Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Isn't it only a matter of time before the imperial family, who says that they are close to the people by mouth and enjoys the special treatment, would fall(口で国民に寄り添うとい言いながら、その特別待遇を満喫しているような皇族では、没落するのも時間の問題なのでは)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

東仙坊、メチャクチャたくさんあるSNSや週刊誌の情報のなかから、自分なりにどこか納得できる、そして、どこか信憑性を感じられる秋篠宮家の異常さを垣間見れるものを、必死にピックアップ。
そう、キンダーガートン・プリンセス・モンスターとOPHLが、誹謗中傷の一言で片づけようとしている限りなく真実に近いソースをキャッチアップ。
秋篠宮邸では、ご家族一人一人の好みに合わせて、料理の温度を微妙に調節するのが決まりだというから、どこが一般家庭を目指すだと思わないか?
キッチンで職員が料理を温め直していると、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが駆け寄り、「今日の晩ごはんは、何ですか?」と尋ねる。そんな姉の陰に隠れて、後ろから控え目に覗き込む妹のKKさま。OPHLは、ソファに腰かけギターをつま弾きながら料理がテーブルに配膳されるのを待っている。ある日の夕食でのこと。K-プリンセス・モンスターが、H-sonさまが料理を食べ残しているのに気づき、『今は成長する時期なのだから、出された食事はちゃんと全部食べなきゃダメよ』と叱った。すると、H-sonさまは気が進まないようすだったが、残さず食べ切ったが、母親が席を外していなくなると、食べたものをその場で全部吐いてしまった。そばで一部始終を見ていたキンダーガートン・プリンセス・モンスターは衝撃を受け、介抱しながら、『どうしたの? 大丈夫?』と声をかける。H-sonさまは『ちょっと調子が悪いだけだよ』と答える」
どうだろう?
未来のクィーンは料理をしないばかりか、食事中に席を離れるとは?
そして、もしかして天皇になるかもしれない皇嗣殿下は、配膳されるをギーターを弾きながら待つとは?
それから、未来の天皇はムリして食事を詰め込んで吐くとは?
日常の食事風景がこんな家では、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚が頓挫してから、その食事のときのムードが最悪になるのが当たり前。
その典型が、これ。
「キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、『夕食時など家族で団欒をしている際に、自由に話ができないことが苦しい』とおっしゃていました。OPHLは、家長としてのお立場上、キンダーガートン・プリンセス・モンスターに話しかけづらい(?)。一方、K-プリンセス・モンスターは結婚には絶対反対なので、キンダーガートン・プリンセス・モンスターのほうが会話をしたくないワケです。妹のKKさまは、お姉さまの味方なので、キンダーガートン・プリンセス・モンスターに同調して、同じく両親と話そうとはしなかったそうです。キンダーガートン・プリンセス・モンスターが一番懸念していたのは、H-sonさまへの影響でした(?)自分たちのギクシャクした関係がH-sonさまに伝わってしまう。それがまだ小学生だった弟の心に、どれほど深刻な影響を与えてしまうか、考えただけでもツラい、と。だから自分を偽って、K-プリンセス・モンスターとはまるで仲がよいかのように振舞っている(???)、そうおっしゃっていました」
どうだろう?
まさしく家庭内のコミュニケーション・ブレイクダウンなのでは?
では、この劣悪な状況を打開するには、どうしたらいいのか?
それは、一般家庭も、皇族家庭も同じだと思うが、家長であるべき父親の強力なリーダーシップ、磨き上げられた人間性、人生の長者としての確固たるフィロソフィーしかないと思うが、どうだろう?
となると、いつも優柔不断でいい加減で、それ以上に妻や子どもたちに畏敬されない日常の素行(!!!)、いわゆるディグニティやステイタスの欠如が家長である父親にあったと考えるべきなのでは?
実際、OPHLの人間としての未熟さは、皇族としての自覚のなさは、日ごろから、明白。
一度決めたことを絶対に譲らなかったり、皇族として前例破りの行動であってもあえてやってみせたりするところは、OPHLとキンダーガートン・プリンセス・モンスターは親子で瓜二つです。OPHL自身も、K-プリンセス・モンスターとの結婚を決められた際には、『昭和天皇の喪中なのに(!!)』とか、『兄の浩宮よりも先にするなんて』などと世間からのバッシングがありましたが、本人の意思は揺るがなかった。学生時代には自ら、『自然文化研究会』という新しいサークルを作って旅行に出かけたり、自分の興味がある生物学を学ぶために他大学の教授を招いて講義を聞いたり、一緒に飲み会を開いたりしていた。前例にとらわれず、自分の思うがまま、自由に振舞うことがお好きなのです。今回の一連の騒動を見ながら、そういった面がキンダーガートン・プリンセス・モンスターにもしっかり引き継がれていると思いました」
どうだろう?
この当をえた意見は、かなり言い得て妙なのでは?

Even in ordinary households, a father who loves his daughter sometimes has an illusion of that affection. Even more so, in a closed imperial family, isn't that illusion even more intense(一般の家庭でも、娘を溺愛する父親はときとしてその愛情を錯覚するもの。ましてや、閉鎖的な皇室では、なおさらその錯覚は激化するものなのでは)?

To be continued...





profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード