Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Did you forget that the lower rank masher who was reported as if it were the egg of a lawyer in New York, proposed to the princess when they were both students(まるでN.Y.の弁護士の卵かのように報道されている三流のナンパ師オトコが、皇女に対し二人とも学生の時代にプロポーズしたことを忘れていないか)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

東仙坊、ある勢力の影響下にある平民(?)母親のK・Kの娘であるK-プリンセス・モンスターの長女キンダーガートン・プリンセス・モンスター、同じくある勢力の全面バックアップを受ける平民(?)母親K・KであるREMの一人息子K・Kクソッタレ、2人の低俗な結婚問題を、REMとK・Kクソッタレの借金問題にすり替えてしまっている我が国の情けなくてみっともないマスメディアに激高している。
それこそ、この国も、とっくに中国の軍門に降り、おバカマスメディアに報道規制、言論統制でも敷いているかのごとし。
誰がどう言おうと、このバカップルの問題の根本は、天皇陛下の姪であり、上皇陛下ご夫妻の初孫であるキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、その皇族の一員である内親王としての自覚も全くないまま、できれば聖なる皇女であってほしいという国民の淡い期待まで裏切ったばかりでなく、その長い間守られてきた皇室の伝統を泥水の中にブン投げ、せっかく我々平民が我々とは違う雲上人たちの聖なる世界とおもんぱかっていた皇室の権威さえも踏みにじって、金も欲しさ剥き出しのヤンキー型三流スケコマシに我々の血税を捧げるような結婚をしようとしていること自体。
そう、皇族の結婚には、それなりの関門があって、人間としてパーフェクトでなくとも、家柄や学歴、特に品性を重視し、最後に天皇陛下が納得した相手と結婚する確固たる伝統と権威があったはず。
えっ、恋愛は自由だって?
そう、それこそが、今回の一番のポイント。
皇室の明確な一員でありながら、「所詮、自分はただの実兄の控え役」とヘンリー王子のようにイジけたのか、なぜか一般家庭のように自主性を重んじ、皇族らしからぬプライベートな自由を謳歌する秋篠宮皇嗣殿下、そして、その放埒な嗜好の犠牲者になりつつも、ある勢力から命じられたミッションを遂行しようと、メンタル・バランスを欠きながらヒステリックにその皇統を守ろうと躍起になっている秋篠宮皇嗣妃殿下、そんな両親の下で、子どもたちが品性の高い平常心を保つことがどれほど困難なことかは想像にたやすいのでは?
何しろ、秋篠宮皇嗣殿下ともあろうお方が、憲法第24条「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない/②配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚ならびに婚姻および家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない」を引き合いに、まるで一般国民のような結婚観を述べられていらっしゃるのでは?
それだったら、天皇も、憲法第10条「日本国民たる要件は、法律でこれを定める」に規定された日本国籍を有する「日本国民(国家構成員としての国民)」でありながらも、憲法第1条「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」に明記されているように、主権者としての国民ではないということを意味を十分にご理解なされていらっしゃるのか?と言いたくならないか?
我が国の国体である天皇は、「国民の象徴」として、自分の個人の幸せを追求するのではなく、自分を律しひたすら国民に尽くす特別な存在だからこそ、そして、その皇族たちも、我々一般国民よりもはるかに高潔で気高く聖なるモノに近い存在だからこそ、我々日本人はずっと真摯に敬愛し、雲上人であるがゆえに我々が献身する血税でお暮らしいただくことに何の疑問もなかったはず。
それほど、今まで、天皇は、日本国民と強固にしっかり結びついてきていたはず。
だからこそ、日本を貶めようとする勢力は、天皇の地位と権威をグジャグジャにしようと試みてきているのである。
どうあれ、極論すれば、いかなる時代でも聖なるモノに近い存在とされてきた天皇、そして、その皇族が、我々一般国民と同じように低俗化してしまったら、そう、我々平民と変わらぬ情けなくてみっともない存在になってしまったら、せっかくの我が国の国体である天皇も、そして、皇族も存在価値がなくなってしまうはず。
その意味でも、紛れのない皇族の一員で、なんと内親王であるキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、ゲスの極みであるK・Kクソッタレと結婚したことは、我が国の象徴天皇制そのものを破壊する行為とも言えるはず。
その点に十分留意しながら、もう一度、このバカップルの結婚までのプロセスを詳細に考察すべきだと思うが、どうだろう?
2人は、交際して、たった1年で、K・Kクソッタレの方から、キンダーガートン・プリンセス・モンスターにプロポーズしているとか。
つまり、まだ2人ともICUの学生であったときなのである。
ということは、K・Kクソッタレは、すぐにキンダーガートン・プリンセス・モンスターがOKしたら、どうやって結婚生活を送るつもりだったのか?
誰がどう考えても、キンダーガートン・プリンセス・モンスターに全面的に強請るつもりだった以外になかったと思わないか?
そう、皇族だからこそ浪費できる自分の公金であることも全く自覚していないキンダーガートン・プリンセス・モンスターの持ち金を一点に狙って…。

Isn't the imperial family living dignifiedly and gracefully with our blood tax because we the general public could respect them(皇族は、我々一般国民が尊敬できるからこそ、我々の血税で堂々と優雅に生活していただいているのでは)?

To be continued...


















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード