Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

It could be said that the reason why the real courage has disappeared from the Japanese people must be due to the misleading illusion that “courage is just something given by people” of our stupid mainstream media(我が国の国民から本物の勇気がなくなってしまったのは、我が国のおバカメインストリームメディアどもの「勇気は人から与えられるモノ」と錯覚させるミスリードのせい)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

東仙坊、決して意地になっているワケではないが、2020東京オリンピック・パラリンピック大会を全く観ていない。
いくら自他ともに認めるオリンピック・フリークでも、さすがに今回の東京オリンピック・パラリンピック大会だけは全く観戦する気にさえならない。
もちろん、それには、ほぼ毎日の大谷翔平の追っかけで心身ともにクタクタという理由もある。
さらに言えば、オリンピックという言葉を聞くだけで、三白眼の本物の教養のない首相、ブラック死霊、ブラック死霊のお女中、よく政治屋になったなと思わざるをえない日本語も満足に使いこなせないッ女性大臣の情けなくてみっともない顔が脳裏に浮かんできて、ただただ不快だからでもある。
それにしても、平和ボケこのうえない我が国民を愚弄するかのように、我が国のおバカメインストリームメディアどもは、どの局も朝から晩まで、メダル、メダル、メダルのオンパレード。
それも、どこから拾ってきたかわからないようなシャレでも頭脳明晰には見えない「オリンピック・ムラ」の元アスリートどもをゲストにし、大袈裟にその適当でいい加減な所感を語らせる稚拙さ、そして、相変わらずスポーツ文化後進国丸出しの、勝てば官軍、メダリストはエラいの時代遅れの低級さで…。
そこで、東仙坊、誰も訊かないからどうしても訊かざるを得ないことが、1つ。
アスリートとは、どこまでも個人的で、その個人の精進や鍛錬の賜ではないのか?
例え、家族が、親族が、コミュニティーがいろいろ支援していたとしても、評価されるのは、そのアスリート個人だけなのでは?
それなのに、すぐ家族を引っ張り出すことは、何の意図や作為やメリットがあるのか?
それこそ、プライバシーの侵害にだってなりかねないのでは?
どちらにしても、我が国のおバカメインストリームメディアどもが、「自助」の精神を喪失し、人に甘えることが当たり前にしか考えない恥知らずの国民が増えたからといって、アスリートを人に「勇気を与えてくれる存在」と位置づけたことは、万死に値する煽動なのでは?
おかげで、我が国には、「勇気」なるものは自分の意志で自ら身につけるモノでしかないはずなのに、人から与えられるモノと思い込んだノーテンキなピンボケ人間がワンサカ。
その当然の結果、今や、我が国は、かつてどこかで書き込んだが、三島由紀夫が言ったとおりの心の芯が蕩けた退廃国家。
私はこれからの日本に大して希望をつなぐことはできない。このまま行ったら『日本』はなくなってしまうのではないかという感を日ましに深くする。日本はなくなって、その代わりに、無機的な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、ある経済的大国が極東の一角に残るのであろう。それでもいいと思っている人たちと、私は口をきく気にもなれなくなっているのである
どうだろう?
もしかしたら、三島由起夫が想像したよりもヒドい国になっているのでは?
どうあれ、もはや現在の日本は、日本ならではのきめ細かさや日本人ならでは奥深い思いやりとは無縁の、性悪説信奉の世界のスタンダードと同じジコチュウ国家。
そう、日本本来の独特の矜恃のある美しさや高潔さをなくした恥知らず国家。
そして、いみじくもそれを的確に証明しているのが、今の我が国の「中共ウィルス」変異株の大パンデミックなのでは?
「今どき戦争など起こす国などないよ」とばかりに、「自分だけは感染しない」とか、「自分だけは感染したって大したことにはならない」とか、「(何の根拠もナシに)自分だけは大丈夫」とばかりに、自分で自分を守ろうともせずに、好き勝手な行動をする大バカども…。
「世界中で火葬が間に合わない。墓が足りない」と言っているのに、「感染した20代・30代ヤングの7割もが『嗅覚障害』と『味覚障害』の後遺症に苦しんでいる」と言っているのに、「(自分で人混みに出かけ)思ったよりも混んでいる」と応える、軽佻浮薄で無知蒙昧な大バカども…。
東仙坊、とりわけ、路上飲みをして空き缶をポイ捨てしている大バカどもには、天罰が下れ!と一言。
ところで、これだけ我が国のおバカメインストリームメディアどもが、オリンピック、オリンピック、メダル、メダルと垂れ流し続ければ、観たくなくても、イヤでも少しは目にせざるを得ない。
特に、食事中、テレビをBGVにしているから、有無を言えない。
そこで、東仙坊、2020東京オリンピック・パラリンピック大会の目に留まった映像やwebニュースに見つけた、我が国の退廃ぶりの現状を羅列してみたい。
◆日本人女性が外国人クソオトコにレイプされたばかりの国立競技場で、よく白々しく開会式ができるな。それも、天皇陛下までご臨席させて…。
◆選手団の誘導係やそれぞれの国名のプラカードを持ったスタッフたちのセンスなきコスチュームは、一体何? 特に、帽子とせっかくの市松模様の大会ロゴマークを台ナシにした陳腐なデザインは、噴飯もの。確かに、我が日本はアジアの一員だけど、あれでは日本独自の美しさがどこにもないのでは?
何が日本文化の発信だ!!!

A lot of embarrassing scenes as a Japanese at this 2020 Tokyo Olympic and Paralympic Games that I felt I never actively watch(決して積極的に観戦しない私が感じた今回の2020東京オリンピック・パラリンピック大会における一人の日本人として恥ずかしいシーンの数々)!

To be continued...



































profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード