Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

I am worried about how the “heart” of His Imperial Highness and his wife, who have become addicted to talking directly with such psychopath-type fraudster women, would be broken(これほどまでのサイコパス型詐欺師オンナと直接話すハメになった皇嗣殿下夫妻の「心」の壊れ方が心配)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

東仙坊、なぜか我らが普通の日本人の血税月500万円~700万円で身辺警護をされている(2人が民間人になったのに、これをまだ続けるようだから、ワケワカメ)正真正銘のサイコパス型詐欺師REM、その「世紀のBASTARD(バスタード : ロクデナシ)」が創り上げた三流スケコマシの元キンダーガートン・プリンセス・モンスターの夫のクソッタレと接し続けている間に、完璧に「ストックホルム症候群」、東仙坊が個人的に名づける「アウトロー憧憬症候群」にさせられてしまったに違いないと確信している。
事実、彼女が、「複雑性PTSD」ということからも、それは裏づけられる。
そこで、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚発表会見でのコメントの異常さ、不可解さに触れる前に、イヤでも検証しておかなければならないことがある。
1つは、我々普通の日本人にとって、天皇はその総意に基づく日本国の象徴であり日本国民統合の象徴で、いわば「の芯」のような特別な存在である。
ここで重要なことは、それはあくまで日本人にとってであり、我が国の内に間違いなくいる国賊ども、日本殲滅を狙う不貞のヤカラどもにとっては、天皇を、皇室をグジャグジャにしてしまえば日本は心のよりどころ失い今や世界標準である分断されたバラバラ国家にあっという間になり下げることができるターゲットでもあるということである。
実際、女系天皇を支持するような売国奴どもは、媚中派や親韓派の大バカどもばかりであることでも、それは証明されている。
さらに、世界の壊れかけている皇室を見ても、人権と自由恋愛で、国民を分断させるばかりで、我が国の緩い皇族女子が狙われやすいのも、至極当然。
ましてや、娘の自分の前で自分の母親である皇嗣妃殿下のことを、躊躇いなく「悪いけど信用できなオンナね。あんなにヒステリックじゃ、みんなに嫌われてるでしょ。一緒に働いている人たちが可哀想」と言い切るREMに、一人でアポナシで秋篠宮家に皇嗣殿下を訪ね、愛娘とクソッタレのプライベートなやり取り、もしくは、自分たちとのプライベートに交わした会話を音声録音、動画、写真を持っているのでは?とビビる父親に対し、居丈高に「破談にするなら7億円なんていうはした金ではダメよ。最低で10億円はもらわないと」とごねるREMに、どこか痛快な気分を味わっていたキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、REMに心酔してしまったのもムリはないのでは?
そのくらいキンダーガートン・プリンセス・モンスターは、すでに驕慢で意固地なクソオンナになってしまっていたはず。
それゆえ、「お金も地位も名誉もいらないから、クソッタレと結婚したい」、「彼のお母様のことは私が支えます」とまで言い出していたのでは?
ともあれ、ここは、この醜悪な合体劇の本当の主役であるREMを、一度簡単にプロファイリング。
①REMの母親についてから、始めざるをえない。
在日サプア人だった母親は、鎌倉の寺の敷地内の3畳一間の借家で営む下駄店で育つ。
②母親が藤沢市でハウスキーパーをする会社の寮に引っ越し。ここで結婚し、1966年REMを産む。
父親は、高校卒業後、横浜市港北区の缶ビールの缶や段ボールを造る機会を作る工場で定年まで勤務。
③弟出産後、母親が、全身リウマチになりhぼ歩行困難。
④1974年、藤沢市の平屋に引っ越し。
⑤両親は(一家は?)、新興宗教団体「大山ねず命神示教会」に入会。
佳代と圭の名付け親が、この宗教団体とか。
⑥友人を家に近づけさせない極貧のなか、なぜか私立の相模女子大学附属高校に入学し、私立の相模女子短期大学にまで進学。
イヤでも気になるのが、どうやってその学費を捻出したのか?
調べた限り、入学金も授業料も安くはない。
ということは、未来の息子のように誰かから借りたのは、あるいは、その性労働者好きの血を活かして自分で稼いだのか?
どこか今で言う「ウリ」で解決していたに違いないと感じるのは、東仙坊だけではあるまい。
それも、反社会組織が絡んだ…。
⑦短大卒業と同時に、実家が土地を持つ橫浜市役所勤務の夫と結婚。
すぐに、夫に自分の両親のためのマンションを購入させる。
そのうえで、一級建築士でもあった夫にゴージャスな二世帯住宅建築を要請し、夫の実家が所有する土地を売却しろと言い出し、義父母と大ゲンカ。
⑧1991年に生まれたクソッタレに3歳からバイオリンを習わせ、やがて、私立の国立音楽大学附属小学校に通学させるために、国立市にアパートを契約。
そうこうしている間に、同じマンションに住むオトコと不倫関係になるだけでなく、それを夫に「運命の人と出会った」と告白し、息子を連れ一緒にドライブ。
⑧2002年、38歳の夫が、突然、多摩川で焼身自殺(?)。
遺体が炭化されていたために、死因は不特定(???)。
嫁姑問題、二世帯住宅新築問題、役所内の異動問題、長男の教育費問題、妻の浮気などが原因と思われるとのことだが、今になってはどうしようもないが、自殺かどうかさえ疑わしいのでは?
⑨義父母を、「アンタたちの愛情が足りないから夫は自殺したんだ」と猛攻撃。
1週間後、藤沢市内のネジ工場勤務だった義父が、自殺。
⑩義母のところへ、「孫であるクソッタレも相続する権利がある」と自分が懇意(?)にしていた別の元暴力団関係者を代わりに行かせ、まんまと遺産相続に成功し、大金をせしめる。
そのことがあったせいか、1年後、義母も自殺。
⑪夫の自殺直後(?)、つき合っていた(とっくに関係があり、夫を殺させた?)自称彫金師で実はニセモノブランド品販売の20歳以上年上のヤクザと半同居。
このオトコも、2018年ごろ他界(?)しているとか?
どうだろう?
この段階で、メチャクチャ異常でデリンジャラスなオンナなのでは? このREMは?

It must be remembered that there are forces in Japan that are trying to melt the core of the Japanese “heart” and make Japan itself fall by making the imperial family squishy(皇族をグジャグジャにすることで、日本人の「心」の芯を溶かし、日本自体を落ちぶらせようとする勢力が日本国内にいる)!

To be continued...






profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード