Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Xi Jinping doing infighting all the time by large lie continue to regard as “strong their army in the world doesn't lose fighting with any country”, there must be a risk that becomes be caught in his own trap(内部抗争に明け暮れている習近平が、「世界一強力な自分たちの軍隊はどの国と戦っても負けない」とつき続ける大ウソによって、自縄自縛になってしまう危険がある)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

実は、東仙坊、中国人が美醜にコダワリ始めたことは吉兆だと捉えている。
なぜなら、ビジュアルを意識するようになった人間は、必ずメンタルを意識するようになると確信しているからである。
そう、外見的な美を欲するようになった人間は、自然に内面的な美しさも求めるようになり、人に寛容になる。
その真実を具現化しているのが、習近平自身。
コヤツが、「歴史を反省しろ! 」とか、「歴史を正視しろ!」などと大ウソをつくときは、味気ない人民服とあのムサイ顔。
そして、「知中派や親中派の『友だちの輪』を広げなければならない」と口走るときは、センスの悪い薄紺スーツと乱れ髪。
もっとも、それは我が国のおバカ政治屋どもも同じ。
三白眼のヨレヨレタルタルスーツの腐り切った政党の総裁と幹事長、ほとんど習近平のような表情をした反対絶叫党の代表、口臭と体臭が強烈そうな今日せぬ党の代表、異様な暴虐には一切触れずふたすら中国への好感を示す非正大党の代表…。
これらの典型的な媚中派どもの共通点は、外で歩いているうちに頭に垂れる「バードシット」をヘアージェルにしているのでは?と見えること。
それと、その民主主義と自由主義に真っ向から挑戦するようなその異質な施策や歴史観を擁護するだけでなく、それもこれも過去の日本が悪かったからと論点をそらすデタラメぶり。
そう言えば、親中派の親玉だった後藤田正晴官房長官など、1986年、「中国による日本の歴史教科書介入に、これ以上の内政干渉はない(?)。国力が強くなった日本が批判を撥ねつけたら(??)、また日本にやられると思ってしまう(???)」と思い上がったトンチンカンぶりを示していたはず。、
そんなピンボケ対応だから、民主化を求めた学生を武力弾圧した1989年天安門事件後も、我が日本は率先して経済制裁を解除し、対中ODAを再開し、天皇・皇后両陛下に訪中までお願いし、中国の国際社会復帰を助け、今日の893国家に仕立て上げたのでは?
それに対し、中国は、徹底した反日教育の強化で対応しただけ。
それで、メチャクチャ興味深い話が、これ。
IOCは、8月3日、「自転車女子チームスプリントで優勝した中国の鮑珊菊と鍾天使の2人のヤングレディーが、表彰式の際、胸に『毛沢東バッジ』を着けていたことを受け、調査を進めている」と発表。
なぜなら、2人の行為が、オリンピック憲章50条、「オリンピックの用地、競技会場、またはその他の区域では、いかなる種類のデモンストレーションも、 あるいは政治的、 宗教的、 人種的プロパガンダも許可されない」という規定に抵触する可能性があるのだとか。
すると、早速、「環球時報」が、これを2人の写真とともに、「鍾天使と鮑珊菊が表彰式に出席した際に、毛主席のバッジを着けていた」とTwitter。
この投稿は1時間以内に削除されたものの、ウェイボー(新浪微博)のアカウントにも「注目! 毛首席が勝者の胸に」と6時間以上も掲載されていたために(そこで削除)、1万以上の「いいね」がついたとか。
ちなみに、「環球時報」のウェイボーのアカウントは、3000万を超すフォロワーがいるとか。
ところが、中国人netユーザーの反応が、1つじゃなくなっているというから、逆にビックリ。
「若い中国人選手が自分たちの歴史を認識したいと思うことはスバらしい」、「若い世代が先人を記憶して敬意を払いたいと思うことを祝福する。国家的戦士だ」、これらは言論統制の厳しい中国のこと、極めて当然だと思うが、「『環球時報』が投稿を削除したのは、なぜ? そうしたマスメディアは選手に影響が及ぶ可能性を恐れているのか?」、「選手たちの行為は無知だ」などというものがあったということには、驚きを覚えないか?
事実、中国共産党中央機関元幹部が「北海閑人」のペンネームで書いた「中国がひた隠す毛沢東の真実」によると、紅軍将兵の大量虐殺、土地革命、大躍進運動、文化大革命などの執政の失敗で、4千万人以上の国民の命が奪われるという歴史的大惨事が起きているとか。
そして、「唯一のレガシー」として挙げているのが、単なる人の数。
人口抑制を主張する学者を迫害し、「産めよ増やせよ」政策を推進。
その結果、毛沢東が亡くなってまもなく、人口は10億人をメデタク(?)突破。
おかげで、食糧危機を招き、経済成長も停滞。
それを表から裏から支えきったのが、我が国の内で闊歩する媚中派どもの献身的な全面支援。

Chinese just because not only how much imitated, if it is imitated until it has the historical mismanagement of killing their own people 45 million or more people of Mao Zedong to Xi Jinping, Chinese people must be too poor(いくらマネしかできない中国人だからといって、習近平に毛沢東の自国民4500万人以上を殺害する歴史的失政をしたことまでマネされたら、中国国民があまりに可哀想)!

To be continued...


profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード