Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

To the Chinese Communist Party, the general public must be just the existence like a “baby goat” whom usually feed on that piece of paper, squeeze milk, make cheese, squeal when they want, and finally eat the meat(中国共産党にとっては、一般国民は「子ヤギ」のようなもので、日ごろそのへんの紙でも食べさせておいて乳を搾りまくり、チーズを作り、好きなときに鳴かせ、最後はその肉を食べてしまうだけの存在)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

傍若無人な893国家中国を支配する金の亡者ども集団である中国共産党が、その私利私欲のために一般中国人たちを露骨に食いものにし、独裁専制国家らしく高圧的に泣き寝入りさせているケースはまだまだゴマンとある。
その阿漕な搾取の仕方の基本は、自分たちが絶対的に所有する土地に、大きなハコモノを建造する。
このとき、一般中国人が所有する土地が絡んでいたら強引にウソ八百を並べて立ち退かせ、その開発業者は自分たちの言うことをよく聞く得体の知れない業者を選び、銀行から貸し付けさせるところが、重要なポイント。
それは、乱立させている高層マンションを購買しようとする一般中国人に対しても同じ。
工事前や工事中に、その施工業者の信用度を高くし、未完成の高層マンションを前売りさせるために、銀行に一般中国人に融資をさせる。
そのために、仮に悪徳施工業者が完成前に逃げ出したり倒産したりしても、住むことすらできない一般中国人には銀行への借金だけが残るとか。
実際、中国の不動産専門家も、高層マンションの100棟に2棟は、「鬼城(グイチャン)」化すると試算しているというから、可哀想な被害者が出続けることは、間違いナシ。
事実、湖北省武漢市にある「鬼城」である「江南世家」には、何のインフラもないのに60世帯が意地で住んでいるというから、あな恐ろしや。
経済成長を自慢する臆面のない世界一の犯罪国家中国には、この手の「鬼城」なる廃墟高層ビル、それらが集合した巨大ゴーストタウンが、中国各地にジャンジャンバリバリ。
そう、数十から数百ヘクタールの土地に数兆円の資金を投入し建造された開発区、山を削り谷を埋め造成した広大な工場用地、林立するオフィスビルや高層マンション群、港湾、空港、高速道路、国際展示場、博物館、バカでっかいサッカースタジアム、緑豊かな公園や人工池などで表面上溢れる中国だが、実のところは、広大な工場用地には建物がなかったり建築途中で建設中止になったままだったり、ビル群やマンション群には内装工事がまだだったり人影もまばらだったり。
まさに、中国ならではの「鬼城天国」。
9兆円超の費用を投入した「河北省唐山市曹妃甸」なる「鬼城」のようなものだけでも、20~30はあるというから、まさに「鬼城国家」。
それにしても、この「河北省唐山市曹妃甸」なる「鬼城」の空虚さは、ハンパじゃない。
工場は本当に数えるほどで、オフィス街で唯一人の出入りがあるのは北京の中央官庁のような巨大ビルを持つ曹妃甸開発委員会だそれなのに、工場進出予定とされる空地を走る道路の両側に10mおきに太陽光発電パネルと小型風力発電機が取りつけられたくさんの街路灯が延々と10㎞も続くというから、幽霊の世界に誘っているように見えるとか。
ちなみに、世界遺産級の「鬼城」と呼ばれているのが、内モンゴル自治区オルドスの「鬼城」。
何でも、人口が30万しかないのに100万人規模の超未来都市を創ろうとしたとか。
もっとも、どこかドバイのような地区で、その泡銭を散財しただけという話もあるとか。
その他には、USAに「中国最大のゴーストタウン」と指摘されている河南省鄭州の「鬼城」。
かつて「中原」と呼ばれ、紀元前1600年代の殷王朝の遺跡が残る安陽、後漢や隋や後唐が都を定めた洛陽、北宋の首都で11世紀から12世紀にかけて栄華をきわめて開封など、中国の歴史的重要都市がいくつもある、中国の省のなかで最大の人口1億人の河南省、その人口750万人の鄭州。
そこに、2001年開始された人口150万の最先端都市を創るプロジェクトが頓挫したままになっているとか。
しかも、その都市設計を担当したのが、日本人建築家黒川紀章というから、どこか複雑。
さらに、そのランドマークとなる超高層ホテルの建物自体は完成しているものの、いまだに開業許可が下りないというところも、なお複雑。
そもそも、鄭州市の1人当たりGDPが約4万3000元(約70万円)だというのに、100万戸の億ションを販売しようとすること自体、ハナから異常だと言えるが…。
まだ他にも、遼寧省営口市にある50平方㎞に渡って建設が止まったままの「沿海家園」や「東営」などという40棟以上の高層マンションが林立する「鬼城」。
そもそも、ド田舎なのに、常住人口を80万人増やすという5ヵ年計画で、約1億平方mもの土地を売りに出す発想そのもが、ナンセンスなのでは?
そんな「日本の80年代バブル以前の不動産神話」を信じるような頭では、「鬼城」というよりも、広大な「鬼墓場」を生み出すのも当然では?

I have a feeling that China will become a vast “ghost town nation” in the very near future(かなり近い未来に中国が広大な「鬼城国家」に化すと予感している)!

To be continued...
























profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード