Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

It might be the same all over the world, but there is a section in which Japanese politicians, who are particularly dazzled by money, are seriously convinced that the vaccine would be the fundamental countermeasure for this “Chinese Communist virus”. In that sense, it might be more stupid(世界中同じかもしれないが、特に金に目が眩んでいる我が国の政治屋どもは、ワクチンが今回の「中共ウィルス」の根幹的な対策になるとどこか本気で思い込んでいる節がある。その意味で、より大バカなのかも)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

東仙坊、安全保証についてはもちろん、経済安全保証にも、赤ん坊状態かのようなおバカ我が政府や官僚どものリアリティの欠如に、憤怒の念に駆られている。
とりわけ、この一向に鎮静化する気配さえない「中共ウィルス」の大パンデミックに、まるで人類が初めて作ったmRNAワクチンが最後の切り札かのように国民に伝えていることに、完全に憂国の士にさせられてしまっている。
それにしても、まるで明確な効果を示すエビデンスもないワクチン1つで、この正体不明の聡明なコロナウィルスとの全面戦争が終結されるかのようにのたまうおバカ我が政府、おバカ御用感染症学者ども、我が国のおバカメインストリームメディアどもの大ウソプロパガンダに、心底辟易させられないか?
もちろん、それに簡単に踊らされてしまう我が国のおバカ国民も、問題だが…。
それで、その国民にお尋ねしたいことが、いくつか?
ついこの間まで、子宮頸ガン予防のためにHPV対応ワクチンが我が国で大問題になっていたことをもう忘れてしまったのか?
毎年、やたら接種されているインフルエンザワクチンが効果があったことがあったのか?
ワクチンなんて、最初からそんな程度のモノなのではないのか?
特に、今回のお湯をかけて3分でできたみたいな「インスタント・ワクチン」のどこが信頼できるの?
感染阻止効果が90%以上もあるのだから、10人のうち9人が感染しないのだから、打つべきだって?
そのウソについては、さすがのおバカ御用感染症学者どもも後ろめたいのか、いつのまにか「重症化を防ぐ効果がある」と変えているのでは?
そう、感染予防効果などハナからないことは、もろバレ。
そもそも、一番の問題なっている「サイトカインストーム」なぜ発症してしまうのか?と言えば、ワケのわからないワクチンを打ったり、効きそうな薬品を投与するからなのでは?
えっ、ワクチンを打って抗体ができれば、「アフター・コロナ」や「ポスト・コロナ」の普通の暮らしができるって?
本当に「中共ウィルス」に対する抗体ができてそれがやがて免疫になるって、どう証明されているの?
それどころか、ワクチンが生成した抗体によって免疫細胞にまで感染したうえ、その免疫細胞がコントロールできなくなって症状を悪化させる「ADE」を発症する可能性だってあるのでは?
第一、mRNAワクチンが体内で作り出すコロナウィルスの一部とコロナウィルスそのものとは、同じではないのでは?
しかも、人間の血管内へ直接筋肉注射で入れ込む遺伝子情報が、人間のDNAのどの構造部分に伝わるかははっきりしていないのでは?
そのうえ、mRNAを包む脂質ナノ粒子部分に、メチャクチャリスキーな化学物質「PEG(ポリエチレングレコール)」使用されているのでは?
ついでに、「アストラゼネカ」製では、なんとチンパンジーのアデノウィルスが使われていて、「ジョンソン&ジョンソン」製では、堕胎児の網膜細胞が使われているとも?
もっとついでに、通常、ワクチンには、水銀、アルミニウム、グルタミン酸ナトリウム、ホルムアルデヒド、ポリソルベート80、ツィーン20、サルやイヌの腎臓、ニワトリやウシや人間の胎児細胞やDNA、ウシやブタで作ったゼラチンなどが使用されているとか。
どうだろう?
カラダの弱った、何らかの基礎疾患を抱える高齢者たちに、どんどん接種させるようなモノではないのでは?
事実、1月27日、スペインのラガルテラ市の老人ホームで、「ファイザー」製ワクチンの1回目の接種を78人に実施したところ、6日後に全員が感染し、7人が死亡し、4人が入院したというのでは?
同じく1月、ノルウェーの老人ホームでも、「ファイザー」製ワクチンを接種した29人が死亡したというのでは?
また、USAでは、2月7日時点で、「ファイザー」製と「モデルナ」製ワクチンの両方で、1170人が死亡したと、CDCが発表しているのでは?
UKでも、1月24日までに、「ファイザー」製と「アストロゼネカ」製ワクチンを接種して、まもなく143人が死亡したというのでは?
そして、その現実は、もちろん、すっかり「偽ワクチン神話」に翻弄されてしまった我が国も、全く同じ。

It's just a matter of how you live, whether you survive while immersing yourself in infectious disease control, or you make a bet that you might die if you get the vaccine(自分で一心不乱に感染症対策に没頭しながら生き抜くか、ワクチンを打てばラクになるからと死んでしまうかもしれない賭けに出るかは、単なる生き方の問題)!

To be continued...






profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード