Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

His Imperial Highness Prince Akishinomiya had no intention of becoming an emperor, but as his wife and father-in-law told him, he tried to keep his brother from becoming the emperor, and as a result, he should become a motherfucker who sold his soul(天皇になる気など毛頭なかった秋篠宮皇嗣殿下なのに、妻や義父に言われるままに実の兄を天皇の座につかせないように策略を巡らせた結果、魂を売った人間になりさがってしまった)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

東仙坊、秋篠宮家の異常さ、そのOPHL、K-プリンセス・モンスター、キンダーガートン・プリンセス・モンスター、KKさま、そして、未来の天皇のH-sonさまのアブノーマルさを検証する前に、どうしても触れざるをえないイヤなエピソードがある。
それは、指摘する「ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家」の行動によって、平成天皇が譲位を決断し、令和天皇誕生に繋がったという隠された真相のことである。
そう、K-プリンセス・モンスターの母親の裏で跳梁跋扈するある勢力と結託したK-プリンセス・モンスターのおかげで教授になれたK-プリンセス・モンスターの父親の仲間である学者どもや評論家どもが展開した、皇太子ご夫妻に離婚や退位を迫る、「皇太子殿下、ご退位なさいませ」という「廃太子論」。
もしこのまま皇太子妃が宮中祭祀を受け入れられないなら、皇后としての資質に疑念があると言わざるをえないから、皇室の皇室たる所以である宮中祭祀を維持するためには、離婚もやむをえない。
しかしながら、皇室典範に明確にあるように、皇后の離婚は想定すべきものではなく、お代替わりが起こった後では離婚できなくなる。
それゆえ、皇太子妃がこのまま宮中祭祀を受け入れることができない事態が続くならば、御代替わりの前に離婚という事態も想定せざるを得ない。
けれども、「一生全力で守ります」と皇太子妃にプロポーズされた皇太子殿下が、離婚を受け入れるとは思えない。
せっかく皇太子ご夫妻よりも秋篠宮ご夫妻の方が、天皇皇后両陛下を深く理解し(?)、皇族としての強い責任感を抱き(?)、将来の天皇、皇后にふさわしい資質を持つ(?)というのにである。
そこで、皇室典範第3条にある「重大な事故」を拡大解釈し、皇位継承権第1位の座を皇太子殿下からOPHLに移すことを考慮しても問題はない。
そして、大プロパガンダをしたのが、皇太子ご夫妻は、将来の天皇皇后両陛下の地位に相応しくないのだから、皇太子一家としての地位を放棄し、秋篠宮家に皇位を委譲すべきという人間の資質無視の屁理屈。
もちろん、それらのレベルの低い術策に、聡明な平成天皇陛下と皇后陛下がお引っかかりなるワケもナシ。
自分たちが、上皇陛下と上皇后陛下におなりになって、チョン。
それでも、ただで転ばないのが、Kの血を引く、強欲剥き出しの秋篠宮一家。
皇位委譲の代わりに要求したのが、筆頭宮家として、「あの他の宮家の方々のような三下とは格が違いますから、その点ご理解お願いします」とのたまう他の宮家から区別された特別な地位の保障。
そのうえでの過去に前例のない伝統破りの全く新しい儀式「立皇嗣の礼」のコロナ禍の下での強行。
そう、OPHLが、現時点での皇位継承の最有力候補、暫定的な皇位継承の有資格者であることを大々的にお披露目するセレモニー。
それも、またまた数千万円の血税を使用して…。
その開催を強く要望したのが、K-プリンセス・モンスター。
いくら宮内庁が、「『立皇嗣の礼』の開催は、OPHLの即位を約束するものでも確定させるものでもない」と繰り返し説明したというのに、馬の耳に念仏。
それはそうである。
ある勢力の特命を受けた自分のK家両親から徹底的に叩き込まれた表面上の微笑みを浮かべ、その目的を完遂すべく、OPHLを国内外に知らしめつつ、溺愛する自分の息子(?)のH-sonさまを将来の天皇に即位させ、自分が国母になる前段階として、できたらOPHLを天皇に即位させ、H-sonさまを皇太子にしたいと夢見るK-プリンセス・モンスター。
そのK国の十八番であるプロパガンダ上手のある勢力を巧妙に活用し、マスメディアをコントロールし、天皇陛下や他の皇族方の評判を貶めようとする姑息で陰険なオンナ。
それは、二女KKさまの服装がラフだと心配した平成皇后陛下が、K-プリンセス・モンスターに、「少し控えめに…。国民の皆さんに不快な感情を与える恐れのないように」と注意されると、「もう時代が違いますから」と平成皇后陛下に即座に返したり、自分のライバルと決めつける皇太子妃が笑顔でいらっしゃるときに、K-プリンセス・モンスターは、「私はご病気ではありませんよ」と唐突に発言したことでも、証明ズミ。
どうだろう?
一般の家庭のように、ストレスフルな勤労生活を送ったことのない秋篠宮家のヒトびとが、その皇族という特殊な世界でだけ暮らしていると、いつのまにか皇室ならではの権力闘争の渦中に入り込んでしまうのは、ある意味自然かも知れないが、K-プリンセス・モンスターの場合は自分の意見だけではないから、よりその権力欲の虜になってしまっているのでは?

At any given time, the forces of a certain country that wriggles to destroy our country from within are aiming for the collapse of the imperial family(いつの時代も、我が国を内から破壊しようと蠢くある国の勢力は、皇室崩壊を狙っている)!

To be continued...









profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード