Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

A fatal flaw in the mind-controlled misunderstanding of the former royal family must be that they believe that she could control His Majesty the Emperor and his wife and even His Majesty the Emperor Emeritus and his wife Emerita(マインドコントロールされている元皇族の勘違い女性の致命的な欠陥は、天皇陛下ご夫妻や上皇陛下ご夫妻まで自分がコントロールできていると思い込んでいること)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

東仙坊、子どものころに観た、この世のものとは思えぬ美しさにこのうえなく目が眩んだせいか、美智子妃に対するピント外れのバッシングに耳を貸したことは、正直、一度もない。
もはや、完全に依怙贔屓の域で、おそらく終生変わることはないと思われる。
だからこそ、二男の子育てに失敗しても、初孫が三流ヒモオトコと結婚するのに必死に目を瞑っても、一向に上皇后陛下を責める気にもならない。
それどころか、やむくもに一般家庭の祖父母のように目に入れてしまっているワケではないと勝手にお庇いさせていただいている。
事実、上皇后陛下は、すでにキンダーガートン・プリンセス・モンスターの婚約者に違和感を覚えると明言なされていたはず。
そして、OPHLが御所にくるたびに、K・Kクソッタレ問題を憂うお言葉をかけ、相当プレッシャーかけ続けていたはず。
つまり、いくらバカ息子とだとしても、一派の家庭の母親同様に、息子に父親としての責任を最後まできちんと負わせようとして、自分は懸命に耐えていたはず。
だからこそ、初孫の結婚を心配するあまり、2019年、上皇后陛下は吐血までなされたというから、ご心配。
そう言えば、上皇后陛下自身、1993年の天皇陛下ご夫妻だったときに、昭和天皇や香淳皇后に比べ、「華美で西洋風な生活を送り(?)、神道よりもキリスト教に親和性が高く、国民の望む皇室の主としてふさわしくない」という批判に晒され、「失声症」になって入院なされたことがあるというから、お気の毒。
そして、何とか回復なされた後に、「どのような批判も、自分を省みるよすがとして耳を傾けねばと思います。批判の許されない社会であってはなりませんが、事実に基づかない批判が、繰り返し許される社会であって欲しくはありません」というコメントをあえて発表なされているとか。
率直に言って、これで、気になることが、1つ。
人を見る鑑識眼を洞察力も皆無の「世紀のバスタード」のキンダーガートン・プリンセス・モンスター、いろいろいただいた上皇后陛下からのアドバイスの中から、ここだけを切り取って利用したと思えること。
どうだろう?
典型的な未成長のパーソナリティの持ち主のただ意固地なだけの融通の利かないモンスターでしかないのでは?
どうあれ、政府、自民党、宮内庁、秋篠宮家じゃないが、二度と「皇室」に戻らないこと、ワケあり秋篠宮家が、その血税をムダにしないことを祈るだけ。
それで、どうしても気になることが、これら。
すでに、ほぼサイコパス型殺人犯的詐欺師のK・Kクソッタレの母親REMの警備に、毎月500万円~700万円もドブに棄て続けていることを指摘してきたが、ジコチュウ丸出しに皇族を離れたバカップルが渋谷区内にあるサービスアパートの最上階に住み出すと、警視庁警備部が指揮し、部屋や建物の周囲を10人ほどのSPが3交代制で警備し、1ヵ月で2000万円ものコストをかけているということ。
それだけじゃない。
買い物を、秋篠宮家が私的に雇用した(?)宮内庁職員に代行させているということ。
本当にこババカップルのおかげで、我が国のイメージがどれだけ損なわれていることか?
それにしても、皇室内の旧勢力と命懸けで戦い、自分と同じ平民から皇室に入った紀子妃と雅子妃にありとあらゆる応援をしたはずの上皇后陛下が、なぜにこんな簡単なことを聡明に勝利できなかったのか? とても不可解に思っているのは、東仙坊だけではあるまい。
何しろ、この日本人らしい美しさを誇る上皇后陛下、「家庭を持つまでは絶対死んではいけないと思った」とおっしゃられた過酷な環境で育った平成天皇陛下の話を聞いて、「今まで読んだ小説の中にもこれほど寂しい言葉はなかった」と涙し温かい普通の家庭を築こうとなされたとか。
それゆえ、上皇陛下が、天皇としての最後の会見で、初めて声を震わせ、「皇后を心から労いたい」と仰っしゃられたのを観て、自然に感涙を流した国民は多かったはず。
そんな上皇后陛下なのに、なぜに初孫であるキンダーガートン・プリンセス・モンスターに、鈴をつけられなかったのか?

It must be a pity that the entire family of the imperial family, like ordinary households, would be destroyed if the marital relationship collapses(皇族の家庭も、一般の家庭同様に、夫婦関係が崩壊すると家庭全部が壊れてしまうことが、実に残念)!

To be continued...











profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード