Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Those who lie to “protect the safety and security of the people” for money couldn't understand the real threat of “Delta stock”(金のために「国民の安心・安全を守る」とウソをつくヤツらに、「デルタ株」の本当の脅威などわかるはずもない)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

東仙坊、我が国には今やロクな政治屋がいないなと溜息しながら、無能、無能、おバカ、おバカと辛辣に糾弾してきたけど、まさかここまで無知蒙昧でオタンチン揃いだったとは、お釈迦様でも気がつかなかったのでは?と、ただただ絶句。
それはそうである。
今、世界中が、「中共ウィルス」の変異株の1つである「デルタ株」の猛威に晒されているというのに、確認されたウィルスの中で最も感染力の強い「デルタ株」が2回ワクチン接種者の間ですら「突破型(ブレイクスルー)」感染として拡大しているのに、何一つ、根本的感染症対策を取らないばかりか、重症化してからしか入院させないと言い始めるのだから、もはやキチガイ沙汰。
それで、どうしても理解できないのが、我が国にいるはずの世界一優秀なはずの感染症学者の権威たちの動向。
まさか、どこかの専制国家のごとく沈黙を強要せられているのではあるまいな。
どうあれ、USAのCDCとすら、コンタクトを取っていないということ?
だから、いまだ時代錯誤にワクチン接種しかないと言っているの?
あるいは、前回、指弾したばかりだからか、8月3日、「チャイナゲート」のお抱えでジョー・バイデンのサポーターである「CNN」がリポートしたばかりの胡散臭いNPO「KFF(カイザー・ファミリー財団)」の分析結果を鵜呑みにしているの?
何でも、コヤツらが州の公式データを分析した結果、「ワクチン接種を完了した人のうち、接種後に陽性となる『ブレークスルー』感染を経験した人は、1%以下で、あらゆるタイプの『ブレークスルー』感染は極めてまれ」ということが判明したとか。
これは、CDCが発表した最新データ、「ワクチン接種完了者が入院する割合は、0.004%以下、死亡する割合は0.001%以下。ワクチン接種を完了した1億6300万人あまりのうち、約6600人が『ブレークスルー』感染で重症化」を公然と否定するモノ。
さらに、コヤツらは指摘している、「約半数の州が『ブレークスルー』感染に関するデータを報告していて、いずれの州でもワクチン接種完了者に対する『ブレークスルー』感染の割合は1%以下。なかでも、コネティカット州では0.01%、オクラホマ州では0.9%以下。しかも、感染者の90%以上、入院患者や死者の95%以上はワクチン未接種者で、大半の州では感染者の98%以上を未接種の人が占める」と。
そう、ジョー・バイデン同様、ワクチン接種礼賛なのである。
では、CDCが公表する「感染力が40~80%高い『デルタ株』は、USAの感染の8割以上」という話はどうなるの?
まだある。
CDCは、「2021年1月1日~4月30日までの間に起きた『ブレイクスルー』感染は1万262人。同期間の感染者数は1180万人」と明確に公表しているのでは?
もっとも、なぜか5月から、その調査を止めてしまっているというのだが…。
どうだろう?
ワクチンが「中共ウィルス」対策に絶対的でないことは明白なのでは?
とりわけ、感染力の強い「デルタ株」には歯が立たない面があるのでは?
少なくとも、ワクチン接種者が、「デルタ株」のアウトブレイクの媒介者になる確率は、メチャクチャ高いのでは?
ここで、我々が真摯に聞く耳を持つべき話が、これら。
○オーストラリア・ニュージーランドのニュースサイト「theconversation.com」の「ワクチン効果は、100%ではない」という解析。
ワクチン効果「95%」の意味は、3ヵ月の調査期間に「ワクチン未接種の1万人のうち100人が感染」した場合、「同じ3ヵ月に、ワクチン接種した5人が感染する可能性がある」という意味であるということ。
○7月26日、「ニューヨーク・タイムズ」のポッドキャスト「The Daily」で、「科学およびブレイクスルー感染のリスク」を掲載したアプーバ・モンダビリ記者のコメント。
「このパンでッミックが、エンデミックにそろそろ移行するという考え方は延期しなければならなそうだ。ここ数日で何人もの公衆衛生の専門家と話したが、彼らはみな、ワクチン2回接種ズミの人でも、家にいるとき以外はマスクをするべきと考えているようだった」
○東仙坊、こんな日本人医師がUSAにいてヨカッタと思わせてくれたイエール大学免疫学者岩崎明子のコメント。
「『デルタ株』のウィルス量が多ければ、ワクチン接種者でも防御システムが圧倒される恐れがある。ワクチンを接種していれば、ウィルスを他人に感染させる可能性はかなり低くなるはずだが、『デルタ株』のように高いレベルで複製できる変異株の場合、ワクチン接種者でも大量のウィルスに触れることで、他の人にウィルスを感染させてしまう可能性がある。もちろん、それはワクチンを接種した人の体内でどれだけのウィルスが複製されるかにもよる。そうしたレベルのウィルスは、ワクチン接種者も含め全ての人にリスクをもたらす。山火事の中にいると想像してみてほしい。バリアーがあっても、もっと圧倒的に多くに晒されることになる」
○7月29日、自分たちの造った人造兵器がここまでの威力を見せていることに驚いている(?)中国・広州市の広東省疾病予防管理センター研究チームが、「ネイチャー」に掲載したプレプリント。
『デルタ株』は、潜伏期間が従来のものよりも短く、初期型ウィルスに感染した人に比べ、体内で複製するウィルス量が約1000倍で、これまでより早い時期から他の人に感染させやすいことを突き止めた
どうだろう?
これらのことをイヤというほど頭に叩き込んでおかないと、我が日本はとんでもないことになるので??

The only way to protect yourself from this infection as much as possible is to have a momentary face-to-face conversation with someone who might or might not be infected(この感染から可能な限り身を守るには、感染者かどうかわからない人と一瞬でも対面して会話しないことしかない)!

To be continued...

profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード