Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Now that she's no longer a royal family, I'm thrilled to be able to yell at this misunderstood stupid woman with confidence that she shouldn't lick the world(もう皇族でなくなったのだから、この勘違いおバカオンナに、世間を舐めるのもいい加減にしろ! と安心して怒鳴ることができて痛快)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

東仙坊、恋愛小説家の端くれとして、再三、「恋愛持続3年説」を提唱してきている。
胸キュンや胸ドキドキのエモーションだけで人を愛せるのは、せいぜい3年。
後は、まさに、「making love(メイキング・ラブ)」を含め、「making love(メイキング・ラブ)」。
言い換えると、「愛を創造し合うこと」、「愛を慈しみ合うこと」、それ以外に、愛を継続することなど不可能と自覚している。
その観点からも、3年も直接会うことなく(?)、あの気色の悪い三流スケコマシと結婚をしたキンダーガートン・プリンセス・モンスターには、ただの女の意地しか感じない。
率直に言って、女の意地ほど、プロダクティブでも、クリエイティブでもないものもない。
何だかよくわからないキンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚発表会見を観て、「皇族の家庭」を「一般の家庭」にしようとしつつ、秋篠宮皇嗣殿下が徹底的に、イヤ、異常なほど甘やかしたキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、「複雑性PTSD」というよりも、「アイム・スペシャル・プリンセス症候群」であることが、よくわかった。
この三十路のキンダーガートン・プリンセス・モンスターは、れいわ新選組代表の山本太郎に酷似した結婚相手のクソッタレをとっくに愛してなどいないはず。
ただ、人権が一般国民と同じではない、選挙権も、職業選択の自由も、居住移転の自由も、恋愛の自由さえない皇族から逃げ出すために、結婚を利用しようとしているだけ。
そう、いくらクソッタレが自分を利用しようとしている最低のオトコでも、自分には他の結婚相手を見つけることの余裕も能力もないから、コイツを利用して秋篠宮家から一日も早く離れようとしているだけ。
これが一般家庭だったら、援助交際でも、どこかのオヤジの愛人になってもイイから、家を出るために利用する娘たちと同じ気持ちなだけ。
それこそ、好きで皇族の家庭に生まれたワケではない、ましてや自分で皇族になることを選んだワケでもない、たまたま天皇の子孫として生を受けてしまっただけで、確かに経済的には困ることはなかったけど、他の国民であれば保障されるいろいろな自由や権利のない特殊な扱いを受けるのはもうイヤと決心しているだけ。
そして、皇族は少しも煌びやかではないし、皇室の中に幽閉され、何十年も過ごさなければならない私のことをもっともっと考えてみてよ、だから、あんな相手しか結婚相手に見つからないのよ、この21世紀の日本社会でそんなことがあっていいの? よかったら自分で皇族の娘に一度なってご覧なさいよと訴えているだけ。
そう、勘違いし増長仕切った未熟なキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、なぜか皇族丸出しの上から目線で、私が選んだオトコなんだから文句言わないで、彼は本当にスバらしい男性なのよ(?)、彼は何も間違ったことはしていない(?)、個人の人権が尊重される時代なのに、なぜ、ここまで寄ってたかって批判されなければならないの、なぜ自分が結婚を諦めないといけないの、彼のお母様のお金の問題だって本当に悪いのは相手方なのよ、それに彼に、詰めが甘かったわ、もっとうまくやってほしかったわ、元婚約者の方とお互いの認識についてきちんと話し合ってご理解を得たうえで解決金を支払えばいいのよとちゃんと伝えたからもういいでしょ、とにかく、いろいろな経緯があったことを理解してくださる方がいらっしゃればありがたいわ、私たちにとっては、お互いこそが幸せなときも不幸せなときも寄り添い合えるかけがえのない存在で、結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きてゆくために必要な選択なの、だからそっとしておいてよとがなり立てているだけ。
つまり、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、皇族のあり方そのものを完全否定したのである。
もっとも、これによって、一部の内なる国賊どもが仕かけていた女系天皇容認という陰謀が潰えるという棚ボタ的光明も生まれたが…。
結婚して子どもを産み愛情いっぱいに育てると、自らの親がしてくれたように今度はその子どもが自分の産んだ子どもに愛情と全財産を与える。
これを2700年間も繰り返していると、莫大な愛情と財産を有する血統が生まれた。
萬世一系の男系天皇の皇統である。
そこで、その血統は親から満足な愛情を受けず大した財産も与えられなかった人々にその愛情と財産を分け与える。
それこそが、我が大和民族の皇族のルーツ。
そして、世界でたった1国王朝が一度も変らず綿々と「世界最古の王朝」であり続けてきたことの証。
それゆえ、その分け与えた人々から愛され尊敬されるに値する存在である皇族が、人間として生物学的にも政治学的にも秀逸であることは、必然的条件。
だからこそ、皇族は国体そのもの。
そして、国家国民のために四六時中祈らなければならない皇族であることは、生活は保障されるものの、過酷な義務が背負わされるだけでなく、自由もプライバシーもなく、資産を持つことさえ許されない所以。
ということは、このジコチュウ全盛の時代に、「公」である代わりに、「私」を押し殺すなんて、想像を絶する忍耐力やセルフコントロールが必要なはず。
そう、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、それを明確に拒絶しただけ。

It might be more difficult for the imperial family to raise children, because it must be difficult to raise children even in ordinary households(一般家庭でも、子育ては難しいのだから、皇族の子育てはもっと難しいのかも)!

To be continued...










profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード