Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Don't you think the responsibility of the imperial family and the Imperial Household Agency, which made a girl born in a naive and hard-headed imperial family so blind, heavy(世間知らずの頭の固い皇室に産まれた女子を、ここまで人を見る目がない人間にしてしまった皇族の両親と宮内庁の責任は、相当重いと思わないか)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

東仙坊、一般家庭としても異常、皇族の家庭としてはさらに異常な秋篠宮家と糾弾している。
当然、その家族たちも、それぞれに異常。
まあ、コミュニケーション・ブレイクダウンの家庭では、そうなってしまうのは、必然。
今回のキンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚問題だって、その結婚相手が完全無欠の男でなくても、それなりの普通の男なら、我々国民をそれなりにお祝いして歓んで受け入れたすべてが丸く収まったはず。
それで、万事メデタシ、メデタシであったはず。
それなのに、なんとキンダーガートン・プリンセス・モンスターが選んだオトコは、外見も中身も、典型的な三流スケコマシ。
それも、2人ともサイコパス的遺産・保険金詐欺シリアルキラーもどきの異常な母子。
それは、2人の恥知らずな借金の多寡の問題よりもシリアスなのでは?
では、なぜキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、そこまで唯我独尊型の意固地なジコチュウお化けになってしまったのか?
もう一度、そのそれぞれの性格を徹底検証。
「普段からの挨拶や感謝などの躾に加え、OPHLが何より大切になさったのが、お子さまたちの個性を尊重し、自主性を伸ばすという教育方針です。それがカタチになって現れたのが、大学進学。過去の皇室の慣例に従う学習院大学ではなく、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、皇族として初めてICUへと進学しました。OPHLとしても、その後の国際的な活躍もお考えになって後押しなさったのだと思います」
どうだろう?
一般家庭も同じだと思うが、個性を尊重し、自主性を伸ばすというような発想の教育は、とかく子どもをジコチュウにしがちなのでは?
仮にも皇族の一員である以上、少しでも聖なる高貴な存在である責任とプライドを持たせられるように、国民の信頼と敬愛を受けられる人格であるように、育てる責任が秋篠宮家ご夫妻にはあるのでは?
「もともとパパっ子のキンダーガートン・プリンセス・モンスターは、OPHLの教えに従い行動しながらも、同時に自由に生きたいとの思いを強くしていったのでは? 公務は真面目に、プライベートは自由にというのは、OPHL譲りの生活スタンス(???)です。ときには、より活動的な性格の妹のKKさまと、お忍びでの買い物にも出かけたとも聞いています。息苦しい皇室での暮らしから早く抜け出したい(?)、との思いを抱えていたのでしょう。そんなときK・Kクソッタレとの出会いがありました」
ここからは、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが実際に話したことだけ彼女はをベースに、その結婚までのプロセスをフォーカスしてみたい。
①キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、2017年9月の婚約内定発表の席で、「天皇陛下のお許しを頂き、婚約が内定いたしましたことを誠にうれしく思っております。婚約内定発表の具体的な時期が決まる前の突然の報道で多くの人にご迷惑をおかけし、申し訳なく思っております…出会いは大学1年のころ(2010年)。当初はすれ違うと軽くあいさつをする程度だったが、2012年交換留学生の説明会を機に親しくなり(?)、留学前に交際を始めた。お互いにおつき合いをする人は結婚を考えられる人でありたいとの気持ちがあり、当初から結婚を念頭に置いていた。2013年12月、K・Kクソッタレにプロポーズされ、私の心は決まっておりましたので、その場でお受けいたしました。実演はご遠慮申し上げるのですけれども、ファーストネームで呼び合っております」。
ついでに、K・Kクソッタレは、「夜空にキレイな月を見つけ、思わず電話した。月のように静かに見守って下さる存在で、愛情深く、確たる信念を持っているところに強く惹かれた」なんて露骨にメチャクチャ臭くのたまわっていた。
誰もがご存知のように月は死んだ地球唯一の衛星で、その輝きは太陽の光を反映しているだけ。
そう、まさに太陽の言いなりのような存在???
②2011年10月、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、20歳の成人になったときに、「父」と「結婚」について触れている。
「かつてはよく怒る父親でございましたけれども、最近はすっかり丸くなっております。昔は全般的によく怒る、本当にもうそれしか言いようがないのですけれども、厳しいこともありました。厳しく躾てくれたこと(?)に感謝しておりますけれども、導火線が少々短いところがあったと申しますか…(!!!)」
「両親、特に父は、私の年のころには結婚を考えていたようですけれども、私はまだあまり結婚については考えたことはありません(??)」

Wouldn't you be surprised from the bottom of your heart that there is a 30-year-old Japanese woman who believes in a man who says something so white with teeth nowadays(今どきここまで歯の浮いた白々しいことを言うオトコを信じる30歳の日本女性が存在するなんて、心の底から驚かないか)?

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード