Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Xi Jinping, who is a self-reliant and tampered person, couldn't have reliable subordinates. That's why you couldn't even sleep with peace of mind unless you hit your hostile forces(独断専行型のイジケた習近平には、信頼できる部下ができるワケはない。だからこそ、自分の敵対勢力を徹頭徹尾叩かなければ安心して眠ることさえできない)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

東仙坊、おバカ習近平、「浙江閥」、その流れを汲む江沢民派に牛耳られている中国経済がグジャグジャになって構わないと一人考えているに違いないと決め込んでいる。
どうせ本当に成熟していない中国経済が当然の結果として低成長期に突入してしまっているのだから、そもはしょうがないと、それ以上に表面上は世界の警察国家で裏では世界のマフィア国家のUSAとグルになってボロ儲けしまくっている、今やただの政敵でしかない江沢民派の息がかかったITハイテク民間企業や中国国内の金融界を徹底的に「腐敗撲滅」の名目で成敗した方がイイと思っているに違いない。
実際、この大バカ、自分が独占的に情報収集し中国共産党員を含む全国民をコントロールしようと躍起。
中国経済を支える屋台骨になっていたITハイテク民間企業へ規制を強化、突然の学習塾禁止、芸能界に対する粛清、netゲーム時間規制など、なるふり構わぬ作為的やり放題し放題。
そして、そんななかで、すでにデタラメ放題の不動産会社とガッチリと手を握り合った中国経済の生命線だった金融機関、それも、国有の銀行や投資ファンドや金融規制当局、特に中国経済の中核をなす「25の金融機関」の徹底調査を、反腐敗運動の最高機関にさせ始めていたのである。
そう、むやみやたら民間企業と近づき過ぎていないかどうかを詳細に調べ始めていたとか。
あくまでも、自分の手中に中国の金融機関を治めるために…。
なぜなら、中国国内の金融は、自分の弱味を握る政敵中の政敵である王岐山国家副主席の権力基盤そのものだからである。
さて、驚かないか?
いまだ列記とした中国共産党の副主席でありながら、いかなる中国共産党幹部の列席する会議にも顔を出していないだけでなく、なぜか我が国の親中派だらけのマスメディアも一切その動向について触れない、王岐山。
何しろ、王岐山、1990年代、国有企業の中国建設銀行を率いていたときに頭角を現し、長年にわたって中国建設銀行をはじめとする国有金融機関の要職に自分に近い人物を据えてきた遣り手。
それゆえ、「浙江閥」の傀儡主席として選んだ習近平のお目付役として習近平を自由にさせないようにしたために、誰よりも習近平の恨みを買い、中国の人造生物化学兵器「中共ウィルス」で抹殺されそうになったほど。
まあ、それによって間接的に大被害に遭っている10月15日現在の世界の約2億4千万人の感染者、約500万人の死者にとって、許し難きハタ迷惑でしかないのだが…。
ともあれ、そんな王岐山だから、おバカ習近平の反腐敗運動の旗振り役を務めながら、さりげなく金融部門の調査だけは避ける強かさ。
おかげで、中国の国有銀行までがコネのある一部の高成長民間企業に積極的に融資し、中国の金融リスクを増大し続けたのも事実。
東仙坊、すでに詳細に書き込んできているが、それでも、おバカ習近平、その現役主席の特権をフル活用して、目障り極まりない「浙江閥」と江沢民派を失脚させ続けてきたはず。
そのせいで、さすがの王岐山も、任志強、董宏、孟建柱、孫力軍を粛清されたあたりから、その政治的影響力の低下は歴然。
長年の側近が、8月、7100万ドル(約80億円)超の賄賂を受け取ったとして起訴されたことで、いよいよ一巻の終わりのよう(?)。
事実、王岐山、現在調査に直面している金融企業のいくつかとドップリ繋がりがあるとか。
その代表格が、「ドイツ銀行」の筆頭株主にまでなった複合企業「海航集団(HNAグループ)」による国外での買収に資金を提供した、「中国建設銀行」。
ちなみに、王岐山の米櫃だった「HNA」は自分の側近だった陳峰に会長を務めさせていたが、昨年、「HNA」が巨額の債務を抱えて経営破綻しただけでなく、9月下旬、刑法違反で陳峰も拘束されてしまったとか。
どうあれ、構造改革以外にも国内外の喫緊の課題が山積している中国なのに、習近平が、それらに対し何の対応せずに、内部抗争に明け暮れてきたことだけは事実。
昨年8月、習近平が、「レッドラインを超えているような危険な不動産企業は銀行融資を受けられない」とする不動産融資に関する「3つのレッドライン」を提示したのだって、不動産バブル抑止のためではなく、「浙江閥」、「江沢民派」、そして、王岐山を土俵際まで追い込むため…。
そう言えば、その段階で、「恒大集団」は、この「3つのレッドライン」の3つともに引っかかっていたが、そのうち1つはクリアして、2つのレッドラインに引っかかっている状態まで一時は改善されたとか(?)。
もっとも、そんななかで、「華夏幸福」、「泰禾地産」、「嘉凱城集団」、「中天金融集団」、「富力地産」、「格力地産」、「京投発展」、「藍光発展」などは、今でも「3つのレッドライン」全てに引っかかっているというから、現実はもっともっと大変なのでは?

Why doesn't our mass media consider the lack of Vice President Wang Qishan in the line of Chinese Communist Party leaders as a problem(なぜ、我が国のマスメディアは、中国共産党指導者の列に王岐山国家副主席がいないことを問題視しないのか)?

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード