Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

It's like confessing that you are not qualified as a journalist if journalism interprets the business purpose and the content of the report separately. From that point of view, it could be said that there is no mainstream media qualified as a journalist in Japan(ジャーナリズムが営業的目的と報道内容は別と勝手に解釈してしまったら、ジャーナリストの資格はないと自ら告白したようなもの。その観点からすると、我が国にはジャーナリストの資格のあるメインストリームメディアは皆無)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

あれほど国民は大会の中止や延期を求めているとか連日のように政治化した報道を続けていたくせに、結局はやはりそうだったのか、金のために何が何でもやるIOCやJOCや東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会やおバカ政府同様、金のために大会を開催したかっただけなのかと告白するように、メダル、メダル、メダルと連呼し続ける我が国のおバカメインストリームメディアども。
それに激怒して、東仙坊、世界は今、オリンピックとかパラリンピックとかやっている場合ではないのでは?と、不気味な「陥没穴」と「巨大雹」を通じ、世界の異常な自然災害の実態をリポートしてきた。
そうしたら、金満組織ITFの圧力に負けて、な、な、なんと試合時間まで変更したIOCの話が出てきて、やはり、コマーシャリズムの権化と化した五輪などに興味など全くないが、急にもう一度、2020東京オリンピック・パラリンピック大会に触れてみたくなった。
それは、前回書き込んだばかりのあの傲岸不遜なIOCが、ITFの要求に応じてテニスの試合の開始時間を遅らせたこと。
そこで、東仙坊、最近、やっと効果的にできるようになったばかりのwebチェックを開始。
7月28日、東京オリンピック男子シングルス3回戦の試合中、ROC(ロシア五輪委員会)の世界ランク2位のダニル・メドベージェフが、苦しそうな様子を見せる。
すると、主審が、彼に「試合続行は可能か?」と尋ねたとか。
それに対し、彼は、「私はファイター。試合は最後までやるが、死ぬ可能性がある。もし死んだらITFは責任を取るのか?」と逆に質問を投げかけたとか。
ちなみに、試合は、そのダニル・メドベージェフが勝利したというのだが…。
それだけじゃない。
同日行われた女子シングルス準々決勝、スペインのパウル・バドサvsチェコのマルケタ・ボンドロウソワ戦で、パウル・バドサが第1セットを3-6で落とした後、第2セット開始前に、メディカルタイムアウトを要求したとか。
そして、長時間の処置を受けたものの、熱中症のために試合続行が不可能と途中棄権を強いられ、車イスでコートを後にすることになったとか。
それらのために、ITFが、その後、選手や審判や医療の専門家などと幅広い協議を行った結果、「選手の健康と幸福のために」今回の試合開始時間変更を決定をしたというのである。
では、誰にも何も文句を言わせないIOCが、なぜ簡単にITFの要求に応じたのか?
それは、すでに書き込んだとおり、IOCにとって、同じ白人至上主義者どもの集う金満集団のITFは、大切な米櫃。
IOCが怒らすワケにゆかないのは、自明の理。
実は、それで、海外のマスメディアから、我が日本のある言質に対し、批判の声が集中しているというのである。
それは、2013年、2020東京オリンピック・パラリンピック大会招致委員会が、IOCに提出した立候補ファイルに、「五輪が開催される東京の夏は温暖で、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候です」と明確に説明していたというのである。
もちろん、このあからさまな大ウソをついた2020東京オリンピック・パラリンピック大会招致委員会に対してだけでなく、そんなことは事前に十分理解できるはずなのに、それに目を瞑って東京を受け入れたIOCにも批判の矛先は向いているというのだが…。
そう、我が日本は、なぜか気持ち悪いほど気を遣う外国人アスリートたちから、なぜかその評判を異常に気にする外国から、ウソつき呼ばわりされているのである。
どうだろう?
中韓が、隣のキチガイの国が、ほくそ笑んでいる顔が見えてこないか?
実際、7月20日、「ガーディアン」は、「2019年にマラソンの開催場所が東京から札幌に変更された理由として、『7~8月の東京の気候が穏やかでアスリートにとって理想的だ』とする東京側の主張への疑念があったからだったのでは? だから、前回の1964年東京五輪では、暑さを避けて10月開催だったはず」と指摘。
7月25日、「ウォールストリート・ジャーナル」は、「東京の、ときに過酷な夏の気候は、大会招致が決まった2013年当時から心配されていた。『今まで経験した中で最悪の暑さ』とか、『この湿度は残忍だ』などと五輪参加アスリートたちも言っている。東京大会の主催者は、この暑さの問題を小さく扱おうとしてきた」と報道。
どうだろう?
インバウンド幻想と五輪ボロ儲け祭りの時代錯誤の錯覚に取り憑かれ、米中のように簡単にウソをつくと国益に則しない結果になるのも、当然なのでは?
今の卑屈極まりない我が国の状況下で、何が我が国の屈しない国力を世界に示すだなんて、鬼も尾身(?)も笑ってくれないのでは?

It must be an undeniable fact that Japan lied to invite the 2020 Tokyo Olympic and Paralympic Games to make money. In that sense, we should at least apologize to the foreign athletes who participated in this Tokyo Olympic and Paralympic Games(我が日本が、金儲けのために2020東京オリンピック・パラリンピック大会を招致するために大ウソをついたことは紛れのない事実。その意味で、少なくとも今回の東京オリンピック・パラリンピック大会に参加してくれた外国人アスリートたちには、謝罪すべき)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード