Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Shouldn't the real Japanese people categorically prevent the royal females, who are the national polity of Japan, from being struck by the poisonous fangs of the motherfucker who is the scammer of the century(本物の日本国民なら、我が国の国体である皇族女性が、世紀のペテン師であるクソッタレオトコの毒牙にかかってしまうのを断固阻止すべきだったのでは)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

①キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、ICUの大学時代にK・Kクソッタレとつき合い始めている(2011年? or 2012年?)。
コヤツには、将来、天皇になると思われる15歳年下の弟がいるのである。
ということは、本人が望もうが望むまいが、天皇の姉になる宿命にあるのである。
では、コヤツには、皇族としての自覚だけでなく、その宿命に対する責任がどこまであったのか?
それ以上に、我が政府は、そして、宮内庁は、それから、コヤツの面倒看る秋篠宮家の担当は、イヤイヤ、一般家庭だって同じだと思うがコヤツの両親は、愛娘がつき合っているオトコをどこまでさりげなくどこまでチェックしたのか?
昔と違って、我が政府が、宮内庁なるものが、ロクでもない官僚どもの吹溜りになっていることは、事実。
事なかれ主義一辺倒で、品性もプライドもない、それこそ、一般家庭よりもレベルの低い皇族にガツンと諫言できるような宮内庁官僚など一人もいないのでは?
そんなことだから、得意の忖度や迎合やオモネリばかりで、「皇族の家庭」から「異常な家庭」になっても、我関せずなのでは?
さて、異常な両親に、甘やかされ放題で育てられジコチュウ剥き出しの未成熟なジコチュウになったキンダーガートン・プリンセス・モンスター、ジョン・レノンが歌うところの典型的な「クリップルド・インサイド」。
おそらく恋愛経験もほとんどナシ。
それゆえ、人を見る目はもちろん、男を見る目など皆無に等しかったはず。
一方、ある勢力が後ろ盾につくK・Kクソッタレの母親K・K、いわゆる「Resident Evil Mother : REM:内に潜む鬼母」の完璧なる「鵜」であり、パペットであるヤンキー崩れの三流スケコマシの得意技は、「カナディアン・インターナショナル・スクール」仕込みのフィジカル・アプローチ。
それだけじゃない。
可能な限り金のありそうな女性ばかりを狙ったうえ、その模様を卑劣に十八番の録画や録音し、ときにはリベンジ・ポルノとして脅迫するほどの最低のクソッタレ。
それはそうである。
胡散臭いある勢力、そして、自分で稼がず、自殺した夫の保険金や遺族年金、自殺した夫の父親の遺産を反社会性力を使って奪ったり、そして、夫の友人と婚約して金を絞り出すようなオンナの息子が皇族関係者になるというのである。
しかも、その金がほぼ自分のために使われている事実を知りながら、借金ではない、もらったものだと臆面もなく言い切る鉄面皮。
そう言えば、秋篠宮皇嗣殿下が目指すところの一般の人間が、とりわけ、男性が結婚で一番悩むのは生活力と経済力。
その点から言えば、このK・Kクソッタレ、婚約内定を発表したとき、結婚生活を送れるような稼ぎはナシだったはず。
経済観念にルーズな人間は信用されないという定石からすれば、よくこんなオトコをボーイフレンドに選んだだけでなく、何を考えて結婚までしようと思ったのか?
少なくとも、皇族の一員というだけで公益財団法人などの総裁職に就いたりしたぐらいで錯覚し、一般の人間たちが懸命に労働し、何かの生産に携わり、あまり高くはない賃金を手にして必死に生きているというのだということを全く理解していないことだけは確か。
そして、その労働活動や生産活動や経済活動のなかで、いろいろなトラブルやコンペティションに巻き込まれたりして、そのストレスやフラストレーションで苦しむことなど想像だにできないことも、確か。
もっとも、そんな一般社会、それこそ、低俗な世界とは無縁な世界だからこそ、皇室と言えるのでは?
だからこそ、我々一般国民、イヤ、平民が、毎日あくせく働いたお金でリスペクトされながら皇族の方々に生活していただいているのでは?
そう、我々一般国民の低俗な世界とは明白に異なる、清廉潔白で、崇高で、理想の聖なる家族で、我が日本の国体である皇室のスピリチャルな存在そのもの。
それこそ、我々の一般的に生活する次元とは違う、別の次元にある高みの世界だからこそ、我々が畏敬してきたはず。
だからこそ、今や、このジコチュウだらけになった世界に、唯一無二存在できているはず。
その見地から、このすっかり劣化した世界で、男女同権とか、LGBTとか声高に叫んで大騒ぎしている明確に我が日本人のような高レベルの精神性を持たないヒトびとが、我が国の皇室の存在意義などハナから共感できるわけもナシ。
それはそうだと思わないか?
干魃や洪水や戦乱で、住居も、仕事も、食べ物すらないのに、子どもを産み続ける動物ごときの人間とは名ばかりのヒトびとに、人道支援(?)することで自己満足しているヤツらがゴマンといるのが実状なのだから…。

If a father who allows his child to have a free love like the general public, not only to become an emperor, but also to become an emperor's father, the symbolic emperor system, which is unique in Japan's world, will collapse completely(我が子に一般国民のような自由恋愛を許可するような父親が、天皇になることはもちろん、天皇の父親になることを許したら、せっかくの我が国の世界に類のない象徴天皇制は完全に崩壊する)!

To be continued...



profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード