Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Even if you realize that you are not a very special person, if you say that you are no different from ordinary people, it would be impossible to maintain the imperial family(いくら自分が大して特別な人間でもないことを自覚しているからといって、自分が一般人と変わらないと言ってしまっては、皇室の維持は不可能になってしまうのでは)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆OPHLを狙い撃ちにすることに成功し皇室入りに成功し、国母にまで上り詰めたことに自己陶酔するK-プリンセス・モンスターの傍若無人さ。

①花瓶の角度(?)、窓枠のホコリ、ガラス窓の拭き跡などで再三再四執拗に小言を言いまくり続けるK-プリンセス・モンスター。
K-プリンセス・モンスターのその外見のイメージとはほど遠い悪魔の仕業に近い本質には、夫であるOPHLはもちろん、他の家族も辟易しているとか(?)。
「朝の朝礼。殿下が同席されることもありますが、このミーティングはもっぱらK-プリンセス・モンスターがイニシアチブをとられ、各職員に前日までの作業の報告をさせるとともに、その日の仕事内容の分担確認、注意事項などが言い渡されます。ここで、K-プリンセス・モンスターから、『それは違うでしょ』、『どうしてわからないの』などと実に細かく厳しいご指導を頂くのです」
「記者会見で質問に答えられるときの穏やかな口調とは打って変わり、宮邸でのK-プリンセス・モンスターは早口で、お声も高い。職員の不手際をご注意なさる一方で、仕事で報われることはほとんどなく、『それがアナタたちの仕事でしょ』とお考えになっています。実際に、『アナタ、うちで働けてウレシイでしょう』、『ありがたく思わないといけないわね』などといった、実にシビアなお言葉を浴びせられた者もいます」
「一人の母親として娘と一家の幸福を願うというのは常識的な感情だ。だが、皇族という立場から、その感情を抑えなければならないことにK-プリンス・モンスターは気づかれていないようだ。会社の代表が『社員のことなど知らない。自分の年収だけが心配』と言えば、その会社は社員からそっぽを向かれてしまい、会社そのものが成り立たなくなるだろう。皇室も同じことでは?
「キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚延期問題が勃発してからすでに2年あまりが経過したものの、秋篠宮ご夫妻はこの件について何1つ解決策を見いだせていらっしゃいません。それどころか、ご夫妻はお互いに責任を押しつけ合うような口論もされているようで、キンダーガートン・プリンセス・モンスターもますます疎外感を持たれているようです。過日、そのような状況を憂いて、他の宮家当主らが秋篠宮ご夫妻と話し合いの場を持たれましたが、時に議論が紛糾しK-プリンス・モンスターが取り乱される場面もあったのです」
「筆頭宮家である秋篠宮家にあれこれ口を挟むことは憚られることですが、宮家同士の会談に参加されたいずれの方々も、キンダーガートン・プリンセス・モンスターとK・Kクソッタレの結婚は破談にすべきとお考えのようです。秋篠宮家の内部だけでなく、宮家の間にも隙間風が吹き荒んでいるように思えてなりません。どうかOPHL、K-プリンス・モンスターにおかれましては、皇室の務めを思い起こしていただきたく願います」
「K・Kクソッタレが懸案事項を解決しないことには、秋篠宮家としては『助け舟』を出すこともできません。このままでは『立皇嗣の礼』にケチがつくのも避けられないでしょう」
「秋篠宮ご夫妻のお二人は、そろって、『立皇嗣の礼』で内外に宣明すれば、国民は祝福してくれるはずと思い込んでいる。そんなとき、他の宮家の方々の要望で、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚問題について会議。そこでは、『筆頭宮家が、このアリサマとは情けない。本当に大丈夫なのか?』、『しっかりと国民の声に寄り添って欲しい』などと次々厳しい声。ですが、秋篠宮ご夫妻はヘラヘラしながら、『キンダーガートン・プリンセス・モンスターに任せるしかない』、『何とかなるから大丈夫』などと責任放棄ともとれる発言を連発。どう見ても、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの暴走を止められないのは秋篠宮ご夫妻の責任。すると、お疲れになったのか、K-プリンセス・モンスターが、『国民の声なんかどうでもイイです。キンダーガートン・プリンセス・モンスターとウチが最優先です』とご乱心。このお言葉にカチンときたのか、寬仁親王妃、三笠宮家信子さまが、『K-プリンセス・モンスター、いい加減にしなさい。悠仁くんは未来の天皇になるのですよ。その母親であるアナタが、そんなことを言ってはいけません』と叱責。そうしたら、口に含んだ紅茶を吹き出しながら、K-プリンセス・モンスターが、『私は未来の皇后ですよ! 国母になる重い立場でストレスも多いんですっ。私の大御心にこそ国民は忖度すべきです!』と叫ばれました。それで、皆様すっかり白けて、そのまま会議は終了となりました」
どうだろう?
ある勢力の命令に従わざるをえないK-プリンセス・モンスターの複雑さが如実に現われているのでは?
それにしても、ここまで皇室での立場にこだわるK-プリンセス・モンスターが、なぜ「国民の祝福」は得られないキンダーガートン・プリンセス・モンスターのKKクソッタレとの結婚をよくシブシブでも許したと思わないか?
それこそ、誰もが感じていたように無期限延期状態にしなかったのか?

Even if you are encouraged by a certain force and gain the tremendous authority as planned, if you don't have a noble spirit in the first place, you wouldn't be aweed by others(ある勢力に後押しをされその絶大なる権威を予定通りに手に入れたとしても、もともと高貴な精神を持っていない人では、人に畏敬されないのでは)!

To be continued...





profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード