Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

It must be standard for girls who just wanna leave the house to use men in ordinary households, but since she is a royal family, we wanted her to choose a better man, isn't it the honest feeling of ordinary people(家を出たいだけの少女がオトコを利用するのは、一般家庭でも定番だが、一応彼女は皇族なのだからもう少しマシなオトコを選んでほしかったというのが、普通の国民の正直な気持ちでは)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

東仙坊、自分の家庭を、いわゆる「皇族の家庭」をできるだけ「一般の家庭」に近づけたいと試みた秋篠宮皇嗣殿下のトライが、見事なまでに失敗したと指摘している。
それが、溺愛した長女を、自分を特別な存在と勘違いさせ、増長した唯我独尊のパラノイア的キンダーガートン・プリンセス・モンスターにしたことだけは間違いナシ。
そう、長女を誰の話も絶対に聞かない、誰のことも絶対に信じない、そして、一般の人々を心の底で無意識のうちに愚弄する、意固地な「アイム・スペシャル・プリンセス症候群」の内親王にしてしまったのである。
その意味では、二女も、長男も、そのメンタリティーが今から心配になるのだが…。
それにしても、ナルシズムの塊のような気色の悪い三流スケコマシに引っかかるとは、あまりにも無様。
あんなクソッタレが太陽だったら、冗談でも世間を歩くことさえできないのでは?
眩しくて、熱くて、サングラスをかけても歩けないのでは?
そこら中、太陽だらけで…。
せめて、「一般の家庭」の普通の男性を選んで欲しかったと思うのは、東仙坊や秋篠宮夫妻だけではあるまい。
ところで、橫浜市役所の地方公務員の父親が、マイホームのことで妻と両親の板挟みに苦しんで焼身自殺し、それを悔やんだ父親の父親(祖父)が1週間後に自殺し、孫に遺産相続の権利があるとヤクザを父親の実家に行かせ、1年後に父親の母親(祖母)が自殺してしまう、一般家庭がいくらモラル完全崩壊になった我が国でも、どのくらいあるのか?
基本的にそれらの遺産相続で生活していて、大きな子どもがいるのに婚約してくれたオトコに借りたお金で、授業料の高いICUに通い、海外留学までする一般家庭が一体どのくらいあるのか?
どうだろう?
どう見ても、クソッタレもその母親もサイコパスに近い異常者と言わざるをえないと思わないか?
実は、それで、東仙坊、どうしても言わざるをえないことが、2つ。
1つは、2017年の2人の結婚会見後、一目観ただけで虫唾が走る相をしたクソッタレについて、ほんの少しブログで触れただけで、かなりのメールを頂いた。
それも、こちらでは確認しようがないが、かつて2人とICUで同級生だったという方々のモノが、かなりあった。
そんななかで、東仙坊、思わず自惚れてしまうほど特に自分の直感の正確性を再確認させてくれたのが、これら。
「ヤツは、金持ちの女子学生ばかりをヤンキー系のノリでナンパするので有名だった」
「つき合った女の裸の写真をすぐ撮ると学校で評判だった」
どこかの社長令嬢だった女子学生が、ヤツからリベンジ・ポルノの攻撃の被害を受けたらしい
「バカみたいに『オレは美男コンテストで、海の王子になったんだぞ』といつも自慢していた」
「ヤツは最初からキンダーガートン・プリンセス・モンスターを徹底的にマークしていた」
「ヤツのデートコースは母親が決めていて、鎌倉で人力車、抹茶パフェ、水族館、夜は七里ヶ浜のレストランといつも同じだって有名だった」
「キンダーガートン・プリンセス・モンスターが留学中には、飲食店経営者令嬢とつき合っていたはず」
ついでに、中・高でクソッタレと同級生だったという女性(?)から、「クソッタレの女子生徒へのイジメはとにかくしつこくてハンパじゃなかった」というメールも頂いていた。
どうだろう?
いくら意気がったところで、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが単なるクソッタレのカモだったというのが、たった1つの真実なのでは?
そう、メーガンのカモになったヘンリー王子のように…。
どうあれ、これで我が国の皇室の瓦解が一気に始まることは、間違いナシ。
それはそうだと思わないか?
こんな金目当てで露骨に金に困っていない女性をたぶらかす(もちろん、その逆もある)サイコパス的クソッタレは、今、日本中に、世界中にゴロゴロいるはず。
もし、皇族に自由恋愛をさせるなら、その身辺警護と身辺調査に相当の予算と人数が必要になるのでは?
そして、昔のような梅毒や癲癇検査だけではないから、違法薬物、リベンジ・ポルノ、STD、カルト、エスピオナージ、テロ集団などと寝るヒマもないほど大忙しになるのでは?
その点からも、今回の宮内庁のテイタラクは、万死に値するのでは?
それは、秋篠宮皇嗣殿下も同じ。
なぜ愛娘と父親の名誉をかけて対峙できないのか?
まさか、そうできない、特別な理由(???)があるのではあるまいな?

If you're a sneaky man who makes hidden recordings, isn't it a daily occurrence to take pictures of her nude or in the bed(隠し録音するような卑劣なオトコなら、彼女のヌードや閨房での写真を撮ることなど日常茶飯事なのでは)?

To be continued...






profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード