Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Taking the “up to 3 years of enthusiastic love theory”, I have decided that a motherfucker who could declare “I love you” must be a lie four years after the announcement of the engagement offer without being satisfied(「熱愛期間最大3年説」を取るので、婚約内定発表から満足に会わないまま4年も経って、「愛してます」と明言できる人間はウソつきと決めつけている)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

⑥東仙坊がプロファイリングする、キンダーガートン・プリンセス・モンスターがK・Kクソッタレのプロポーズを受けてから婚約内定発表までの約4年間の秋篠宮家の真相。
最初は、K-プリンセス・モンスターが、K・Kクソッタレのバックに見え隠れるするある勢力が、自分のバックボーンである勢力と協力し合えるとの判断から、自分の両親と綿密に相談したうえで、全面賛成したはず。
それに対し、異常なほどキンダーガートン・プリンセス・モンスターを溺愛し、側に置いてきたいOPHLは、K・Kクソッタレの収入が安定していないことを盾に猛反対したはず。
けれども、不自由で面倒臭い皇室から、離れたいキンダーガートン・プリンセス・モンスター、メチャクチャOPHLに抵抗したはず。
そこで、名誉欲と自分の夢に固執するK-プリンセス・モンスターを懐柔するアイデアを出す。
それは、当時、かなり煮詰まっていた女性天皇、女系天皇容認の動き。
そこで、いろいろな意味で、キンダーガートン・プリンセス・モンスターを手放したくないOPHL、一計を講じる。
万一、女性天皇か女系天皇が承認されたら、筆頭宮家の年齢的にも適齢になりそうなキンダーガートン・プリンセス・モンスターが天皇になるチャンスが生まれる。
この話は、K-プリンセス・モンスターの心の芯まで蕩かしてしまった。
OPHLとK-プリンセス・モンスターの2人だけでなく、K・Kクソッタレの母親のREMことK・Kはもちろん、両家の後ろ盾になっているある勢力までが、すっかりその気になって、キンダーガートン・プリンセス・モンスターとK・Kクソッタレに結婚を少し待ちなさい!と有無を言わさず命令したはず。
そして、その一方で、その気運をせいぜい女性宮家創設の話で留め、亡くなったばかりのK-プリンセス・モンスターの父親などを使って、女性天皇や女系天皇阻止にも動く策略家。
それはそうである。
自分が、自分の愛息が次の天皇になる予定になっているのだから…。
そう、秋篠宮家にとっての本当の最優先懸案事項は、H-son親王の皇位継承だけ。
それで、蛇足ながら、優柔不断でいい加減なOPHLの「帝王教育」にも触れておきたい。
「幼稚園に行って、それから小学校、だんだん上の学校に行くワケですが、そのような中できちんとした社会生活(?)をできるようになってくれればと思います。そう、早い段階から子どもたちの社会でもまれさせることはイイコトだと思います。また、それと同時に、皇族としての自分の立場も追々自覚し、これは前に娘たちのことでお話ししたこともあったかもしれませんけれども…これも上の二人の娘と同じことになりますけれども、自分が関心のあることなどを深めていってくれればイイなと私は思っております」
それに対し、こんな話も?
「H-sonさまが学習院ではなくお茶の水女子大附属小を選ばれたのは、高校で筑波大附属校に進み東大を目指すためではないかと言われてきました。問題は、その筑波大附属校とお茶の水女子大附属校との間に『提携校進学制度』ができたことです。数名が無試験でお互いの高校へ進学できるようになりましたが、制度ができたのがH-sonさまの中学受験のタイミングと重なったため、H-sonさまのための制度ではと邪推する声が上がりました。キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚問題で秋篠宮家が逆風にさらされるなか、H-sonさまが仮にこの制度を使って高校へ進学すれば、さらに非難が集まると秋篠宮ご夫妻は気にされているのかもしれません」
「OPHLは、H-sonさまが将来、キンダーガートン・プリンセス・モンスターのように『皇室を出たい』というお気持ちを抱いてしまわないか、大変心配なさっているのです」
どうだろう?
H-sonさまだけじゃなく、誰もがこんな異常な一家から逃げ出したくなるのは、当然なのでは?
そこで、東仙坊、皇族の自覚に乏しいOPHLにお尋ねしてみたいことが、1つ。
久邇宮家の男子で海軍兵学校に入学した久邇邦昭が、井上成美校長から、「皇族の将校はより重い責任がある。より一層実力がなければならぬ。上になればなるほどワガママを抑えねばならぬ。自ら苦痛を耐え忍んで下々のものに想いをいたし、下々のものが苦境に立たないようにせねばならぬ」と諭されたということを、どうお考えになるのか?ということ。
さて、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの婚約内定発表までの話に戻りたい。

I think His Imperial Highness Prince Akishino should have once entered the Naval Academy and trained his spirit by the principal, Shigeyoshi Inoue(秋篠宮皇嗣殿下は、一度海軍兵学校に入って校長の井上成美に精神を鍛錬されるべきだった)!

To be continued...






profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード