Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

As long as vaccination is the last resort to prevent infection, the outbreak of Japan's “Delta strain” might not be settled(感染阻止にワクチン接種を最終手段なんて悠長に言っている限り、我が国の「デルタ株」のアウトブレイクが収束するワケもナシ)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

東仙坊、腐り切った自民党の総裁に誰がなっても全く興味がない。
それでいて、5%そこそこの政党支持率しかない立憲ナンチャラカンチャラ党やそれ以下の今日三等党が政権を取ったら、この愛する日本は滅亡だと覚悟している。
それにしても、感染症対策と総裁選と両立するパワーがないとおっしゃられる三白眼を首相にしたのは誰? 感染症対策専門の省庁を作れば感染症を対策ができるというトンチンカンどもが首相になりたいと言い切れるのはなぜ? ひたすら上から目線でエラそうに意味のないことを厚顔無恥にのたまうヤブニラミを国民が支持しているとプロパガンダし続ける我が国のおバカメインストリームメディアどもの醜悪さは何?
どちらにしても、「中共ウィルス」同様、今、眼前にある国家の危機である中国に対し、誰もが無言を続けるこの国に、本当に未来があるのか?
⑪「ファイザー」製ワクチンや「モデルナ」製ワクチンが生んだ変異株だって、実は世界中で確認されている。
◆3月、フランスで初めて確認されたのが、ブルターニュ発の「ブルターニュ変異株」。
何でも、「ファイザー」製ワクチンで鍛錬され、PCR検査をすり抜ける特徴があるとか。
◆昨年7月、カリフォルニアで初めて確認された「ウエストコースト変異株CAL.20C(B.1.429)」。
感染力が強いと言われていて、たちどころに、ヒトの細胞表面に付着する際に使用する接着タンパク質の極めて重要な領域に3つの変異を繰り返すことで、「ファイザー」製ワクチンや「モデルナ」製ワクチンの接種後に獲得される「モノクローナル抗体」を中和することを覚えた「イプシロン株」に成長。
免疫を突破する能力をマスターしたために、「ファイザー」製ワクチンや「モデルナ」製ワクチンの有効性が、50~70%も落ちるとか。
◆昨年11月、ニューヨークで初めて確認された「イオタ株」。
他の変異株と異なり、致死率をグーンと上げるところがポイント。
年齢45~64歳のグループが感染した場合46%、65~74歳が感染した場合82%、75歳以上が感染した場合62%も致死率が上がるとか。
しかも、感染スピードが、これまで拡散されていた変異株を15~25%上回るというのだから、唖然。
さらに、罹患した人のうち0~10%は「イオタ株」に対して免疫が対応できないというから、ほとんど降参では?
◆東仙坊、否応なしにも着目せざるをえないのが、やはり、すでに我が国でも2人(?)確認されている、南米で大爆発中のコロンビア発の「ミュー株」。
何しろ、ワクチン接種などで作られるヒトの体内で感染や重症化を防ぐ中和抗体の効果が、従来株と比べ、約7分の1だというのだから、メチャクチャ心配。
今まで一番効果がないと言われていた「ベータ株」よりもミューの方が効果がないというのだから、ハンパじゃない。
そして、今、その「ミュー株」、あの脅威の「デルタ株」を差し置いて、USAでアウトブレイクが始まったというから、やっぱり…の観。
そう、コロナウィルスの世界は、まさに弱肉強食の世界。
実際、コロンビアで、4~6月、1日当たり約700人の死者を出し続けたときに、すでに死者のうち3分の2が「ミュー株」だったというから、あな恐ろしや。
今のところ、世界43ヵ国以上で強い感染力を示しているとか。
どうだろう?
南米が、強力な「デルタ株」を受けつけないのも、それよりも強力な「ガンマ株」、「ラムダ株」、「ミュー株」のせいであることは、明白なのでは?
ところで、世界で初めて「ラムダ株」を発見した日系ペルー人パブロ・ツカヤマ教授が、実に興味深い話をしている。
何でも、「ラムダ株」の影響で、ペルーでは全人口の約70%に当たる220万人が感染し、約0.6%に当たる20万人がすでに死亡しているとか。
また、ペルーのワクチン接種率は30%以下。
彼は言う。
「すでに感染した人+ワクチン接種者=全国民。つまり、数字上、『集団免疫』を100%獲得していることになるが、一向に収束の気配はない。ということからも、日本のように感染力の強い『デルタ株』がアウトブレイクしている国で必要とされるワクチン接種率は70%~75%では不十分で、90%~95%が必要になるのでは?」
どうだろう?
かなり言い得て妙では?
そ、そ、そうしたら、さらにネガティブな話が、続々。
◆CDCが発行するジャーナル「Emerging Infectious Disease」にペンシルベニア大学の研究チームが発表した研究結果によると、感染した人の36%の血液中に、抗体が確認できなかった。
抗体が確認できなかった人の年齢は、確認できた人と比べ、平均10歳若かった。
気道のウィルス量が少なかった人の方が、血中の抗体量が少なかった。
◆「ランセット」が発行するEClinical Medicine」に発表されたイスラエルの研究では、感染した人の5%は血清陰性のままだった。
◆オックスフォード大学出版局が発行するジャーナル「Journal of Infectious Diseases 」に発表された研究結果によると、ニューヨークの住民を対象にした血清抗体調査では、感染した人の約20%が血清陰性のままだった。
どうだろう?
ワクチン接種をほぼ全国民が終えたらパンデミックが終焉を迎えるなんて、ただの妄想でしかないのでは?

Why doesn't Japan distribute a simple antigen test kit to the public free of charge like a cloth mask(なぜ我が国は、布マスクのように、簡易抗原検査キットを国民に無料配布しないのか)?

To be continued...





profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード