Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

A classic parenting error must be to value the irrelevant autonomy of immature children(子育てにおける親の定番の錯誤は、未熟な子どもたちの的外れな自主性を重んじること)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

東仙坊、仕方なしに皇室を検証していて、イヤというほど痛感させられたことがある。
それは、メチャクチャ哀しいことに、自分の愛する日本も、よせばイイのにグローバル化の波にドップリ吞まれ、今や完全に世界標準となった「魂の劣化」が超スピードで進行してしまっているだということ。
まあ、国際的とか、世界的とかという言葉にからっきし弱いヒトたちがここまで増加してしてしまっているのだから、それも当然と言えば、至極当然。
また、立憲ナンチャラカンチャラとか、名前だけの共産ナンチャラ、零はゼロ?などという政党の体を成していない党に投票するヒトたちがそこそこいるのだから、ナンチャラ詐欺の被害者がなくならないのと同じに、この日本は滅びゆくだけ。
それにしても、国体であったはずの皇室が、異常な皇族どもの家庭崩壊とともに、木っ端微塵に瓦解されようとしているのに、なぜ日本国民は本気で声を上げないのか?
それは、国防を本気で考えないことと同じに、日本を貶めることしか考えていない中韓に本気で何も言えないのと同じに、ただただ醜悪で情けなくてみっともないだけ。
それにしても、この世紀のバカップルに、ブラックジョークでも、「オメデトウ」とか、「お幸せに」などと言えるヒトたちは、本当に日本人なのか?
いくら「Go to」がお好きだからと「Go to hell」と言わないまでも、せめて「Go away heartbreaker」とか、「Never come back to Japan again」とぐらい叫んではいかがか?
それにしても、本来の貴重で稀少な役目である国民から敬愛される国体としての皇室維持に、有形無形に多大な貢献してきた上皇后陛下が、なぜに異常になってしまった初孫と異常な三流スケコマシとの結婚を許してしまったのか?
東仙坊、いくら推察しても理解できない。
実際、結婚前日の10月25日、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、一人で仙洞仮御所に上皇ご夫妻を訪ね、1時間あまり滞在してK・Kクソッタレとの結婚を報告し、面会後、上皇ご夫妻はキンダーガートン・プリンセス・モンスターを車寄せまで見送り、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが車に乗り込む直前、上皇后陛下が無言でキンダーガートン・プリンセス・モンスターを抱きしめるシーンまで映像で見せられ、メチャクチャショック。
そこで、必死に、上皇后陛下の本音がどこにあるのかを、あまり信憑性のない内部告発発言(?)などから、徹底分析。
「上皇后陛下は、かなり定期的にキンダーガートン・プリンセス・モンスターと面会していた」
「上皇后陛下は、初孫のキンダーガートン・プリンセス・モンスターを大変可愛がり、いつ何時も味方になられ、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚をめぐる一連の騒動も静かに見守られてきました」
「キンダーガートン・プリンセス・モンスターのお気持ちがずっと固かったなどということはありません。まだ20代の若者であり、様々な葛藤があったと思います。この件を相談したくても、ご両親とは絶縁状態。信頼できる雅子さまは皇后となられ、安易に相談もできず…。さらには、宮内庁側からの要望で悠仁さまとの同伴公務も中止となり、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは一人孤立しておられました。そんなとき、親身にキンダーガートン・プリンセス・モンスターの相談に乗ってくれていたのは、外ならぬ上皇后陛下。上皇后陛下にとって、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは初孫。そして、上皇后となられ立場も軽くなられたので、相談しやすかったのでしょう。キンダーガートン・プリンセス・モンスターは毎週のように皇居を訪れ、上皇后陛下と歓談されていました。そのなかで、上皇后陛下は、『キンダーガートン・プリンセス・モンスター、自分の意思を貫きなさい』とか、『アナタはジュリエット。K・Kクソッタレはロミオ(???)。2人の結婚は運命なの(???)』などとキンダーガートン・プリンセス・モンスターまに仰り、励ましていました。キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、ときおり目を滲ませながら、『そうだよね。K・Kクソッタレは運命の相手だもん、ガンバりゅっ! 』などと仰りながら、結婚の決意を固めていったようです」
東仙坊、そんななかで、着目したのが、これ。
2018年5月25日、無能な宮内庁が、HPで、発表した声明。
「キンダーガートン・プリンセス・モンスターに関する最近の週刊誌報道について」
「キンダーガートン・プリンセス・モンスターの納采の儀を始めとするご結婚関係儀式等の延期が発表されて以来、このことに関する両陛下、とりわけ、皇后さまのお考え、ご対応について様々な憶測がなされ、記事にされてきましたが、このことに関し、両陛下は当初より一貫して変わらぬ対応をしてこられました。一部の週刊誌は、『侍従職関係者』、『宮内庁幹部』、『宮内庁関係者』等のコメントとして、皇后さまが様々な発言をなさっているかのように記していますが、先にも述べたとおり、両陛下は、当初より、細心の注意を払って固く沈黙を守り続けておられ、また、宮内庁職員はもとより、ご親族、ご友人、ご進講者等で、両陛下にこの問題について話題にするような人もこれまで皆無であったと伺っています
どうだろう?
上皇后陛下の本音は、一体どこに?

Wasn't the real mission of the imperial family to show the people the ideal family image of Japan(皇室の本当の使命は、我が日本の理想の家庭像を国民に示すことではなかったのか)?

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード