製を接種しているバーレーンやチリやUAEやセーシェルなど4ヵ国で、今、感染が急拡大しているとか。
すると、チリ大学の研究グループが、「『シノバック』製ワクチンを接種した有効率は、1回目で3%、2回目で56.5%」と発表。
そのために、イタリアのマリオ・ドラギ首相が、「中国製ワクチンの効果が不十分」と言及。
6月22日、「チャイナゲート」の権化「ニューヨーク・タイムズ」までが、「中国のワクチンに頼った国は今、感染拡大と戦っている」、「主に中国製ワクチンが使用されているバーレーンやチリなど4ヵ国では、人口の50%~68%が接種を完了したにもかかわらず、世界で最も感染状況が悪化している10ヵ国に含まれる。『ファイザー』製と『モデルナ』製のワクチンは90%以上の有効性が確認されているのに対し、中国『シノファーム』製は78%、『シノバック』製は51%の有効性にとどまる」と報道。
どうだろう?
パクリ国家中国の化けの皮が剥がれてきているのでは?
イケナイ、イケナイ、IOCの話に戻そう。
◆ディック・パウンドIOC最古参委員
◇「安全を考えると、観客を入れるべきでない。保守的可能性だが。ただ、率直に言って、世界の99.5%はテレビや電子プラットフォームで楽しむのだから。会場に観客がいるかどうかは重要ではない。なぜなら、すべてのカメラはアスリートとパフォーマンスに焦点を当てており、観客には焦点を当てていないから。つまり、雰囲気を味わうために生の観客がいるのはイイことだが、必須ではない
◇「アスリートの健康面についても、個人的には心配していない。というのも、公的機関や公衆衛生当局がこれらの動向をフォローしてくれると信じている。また、日本にくる人は、母国を出る前に何度も検査を受けていることを忘れてはいけない。成田空港などに到着した際にも検査を受けることになる。健康であれば、バスに乗って『バブル』の中にある選手村に移動する。このような運営上の詳細については、主催者や日本政府、保健当局が非常に慎重に検討していると思う。彼らが心配していないのであれば、私も心配していない」
◇「日本の首相が中止を決めた場合はどうするのか?って、 私が知っている限りでは、日本政府は非常に協力的だ。五輪の開催は、日本の当局、日本の公衆衛生当局、そして、オリンピック・ムーブメントが共有している決定だ。仮に菅義偉首相が『中止』を求めたとしても、それはあくまで個人的な意見に過ぎない(??)。大会は開催される(???)
「8年前に開催都市が決まった巨大イベントを直前で中止すれば、経済的損失だけでなく、開催国に多額の損害賠償など多方面に『負の遺産』の連鎖が生じるリスクがある。もちろん人々の命が最優先だが、五輪運動の継続を考えても後戻りできないのが現実だ」
◆アンドルー・パーソンズIPC会長
◇「五輪とパラリンピックは共同歩調を取る。最悪のシナリオである中止や代替大会の選択肢は考えていない(?)
◇「仮に無観客でも共生社会を目指す大会の意義は変わらない」
◇「パラリンピックの重度障害者は五輪とは異なる厳格なコロナ対策も必要とされるが、ニューノーマルの時代で開く大会が日本だけでなく、世界を変革する力になると信じる」

Unless the world becomes one and embarks on IOC reforms to normalize the completely commercialized “Olympic Games”, the “Olympic Games” would undoubtedly disappear from the history of humankind in the future(世界が一つになって、すっかり商業化してしまった「五輪」を正常化するためにIOC改革に乗り出さないと、間違いなく将来の人類の歴史から「五輪」は消滅する)!

To be continued...


profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード