Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

What did the princess think about living when she proposed to each other immediately? At least, is it certain that it has nothing to do with the hardships that many people are experiencing(学生同士のプロポーズに即断OKをした皇女は、生活することを一体どう考えていたのか? 少なくとも、多くの国民が味わっている生活苦などとは全く無縁なことは確かでは)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

③ここは、ちょっとその信憑性を確認のしようがない宮内庁関係者からのリーク(?)に、素直に注目。
「交際を始めてからというもの、2人はK・Kクソッタレの自宅のある横浜方面で幾度もデートを重ねてきました。秋篠宮ご夫妻のご意向もあり、護衛は遠巻き(??)。そのおかげで、2人きりで過ごす時間もあった(?)ようです」
「すべてが新鮮で、目からウロコが落ちる思いだったでしょう。キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、それまで知ることのなかった自由な世界に一度身を置いた。だからこそ、『デート報道』以降、皇族という立場の不自由さを改めて痛感し、自由への渇望を強めることになったのではないか」
2016年、週刊誌が電車内で寄り添う2人の様子を写真つきでスクープした。キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、交際相手の存在が露見したことで、それまでのように気ままにデートを楽しむことはできなくなってしまったようだ」
「自由を失ったような息苦しさを感じ(?)、どうにか現状から逃れられないかと思案したようです(?)。ときにはKKさまとも励まし合いながら、つらい時期を乗り越えたといいます。姉妹がそのように考えたのは、秋篠宮家の教育方針も影響していたように思います」
「キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、非常に芯の強い方です。K・Kクソッタレがどんなにマスコミに騒がれようとも、『彼は何も間違ったことはしていない(???)個人の人権が尊重される時代にあって、なぜ、ここまで寄ってたかって批判されなければならないのか(?)』と心底疑問に思われていた。ですから、思い悩まれる家族を心配しながら、それでも、結婚を諦めるという発想はキンダーガートン・プリンセス・モンスターの中になかったはずです」
④実は、OPHLは、自分の誕生日会見で、娘たちの結婚についての質問に答えている。
娘ですので、近くにいてくれたらいいとは思いますけれども…
どうだろう?
ここに、OPHLの娘たちに対するある考えが透けて見えてこないか?
東仙坊、後で詳述するつもりだが、有料の公務を優先するOPHLらしい権力主義的甘い考えがすでにあったことは間違いない。
⑤2013年、ICUの大学院進学を希望していたキンダーガートン・プリンセス・モンスターは、すでに書き込んだように5ヵ月後のICU卒業を控え、ICUの交換留学制度を利用し、エディンバラ大学に留学。
学生寮での生活をエンジョイし、スーパーなどでのショッピングも謳歌し、1ヵ月ほどヨーロッパ旅行し日本に帰国。
そのときの留学体験リポートを公表している。
「自分は最初、留学するなら大学院で留学しようかと考えていました。しかし、エクスチェンジ経験者の方からお話を伺って、2011年の夏休みにアプライすることを決定しました」
「(携帯電話の手配は?)現地でプリペイドを買いました(???)
「(生活上で注意すべきことは?)歩きにくい道が多いので、ヒールは危険です」
「(寮の食事は?)まあまあ。マズいと言う人もいましたが、そこまでではありません」
「どちらかと言えば派手でお金がある新入生が多かったようで、毎晩のようにクラブに出かけて部屋や共有スペースでパーティーをしているような人が多かった。私は盛り上がって楽しむのも好きだが、基本的にゆっくりお茶を飲みながらオシャベリする方が好きだったので、そこからして合わなかった」
「他の授業の課題もあるし、ワガママなことに勉強だけやるのもイヤだった(?)ため、どうしてもその授業に割く比率が割くべき比重より低くなり、生まれて初めて単位を落とすという経験をした」
「私のポリシーは、『イイコトも悲しいコトも貴重な経験になると信じる』だった。それを実際に信じていたからこそ楽しんで留学生活ができた。ガンバり過ぎないこと、ときには失敗したっていいやと思いながら過ごすことが大切だと思う」
どうだろう?
男と言えば父親のOPHLしか知らなかった(?)キンダーガートン・プリンセス・モンスターが、初めて知った他人であるオトコであるK・Kクソッタレとヨーロッパで過ごした生まれて初めてのめくるめく時間…。
しかも、オトコは、ワイフ・コンプレックスの父親に似たマザ-・コンプレックス丸出しの斜に構えたいい加減なオトコ、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが、「ストックホルム症候群(東仙坊が名づける『アウトロー憧憬症候群』)」になって、たちまち夢中になってしまったのも当たり前。
さて、そうなると、頑迷固陋でせっかちなキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、2013年12月、K・Kクソッタレのプロポーズを受け入れておきながら、婚約内定発表まで、約4年もかかったのか?

The distorted marriage of the princess must be all due to the imperial parents' attempts to put them on their side and live gracefully with the creation of a new palace(この皇女の結婚が歪んだのは、皇族の両親が新たな宮家創設で自分たちの側に置いて優雅に暮らさせようと企んだことがすべての原因)!

To be continued...












profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード