Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

If you admit this kind of marriage between a royal woman and a motherfucker, don't talk about a female emperor again(もしこんなクソッタレと皇族女性の結婚を認めるなら、二度と女系天皇の話などしないでほしい)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

東仙坊、前回、いわゆる「人を見る目」、鑑識眼や審美眼を養うために、人間は、一所懸命に日々学習しているのでは?と書き込み、その意味でだけは、皇族も一般人も全く同じなのでは?とまで指摘した。
そして、皇族は、家族愛を具現化する象徴的な存在なので、一人の国民としても、皇族を畏敬していると、正直に、述べたばかり。
実はその裏に、たった1つの危惧があった。
それは、世界的にこれだけ「コミュニケーション・ブレイクダウン・ホーム」が激増し、その家庭崩壊が顕著な時代に、さすがの我が国の皇族の中にも、そのような風潮が入り込んでいるのは?というもの。
そう、皇室がやたら国民の考えを理解し寄り添おうと努めるあまり、その窮屈さを改善し、「公」を優先することなく、一般の人たちと同じように「私的」な生活を愉しみたいと考える皇族が出現するのでは?という危惧…。
そして、それを如実に漂わせている皇族が、秋篠宮皇嗣殿下の家族だった。
東仙坊には、その明確な理由が、2つあった。
1つは、秋篠宮皇嗣殿下が、今どき街中を探しても見つかりそうにないタイプの女性、紀子妃とご結婚をなされ、1男2女の3子をお産みになられているが、その紀子妃にいつもある種の陰りがあるからである。
そして、その陰りの原因は、その紀子妃に内緒にしている秋篠宮皇嗣殿下のある行動に起因しているはず。
そう、紀子妃は、それを間違いなく生理的かつ直感的に感じ取っているはず。
えっ、それは何だって?
それは、いくらこの東仙坊でも、死んでも口にするワケにはゆかない。
ともあれ、一般の家庭では、妻がそういう精神状態にあると、往々にして、仮面家族になりがちになる。
と同時に、そんな夫は、もし娘がいると表面的に娘を溺愛するようになるので、いつのまにか母親に反発するようになり、典型的なエディプス・コンプレックスになり、異性である男性を父親似のライトなタイプを好むようになる。
逆に、息子は母親を過信し、父親を毛嫌いするようになりがちになる。
どちらにしても、その家庭内のぎこちなさは、増大し続け、一向に減少はしないので、まさしく「コミュニケーション・ブレイクダウン・ホーム」になることだけは間違いナシ。
もう1つは、秋篠宮皇嗣殿下が、3人の子どもたちの教育を、「学習院」だけで完結させなかったこと。
凄く変だと思わないか?
1877年、華族のための学校として明治天皇と皇后の臨席のもと開校したのが、「学習院」なのでは?
それゆえ、皇族のありかた、皇族の基本を身につけるために、「学習院」は必須なのでは?
にもかかわらず、2人の娘をICU(国際基督教大学)に通わせたり、未来の天皇の息子にいたっては、お茶の水女子大学附属だなんて、その理由は、何?
何とか、自分の家庭を「一般の家庭」にでもしたいということ?
まあ、「学習院」も例外ではなくその劣化が、宮内庁同様、メチャクチャ激しいかもしれないけれど…。
どうあれ、秋篠宮皇嗣殿下が、皇室を破壊するテロリストなのか?と、一瞬、目を疑わせられたのが、何年か前の長女のその気色の悪いオトコ(婚約者?)との婚約内定(???)発表会見。
東仙坊、その長女が、その不気味なオトコを「太陽のような明るい笑顔」と呼ぶほど、恋愛の「れ」も知らない無知蒙昧な妙齢の女性であることには、その環境上ある程度ガマンできたが、その三流詐欺師剥き出しのオトコが気持ち悪い口調で、長女を「月のように静かに見守って下さる存在」と言ったとたん、「月は死んだ天体で見守ることなどできないわ、クソッタレ!」とTVのリモコンを画面に向かって投げつけていた。
そのうえで、「長女を満足に成熟させられなかっただけでなく、こんな低級な記者会見を開かせるなんて、ただのハリー王子オヤジもどきなのか? 今すぐ皇籍を離脱し、出家でもしなさい。こんなクソッタレを、本気で未来の天皇の義兄にするつもりなのか?」と不敬かも知れないが、秋篠宮皇嗣殿下に向かって怒鳴りつけていた。
そして、「もしこんなヤツを天皇の義兄にしたら、××××だぞ!」と大声で一言。
そう、すべての問題は、コヤツの本物の詐欺師(殺人犯?)の母親なんかではなく、この気色の悪い三流スケコマシオトコの人間性そのもののはず。

To be clear, a man who couldn't put “dimples” in style to tie a tie must be unfamiliar with a first-class lawyer and must be out of the question of becoming a royal family(ハッキリ言って、ネクタイを結ぶのに「ディンプル」をスタイリッシュに入れられないようなオトコは、一流の弁護士にも慣れないし、皇族になるなんてもっての外)!

To be continued...














profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード