Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

If you can understand what the true purpose of His Highness's trip to Thailand was, wouldn't he be able to understand the root of his family problems at once(皇嗣殿下のタイ旅行の本当の目的が、何だったのかがわかると、彼の家庭問題の根幹が一気にわかるのでは)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆秋篠宮文仁親王から、秋篠宮皇嗣殿下になってもお変わりのない、その異様性とヤンチャぶり。

②OPHLの公私混同に近い異常な回数の海外旅行。
とりわけ、なぜか異常に多いタイ旅行。
東仙坊、正直、その理由の一端を直接目撃してしまっているのだが、そのことは口が裂けても書き込めない。
実は、それ以外にも、OPHLの数多くの海外旅行の裏で、宮内庁職員や外務省職員やJICAスタッフなどが大きな負担を強いられ、波紋を呼んでいるとか。
何でも、OPHLは、断固チャーター機の利用を拒絶するのだとか。
その結果、警備などの手間やコストが割高になって困っているのだとか。
もちろん、OPHLは、表向きには、経費削減を主張しているというから、マンガ。
それが如実に現われたのが、2019年の悠仁さまにとって初めての海外旅行になった、秋篠宮皇嗣殿下ご夫妻とご一緒のブータンへの私的親善旅行。
「皇位継承順位1位」と「皇位継承順位2位」の2人が、同時に海外旅行する以上、飛行機を区別したり、警備を倍にしたり、ヒッチャカメッチャカ。
そのうえ、旅行をフィックスしているのが、OPHLが個人的に繋がりのある学者というから、宮内庁職員や外務省職員は右往左往するばかりだったとか。
それでいて、サービス残業や時間外労働に明け暮れさせている宮内庁職員や外務省職員やJICAスタッフなどに一切感謝の意を表さないのが、秋篠宮皇嗣殿下だとも。
そんななかで、発生したのが、悠仁さま羽織袴不評によるK-プリンセス・モンスターブチ切れ事件。
自分の息子の旅行服に羽織袴を自分自身でご提案なさっておきながら、羽織袴がマスメディアに不評だとわかると、その責任のすべてを担当職員たちに押しつけようとでもするように、K-プリンセス・モンスターは国際電話で1時間以上も怒鳴り続けたとか。
③天皇になどハナからなる気がないのに、コロナ禍のなかで、K-プリンセス・モンスターに言われるがままに「立皇嗣の礼」を挙げた髪結いの亭主OPHLの情けなさ。
そもそも、何を考えているのか、何も考えていないのか、OPHL、「皇嗣家」になり当然のごとく職員が増員されることに、なぜか難色を示していたのに、「秋篠宮家職員20人程度、東宮家専属職員70人とは大きく違う。K-プリンセス・モンスターは、折に触れて、『人手も予算も足りません』と待遇への不満を口にしてきた」というK-プリンセス・モンスターの要求に応じ、その20人を50人になんとかしたばかり。
そうしたら、宮内庁で皇嗣付きになるくらいなら退職するという職員が続いて、人手不足はなかなか解消しないというから、すでにこちらの方が本物の「ヘルズ・キッチン」。
「秋篠宮ご夫妻は、国民の声を気にされてはいるようなのですが、それほど深刻には考えておられない。お2人そろって『立皇嗣の礼』で内外に宣明すれば、国民は祝福してくれるはず』などと能天気]
「2019年の誕生日会見で、秋篠宮殿下が『前回は私の隣に今の陛下がおられて、私はそこで行われる所作を、わからなければ隣を見ていればいいと、そういう感じがあった』と仰った通り、この期に及んでも『立皇嗣の礼』での所作が何もわからないという状況。通常、リハーサルは1回。秋篠宮殿下にはあと数回リハーサルをしていただく必要があります」
「『立皇嗣の礼』の後にキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、K・Kとの結婚について何らかの発表をすると見込まれています。加地隆治皇嗣職大夫も、先のミーティングで、『いつキンダーガートン・プリンセス・モンスターがお気持ちを発表されても大丈夫なように準備を』と我々職員らに言いつけました。皇嗣職の職員らには緊張感があります。なにより、当事者であるキンダーガートン・プリンセス・モンスターをはじめ秋篠宮ご夫妻のご心労(???)もいかばかりかと拝察いたします」
K家の一件がきれいに片づかない限り、秋篠宮家への『向かい風』が収まることはないない。このままでは秋篠宮殿下に対してだけではなく、悠仁さまに受け継がれる皇統にまで『向かい風』が吹く。この秋から皇室典範改正の議論が始まるが、国民の8割は愛子天皇を容認している。なんとしても悠仁さまを即位させたいK-プリンセス・モンスターは、この『向かい風』をなんとしても『追い風』に変えなければならない」
どうだろう?
どことなく皇族であるOPHLの方が、平民のK-プリンセス・モンスターの尻に敷かれている状況が見えてくるので??

It's no coincidence that men who are addicted to traveling to Thailand tend to have a strong preference for infant rape like priests(タイ旅行にはまる男性たちに、まるで聖職者たちのようにある嗜好が強い傾向があるのは偶然ではない)!

To be continued...


















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード