Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

It must be no exaggeration to say that the official duties of the imperial family are the service to the people to be close to them. Then, what kind of benefits did the trip to Thailand, which wasted the tax of His Imperial Highness Prince Akishino, bring to the Japanese people(皇室の公務とは、国民に寄り添うための国民への奉仕と言っても過言ではないはず。では、秋篠宮皇嗣殿下の税金をジャブジャブ浪費したタイ旅行は我が日本国民にどんなメリットをもたらしたのか)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆秋篠宮文仁親王から、秋篠宮皇嗣殿下になってもお変わりのない、その異様性とヤンチャぶり。

①OPHLの公務の多さには、目にあまるものがある。
とりわけ、兄の天皇陛下が、「私個人としては、自分のための公務は作らない。公務は、かなり受け身的なものと考えています。依頼を受けて、意義のあることであればその務めをする。私自身はそう考えて今までずっときています」と言明し、どこまでも国民に寄り添うものを選んでいるのに反し、OPHLは、自分の懐が潤うものばかりに積極的。
高円宮久子さまに、「OPHL、K-プリンセス・モンスター、自分のための公務は作らないは真っ赤なウソではありませんか。国民の前で平気でウソぶき、皇太子妃殿下を公然と批判するのはどういった思惑からですか?」と明確に糾弾されたことは、東仙坊、すでに指摘ズミ。
なかでも、その外国行きは、公務とプライベートを含めても、異常な数の多さ。
とりわけ、タイ訪問の数は、恐ろしいほど。
ランダムにピックアップしただけでも、次の通り。
◉1989年、7月16日~8月18日、タイ、魚類の調査研究。
◉1992年、9月13日~9月28日、タイ、魚類の調査研究/11月5日~11月24日、K-プリンセス・モンスター同行、スリランカ、パキスタン、インド、タイ。
◉1993年、8月4日~8月14日、インドネシア、鳥類の調査研究。
◉1994年、8月4日~8月14日、インドネシア、鳥類の調査研究
◉1995年、9月16日~9月22日、K-プリンセス・モンスター同行、 タイ。
◉1996年、3月9日~3月11日、タイ/4月17日~4月23日、タイ、魚類の調査研究。これが凄いのは、ビル・クリントン大統領の宮中晩餐会を欠席してまで、タイへ行ったということ。
◉1997年、2月26日~3月7日、K-プリンセス・モンスター同行、ネパール、 ブータン、シンガポール・タイ立ち寄り。
◉1999年、6月27日~7月8日、K-プリンセス・モンスター同行、ベトナム、ラオス、タイ。
◉2001年、8月2日~8月5日、K-プリンセス・モンスター同行、タイ。
◉2003年、8月7日~8月21日、K-プリンセス・モンスター同行、タイ。
◉2005年、8月17日~8月24日、タイ、家禽類に関する日タイ共同調査研究。
◉2007年、3月14日~3月23日、タイ私的訪問/8月13日~8月25日、マダガスカル、タイ立ち寄りの私的訪問、キンダーガートン・プリンセス・モンスター同行
◉2010年、3月23日~3月28日、ラオス、鳥類の調査研究、キンダーガートン・プリンセス・モンスター同行
◉2011年、タイ。
◉2012年、タイ。
◉2017年、ハンガリー私的旅行、キンダーガートン・プリンセス・モンスター同行
この旅行の凄いところも、9月3日にキンダーガートン・プリンセス・モンスターの例の婚約内定会見後、9月30日から出発しているのである。
ついでに、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、2019年7月、一人でペルー・ボリビアご訪問、LA経由で。
どうだろう?
セレブリティのメチャクチャ摩訶不思議な海外旅行ばかりだと思わないか?
特に、十分に年ごろになった長女と2人だけの旅行なんて、実に不可解な気がしないか?
どうあれ、OPHLとK-プリンセス・モンスターが徹底的に異常な皇太子妃陛下バッシングを続けていた2007年、メズラシク天皇陛下と皇后陛下は、「自分を律し、私どもが私的に外国を訪問したことは一度もありません」とあえて言及し、中越地震被災者の方々ことなど一切考慮せず、自粛などとは全く無縁に、しかも、両陛下や皇太子一家の静養スケジュールなどを無視し、勝手に予定を決定し、自分の好きな旅行ばかりしているOPHLについに苦言を呈したほど。
どうだろう?
OPHLとK-プリンセス・モンスターのせいで、秋篠宮の家庭が、皇室が壊れてゆくのも当たり前なのでは?
それにしても、タイで一体何をしているのか?
実は、東仙坊、仕事絡みで、OPHLのタイでの行動の一端を垣間見たことがあるのだが…。

Why is the storm of royal reform now blowing against the few remaining unpopular Thai royal families in the world(世界に残っている数少ない大衆化していないタイ王室に対し、なぜ今、王室改革の嵐が吹いているのか)?

To be continued...











profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード