Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

I am convinced that the type and quality of the vaccine would create stronger coronavirus mutants(ワクチンの種類や質によって、より強靭なコロナウィルスの変異株が創出されている)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

「中共ウィルス」患者の肺組織「T細胞」を遺伝子解析すると、重症化に特徴的な「T細胞」の異常があることが判明しているとか。
何でも、ウィルスを特異的に認識することで免疫系の活性を調整・指揮する細胞である「T細胞」が、「中共ウィルス」においても、ウィルス排除ならびに免疫獲得に重要な役割を果たしているというのである。
厳密に言えば、「CD4+T細胞(ヘルパーT細胞)」が、ウィルスを攻撃する「細胞傷害性T細胞」や抗体を産生する「B細胞」の成熟・活性化を促進し、ウィルスを体内から排除する重要な働きを担っているのだとか。
けれども、その「CD4+T細胞」の一部が、高度に活性化すると転写因子「FoxP3」を発現し、いわゆる「抑制性T細胞(制御性T細胞)」となり、「T細胞」反応を抑制するブレーキ役として働くのだが、それが機能不全になると、「T細胞」に内在するブレーキが働かなくなり、「T細胞」が過剰に反応し、突然、重症化を引き起こすのだとか。
そう、これこそが、一見軽症・中等症に見えても、突然、重症肺炎を発症する原因とか。
そして、それを予知するには、血中の「CCL17」が低値になることをチェックする必要があるとか。
他の疾患では見られないことから、重症化前の「中共ウィルス」患者の特異的特徴だとも。
それだけじゃない。
⑩「中共ウィルス」のタンパク質「ORF3b」には、な、な、なんとヒトの免疫を抑える働きがあるというから、大変。
何でも、その「ORF3b」、ウィルスに感染したことを免疫細胞に伝える物質を作らせないようにしているというのである。
どういうことか?
ヒトの細胞は、通常、ウィルスに感染すると、感染したことを免疫細胞に伝える物質「インターフェロン」を作るとか。
ところが、「中共ウィルス」では、「ORF3b」を作る遺伝子配列が極端に短かく、ウィルスの感染を感知・伝搬する物質「インターフェロン」産生が、インフルエンザやSARSなどのほかの呼吸器感染症に比べて抑制されているとか。
そして、「ORF3b遺伝子」の長さが部分的に伸長している変異のある「デルタ株」では、さらにより強いインターフェロン抑制効果を示していて、重症化に繋がっているとか。
どうだろう?
わかってくればわかってくるだけ、摩訶不思議なコロナウィルスだと感じないか?
しかも、向こうは、どんどん進化(?)してきているのでは?
それなのに、2年近くも同じ対策しかできない我が国のおバカ政府は、実に不可解このうえないのでは?
どちらにしても、この時点で、もっとも脅威的な「デルタ株」、さらに強そうな「ミュー株」が出現しているのだから、お先真っ暗なことだけは確かでは?
⑪東仙坊、得体の知れないワクチンが、「中共ウィルス」をグングン成長させ、ジャンジャンより強力になった変異株を作っていると、確信している。
そう、あの「MRSA( : Methicillin-Resistant Staphylococcus Aureus: メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)」、抗生物質メチシリンに対する薬剤耐性を獲得した黄色ブドウ球菌、多くの抗菌薬に耐性を示す多剤耐性菌と同じ仕組み。
UK発の「アルファ株(B.1.1.7)」、インド発の「デルタ株(B.1.617.2)」は、「アストロゼネカ」製ワクチン。
南アフリカ発の「ベータ株(B.1.351/B1.1.7)」は、「ファイザー」製ワクチン、「ジョンソン・エンド・ジョンソン」製ワクチン。
実は、早くから、イスラエルのテルアビブ大学とイスラエル最大の健康保健機構クラリットが、「従来株や『アルファー株』に比べ、『ベータ株』が、『ファイザー』製ワクチンが提供する免疫をすり抜ける恐れがあると公表していたはず。
ブラジル発の「ガンマ株(P1)」、ペルー発の「ラムダ株」は、中国の「シノバック」製ワクチン、ロシア製の「スプートニクV」。
ちなみに、現在、ブラジルは、なぜか「シノバック」製ワクチンは使用中止。
また、ブレイクスルー感染がやたら多いとか。
コロンビア発の「ミュー株」は、中国の「シノバック」製ワクチン、ロシア製の「スプートニクV」。
えっ、「ファイザー」製ワクチンや「モデルナ」製ワクチンは、そんなに変異株を生成していないんじゃないか?って?

In particular, to me, the Yakuza state China-made vaccine and the Mafia state Russia-made vaccine seem to have a great advantage in the turf war between mutant strains(特に、893国家中国製造とマフィア国家ロシア製造ワクチンが、変異株同士の縄張り争いで大きく優位に立っている)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード