Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

In order for China, a yakuza nation, to become the true hegemonic nation in the world, which has been a daydream for many years, cooperation between Japan and the United States must be absolutely necessary(893国家中国が、長年の白昼夢である正真正銘の世界一の覇権国家になるためには、どうしても日米の協力が必要なのである)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

東仙坊、李克強首相が認めているように、基本的基礎技術に劣る中国にとって、容易に卓越したハイテクノロジー国家である日米からそのハイテクノロジーを盗めなくなったことは、世界一の経済大国を目指すうえで、まさに死活問題のはずの確信している。
そうなると、自然、頼みの綱は、優柔不断で煮え切らない、媚中派だらけの日本。
それゆえ、何とかUSAから切り離そうとするが、USAの手前なかなか言うことを聞かないから、可愛くない。
そうでなくても、夷狄のくせにかつて自分たちを侵略した小国に、フーリッシュ・プライドの高い893国家が、頭を下げるワケになど冗談でもできない。
そうなってくると、残る方法は、1つ。
日本にいる媚中派どもを動かすための恫喝。
それも、同じ拝金国家USAのおかげで、日本人のトラウマになっている核攻撃の仄めかし。
それはそうである。
その国賊的媚中派どもを中心に、平和ボケ日本には、この21世紀にまさかいくら893国家中国でも核なんて使うワケはないよなと思いたがる甘ちゃんばかり。
そこで、東仙坊、ただただ面倒でも、なぜにここまでたくさん媚中派がこの日本の内にいるのかをプロファイリング。
そして、少しでもわかりやすくするために、19世紀以降に徹底フォーカス。
日清戦争と日露戦争に勝った日本で最新の学問を学び、中国の近代化に役立てようと、多くの中国人留学生が来日。
しかも、同じ漢字文化圏で、西洋の書物を次々に翻訳しているので、西洋の科学技術や学問を吸収するうえで、実にコンビニエント。
ところが、第一次世界大戦後、日本で共産主義や社会主義の研究が盛んになったうえ、中国革命の父である孫文が中国共産党と組んで「第一次国共合作」などを行ったせいで、中国人留学生の多くが中国共産党秘密党員になるようになったtか。
また、1928年、日本で、「中国共産党日本特別支部」を結成。
そして、支部を、全国の大学に設置。
そう、日本の大学と中国共産党の関係は、ダ二次世界大戦前からベタベタ。
1937年7月、盧溝橋事件、1937年8月、第二次上海事変、そして、支那事変が本格化。
すると、中国共産党は、蔣介石率いる中国国民党と連携し「抗日」を叫びつつ、日本に勝利することよりも、その混乱に乗じて中国国民党や日米両国に秘密工作を仕かけることばかりに注力。
そう、裏社会を好む黒社会国家の母体が、こうしてできあがるのである。
ちなみに、秘密工作には、機密を盗むスパイ、重要施設破壊や要人暗殺といった「サボタージュ(破壊工作)」、プロパガンダ、自らの影響力をもってして他国の国民や政策決定者の知覚を誘導する影響力工作などがあるとか。
そして、影響力工作を担当したのが、日本で学んでいた中国人留学生たち。
そう、ここにも、「孔子学院」創設に至る根幹が構築されるのである。
中国共産党は、支那事変が勃発するやいなや、その「中国共産党日本特別支部」に属していた中国人たちを次々と帰国させ、八路軍(人民解放軍)総政治部敵軍工作部の幹部に抜擢。
そして、日本の内情をよく知るソヤツらに「敵軍」である日本兵捕虜工作を担当させ、「敵」を利用する「用敵」に仕立てたとか。
そう、ヤツらは、孫子の兵法さながらに、勝つためには敵だって平気で利用するもの。
事実、支那事変を契機に、中国では、中国国民党と中国共産党が「抗日」を理由に本当に連携し、「第二次国共合作」を成立させたとか。
つまり、支那事変さえ起こらなければ、中国共産党は中国国民党によって滅亡させられていたかもしれないのである。
ともあれ、中国共産党は、巧妙かつ狡猾に日本軍との軍事衝突を避けつつ、自軍の兵力を温存し、後方攪乱と日本兵捕虜たちを利用して、日本軍の戦意を失わせるプロパガンダに終始。
そして、抗日戦争後、再び中国国民党との戦いが再開すると、日本兵捕虜たちを利用。
1946年~1949年の国共内戦において、日本兵捕虜たちは、中国共産党の大きな戦力にされたのである。
そう、今に続く日本人のワケのわからない中国への優柔不断で曖昧模糊な「おもねり」に繋がるのである。
実は、中国共産党の根っからの卑劣さは、第二次世界大戦敗戦後の日本でさらに阿漕になるのである。
な、な、なんと中国共産党は、こともあろうに日本で革命を起こすことを画策し始めたのである。

It must be arguably Japan, the most friendly nation in the world, that has given the Chinese Communist Party clever wisdom(中国共産党に巧妙な知恵をつけたのは、間違いなく世界一のお人好し国家である我々日本)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード