Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Some forces who relentlessly want to destroy Japan from within are trying to release the symbolic emperor system itself, aiming at the immature building block breaking royal family(日本を執拗に内から破壊したいと考えているある勢力どもが、未成熟な積み木崩し皇族を狙い打ちにし、象徴天皇制そのものを放擲しようとしている)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆OPHLを狙い撃ちにすることに成功し皇室入りに成功し、国母にまで上り詰めたことに自己陶酔するK-プリンセス・モンスターの傍若無人さ。

東仙坊、高円宮久子さまのコメントをもう少し精査したい。
何でも、この高円宮久子さま、令和皇后陛下ととてもイイ関係にあるというので、なおさら着目したい。
その前に、令和天皇陛下と皇后陛下が、どのくらいキンダーガートン・プリンセス・モンスターの恥知らずな結婚に関与していたかを、チェックしておきたい。
「両陛下とキンダーガートン・プリンセス・モンスターの間にコロナ禍でお会いする機会はなく、会話らしい会話の機会があったのは『立皇嗣の礼』の祝賀会のとき、非常に短時間。キンダーガートン・プリンセス・モンスターがお祝いの言葉を述べられ、両陛下も『ありがとうございます』とお言葉をかけられた。そして、皇后陛下は、『いろいろとありますが、カラダに気をつけてガンバって!』ともお声をかけられたそうです。キンダーガートン・プリンセス・モンスターは何も指摘を受けなかったこと。そして、皇后陛下の『ガンバって!』というお言葉をご『裁可』を頂いたと捉えたのかもしれません。それとも、国民に静粛を求めるために、意図的に両陛下を引用なさったのでしょうか? とにかく、両陛下はこの件を静観されているものの、結婚を許可しているという事実はありません」
どうだろう?
あくまで、皇位継承者第一位の弟である秋篠宮皇嗣殿下の懸命な大人の対応に、上皇陛下ご夫妻同様、お任せされていたのでは?
③K-プリンス・モンスターのなりふり構わぬ悪意や作為の影響は、「一般の家庭」なんかよりもはるかに強固に、「秋篠宮家の家庭」では広がってしまっているようである。
「両陛下を引用する、こういった策動はK-プリンス・モンスター仕込みでしょう。K-プリンス・モンスターはかつて、療養中の雅子さまに関して、関係者にウソの情報を流していたと言われています。こういった関係者からネタを仕入れた週刊誌は、K-プリンス・モンスターの作り話を元に雅子さまバッシングを量産したとか。K-プリンス・モンスターにとって、雅子さまは常に自分の行いを隠すためのスケープゴートのような存在。キンダーガートン・プリンセス・モンスターの件で静観を貫いている雅子さまをなんとか巻き込もうとされたのでしょうね。このようなK-プリンス・モンスターの雅子さまに対する行いは、2003年ごろからご体調を崩されていた雅子さまを、常によき理解者としてお支えしてきた久子さまも当然承知していました」
「雅子さまと久子さまの信頼関係はたいへん篤いです。おそらく、今回のキンダーガートン・プリンセス・モンスターの文書であたかも両陛下に許可を頂いていると言わんばかりの内容には、久子さまも、K-プリンス・モンスターの入れ知恵であるとお気づきになられているでしょう。久子さまは、面と向かって『K-プリンス・モンスター、内親王を、陛下や国民を愚弄するような品格の持ち主に育て上げたアナタには、皇族を名乗る資格はありません!』と最後通牒を突きつけたいお気持ちを、グッと堪えていらっしゃるようにお見受けします
ともあれ、高円宮久子さまは、威風堂々と異常な秋篠宮家に対峙する。
2020年11月8日に挙行された「立皇嗣の礼」を祝い、11月10日、皇居での天皇皇后両陛下や肺炎と心不全で入院した97歳三笠宮妃百合子さままでご出席しての祝賀行事をキャンセルなされたのである。
「10月の段階で、久子さまからは『祝賀会』へのご欠席の意向を賜っていました。祝賀会を拒まれた理由は挙げればキリがありません。1つは、OPHLが多忙を理由に、皇太子としての公務を信子さまに投げたうえで、謝礼を受け取れる宮家公務を優先していること。当時、宮家待遇を求めつつ、皇族費は皇太子同等の額を受け取ることを快諾されたとお聞きになると『実に秋篠宮らしい』と揶揄されながらも、深く落胆されていました。やはり、お心のどこかでは秋篠宮家の誠実な面を信じたいというお気持ちがあったのでしょう。また、久子さまはコロナ禍で多くの国民が苦しんでいる様に深くお心を痛められています。出席を促す宮内庁に対し『不要不急の儀式は収束してからでよいでしょう。急ぐのは私的な理由があるためでしょう』とピシャリ言い放ちました。久子さまは、極めて利己的な秋篠宮家の振る舞いに一石を投じたい、どうか国民のことを思いやってほしいという真心ゆえに、ご決断されたのです。最も大きな理由は、キンダーガートン・プリンセス・モンスターのお気持ち発表にあったと思います」
「久子さまはかねてより、K家との縁談は清算したほうがよいとのご意見でした。婚約会見でK・Kクソッタレが自身を太陽、キンダーガートン・プリンセス・モンスターを月と表現したことにも強烈な違和感を感じられ、大切な内親王のためにしっかりとした結婚相手を選ばなかった、良家との人脈を築かず、皇室利用目的の人物ばかりと交流する秋篠宮ご夫妻にも、問題を感じていらっしゃいました儀式終了の直後に、結婚宣言が発表されるとの情報をある筋からお耳に入れられると、『多くの国民の理解と祝福が得られるように…あのOPHLのお言葉はやはり偽りだったのですね』と涙を流されました。国民を思っての涙でしょう」
その通り!!!と共感して拍手喝采しているのは、東仙坊だけではないと思うが、どうだろう?

In the world of royalty, it might be the rule to always be a wise brother and a foolish brother(皇族や王族の世界では、必ず賢兄愚弟になるのが条理なのかも)!

To be continued...





profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード