Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

If you try to force a daughter who is closer to the physical group than the brain group to learn, it would make you a sensory group who couldn't grasp things deeply(どちらかというと頭脳派というよりも肉体派に近い娘を、強引に学習させようとすると、モノゴトを深く捉えられない感覚派にしてしまうもの)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

昨年10月31日、秋篠宮家で、キンダーガートン・プリンセス・モンスターと妹のKKさまが共通の友人とハロウィンパーティーをオンラインで開催したとか。
KKさまは、チャイナ服。
キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、シスターの修道服衣装に超ミニ丈のスカート。
そして、最大のポイントが、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの腕、デコルテ、太ももなどに施された、「K・Kクソッタレ命」、「K・Kクソッタレのモノ」といった文言の無数のペイント。
それを見たOPHLが、『まさか、あのオトコにここを…』と恐る恐る問うと、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは勝ち誇ったような笑みを浮かべて、『ええ、全身が(!!!)』と意味深に返答したとか。
どうだろう?
完全に異常な家庭だと思わないか?
とりわけ、父親であるOPHLと長女のキンダーガートン・プリンセス・モンスターとの父娘関係は、異常そのものなのでは?
いくら自分が異常なほど寵愛しているからといって、子離れができない身勝手で未熟な親だからといって、一家の長である父親が、なぜそこまで娘に気を遣ったり、遠慮したりせざるをえないのか?
そして、いくら自分を溺愛する父親だからといって、やっと親離れしようとしている鈍感で未熟な娘だからといって、娘に父親に対する尊敬の念がカケラさえもないのはなぜ?
父親がよほどの弱味を娘に握られているか? 娘が父親のよほどの弱味を握っているかのどちらかなのでは?
東仙坊、それでメチャクチャ気になることが、2つ。
1つは、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが言うところの弟で未来の天皇であるH-sonさまの秘密って、一体何?
2つ目が、30最直前の娘が、あえて自分が、しかも、全身がフィアンセのクソオトコのモノと言う異常さって、一体何?
そもそも、自分が誰々のモノかのように考えること自体がナンセンスだということさえわからない頭なのでは?
では、文書発表から約3年間、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、何を考え、何をしていたのか?
あまり賢くない弁護士志望ではないK・Kクソッタレが、ナルシスト丸出しのバカな長ったっらしい文章を公開したから、状況は最悪。
2018年、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、「私はもうダメかもしれない。もうこれ以上、公務はできません」というまでに落ち込んだ状態だったとか。
2019年、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚は、半恒久的に凍結されそうな流れだったとも。
そ、そ、そんななか、大きく潮目が変わるデキゴトが起きる。
民主党のオコチャマ政権が始めた女性宮家創設に乗り気じゃなかった安倍晋三首相が、またしても辞任。
それによって、親韓派の自民党のヤカラどもが主役の座を担うようになったために、自民党と宮内庁が推進する「安定的な皇位継承策を議論する政府の有識者会議 (座長清家篤元慶応義塾長)」が、今年3月、再編復活。
そして、岸田文雄政権が発足すると、一気に加速。
それはそうである。
座長の清家篤は、OPHLが上皇陛下から引き継がれた日本学術振興会賞・日本学士院学術奨励賞・日本学術振興会育志賞などの授賞式を通じてモノが言える下働きのような存在。
他の5人だって、大橋真由美上智大学法学部教授/宮崎綠千葉商科大学教授/中江有理女優/細谷雄一慶応大学法学部教授/冨田哲郎JR東日本取締役会長というレベル。 
突然、10月26日、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが懲りずにk・kクソッタレとの結婚を表明するやいなや、11月30日、OPHLの誕生日にはなんと、第11回目の会合を開催。
そして、「秋篠宮ご夫妻の長男H-sonさままでの皇位継承はゆるがせにしてはならない」としたうえで、「皇族数の減少が喫緊の課題である」ことを改めて確認。
それから、女性皇族の婚姻後の皇族の身分保持と皇族の養子縁組を可能とすることで皇統に属する男系男子が皇族となることを可能とする皇族確保策2案を軸に意見集約。
12月6日、政府は、「現在、皇位継承資格を持つのは、OPHL/H-sonさま/上皇さまの弟の常陸宮さまの3方で戦後最少となっている。
キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚にともなう皇籍を離脱し、皇族の方々は17方に減少しているので、その2案を採用する方向だ」と発表。
清家篤座長も、「皇族数の確保策として示された2案について、実現するのはどちらかではなく、どちらもということではないかと理解している。皇族数を確保するためにはどちらも可能性としてあり、客観的にこういう選択肢があり得るということだ」と発言。
「安定的な皇位継承策を議論する政府の有識者会議」事務局も、「女性皇族が婚姻後も皇室に残る案に関し、恒久的な制度とすることが適当ではないか」などと報告。
どうだろう?
まさに、キンダーガートン・プリンセス・モンスター救済案だと言えるのでは?

The Miyake, who has a royal boy who wanna make a luxury life with blood tax for a royal girl who is trying to marry a man whose income is not stable, must soon disappear(収入の安定しないオトコと結婚しようとしている皇族女子に、なんとか血税で贅沢な暮らしができるようにしてあげたいと考えるような皇族男子がいるような宮家は、じき自然消滅するに違いない)!

To be continued...






profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード