Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

If you communicate only superficially and shallowly, you tend to be overwhelmed by the power of a person who asserts oneself frankly and strongly, not good or bad, and becomes obedient to that person(表層的で浅薄なコミュニケーションばかりをしていると、いい悪いではなく、ひたすら率直かつ強烈に自己主張するヒトのパワーに圧倒され、いつのまにかそのヒトに従順になってしまいがち)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

2つ目は、東仙坊、今回の全く無意味な2人の大ウソ会見を観ていて、危惧から自然に憐憫に替わらせられることになった、ただただ異様なキンダーガートン・プリンセス・モンスターの表情。
それは、まるでカルトのスポークスマンのごとく、無表情で、傍若無人で、傲岸不遜で、人間が話しているように一切見えなかった、何とも言えない末恐ろしさ。
そう、すでに何者かに頭脳に変なチップでも埋め込まれてしまっているかのように、どこまでも高飛車で、機械的で、高慢無礼。
一言で言うと、少しも美しくもない、人間を愚弄しているようなロボット。
その観点で凝視していたら、最初から最後まで、醜悪な三流ウソつきスケコマシである自分の大切なパートナーであるはずのクソッタレをも、顎脚で使うお偉いしー。
それで、東仙坊、ふと目がウロコ。
このキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、自分の母親である紀子妃には似ても似つかない顔をしていて、どちらかというと、クソッタレの母親に瓜二つであるということに気づいた。
そして、そうか、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、とっくに真の法律家にはほど遠いマナーのカケラもないみっともなくてナンセンスな自己弁明と自己陶酔と自己顕示と虚栄心剥き出しの長い文章で勝手な自己主張をしただけのクソオトコに見切りをつけているに違いない。
実際、今回の記者会見も、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの完全一人舞台。
隣でクソッタレに、28枚もの文書で、相手への感謝の気持ちを一行も述べてないばかりか、解決金を払うことも全く書いてなかったことを都合よく忘れて、「母親が元婚約者に会うことはドクターストップがかかっている(??)ので、自分がすべて話し合いに応じ解決金を払います」とイケシャアシャアと言わせながら、自分は、威風堂々、泰然自若。
そのすっとぼけ方は、まさに千両役者。
それはそうである。
クソッタレは、「借金だったことにされてしまえば、元婚約者の方のおっしゃることが正しかったということになり、私や母は借金を踏み倒そうとしていた人間だったのだということになります。これは、将来の私の家族までもが借金を踏み倒そうとした人間の家族として見られ続けるということを意味します。それを仕方のないことだとは思いませんでした。一般的には金銭トラブルと呼ばれていますが、切実に名誉の問題でもありましたし、今でも、同じように受け止めています」と、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの名誉のためにもお金を返さないと言っていたはず。
それに対し、「文書は彼の母親の一方的な言い分を記したものだと思われる方もいらっしゃるかもしれません。それでも、色々な事情があったのだということを理解してくださる方が1人でもいらっしゃいましたら幸いです」と自分も平然とほざいていたはず。
に、に、にもかかわらず恐れ入ったことに、「彼の母親の元婚約者への対応やクソッタレの留学の前倒しは自らが依頼したものです。私が公に発言する機会が限られ、そのために生まれてしまった誤解もあったと思います(???)。誤った情報がなぜか間違いのない事実であるかのように取り上げられ(??)、いわれのない物語となって広がっていくことに、恐怖心を覚え、ツラく悲しい思いをしました(?)」とブチ上げるクソ度胸。
どう観ても、今やクソッタレを超えるパーフェクト・モンスター。
では、なぜ、こんな開き直った異常な三十路オンナになってしまったのか?
それは、すべてがその家庭内でのコミュニケーションにあることは、明々白々。
そもそも、「開かれた皇室」を目指し、自由と自主性を重んじるかのようにお互いに好き勝手なことを優先するようになった段階で、それこそ、「一般家庭」のように、「コミュニケーション・ブレイクダウン・ホーム」になってしまっただけ。
そうなると、まず父親と母親の間に修復しようのない亀裂が生じ、それが見る見る拡大し始め、と同時に、物凄い臭気と重圧感をともなったブリザードが家庭内で吹き始め、ディスコミュニーケーションの世界が生まれる。
そして、それによって、親子の断絶は決定的になる。
なかでも、娘の場合は、その反抗心は直接的に母親に向かい、最初はその分父親には反射的に好意を抱くが、時間とともに面倒になった父親が母親と諍いしつつも母親の側につき始めるので、父親を裏切り者かのように徹底無視するようになるもの。
息子の場合は、ハナから両親の双方からはっきりと距離を取るようになり、仮に兄弟や姉妹がいた場合は、それらからも距離を取り、家庭外の人間とのコミュニケーションに救いを求めるようになるもの。
とりわけ、秋篠宮のように父親が愛娘を溺愛、イヤ、ちょっと異常なほど偏愛した場合、愛娘は父親のように、イヤ、父親以上にいい加減なオトコに傾き、自分に敵わなかった母親をとことん愚弄し、母親と真逆のようなオンナの本性丸出しの心底強いタイプの女性に憧憬を抱くようになるもの。
そう、今まで自分の周りにいなかった全く毛色の違う女性によって、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、大きく性格を歪められてしまったのである、イヤイヤ、自らそんな女性になりたいとついつい憧れてしまったのである。
そして、厳密に言えば、半ばその女性のマインド・コントロール下に置かれてしまったに違いない。
ど、ど、どいうことかと言うと…!!!

To be honest, it must be extremely easy for a real scammer of crafty old fox to get involved with the imperial family from the beginning(正直言って、海千山千の本物の詐欺師にとって、皇族を最初から籠絡する気ならば、極めて簡単にできるに違いない)!

To be continued...













profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード