Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Shouldn't the royal family be cut off if a member of the royal family easily rides on the minions of a cult-smelling cult group(皇族の一員が、胡散臭いカルト教集団の手先の口車に安易に乗るようでは、その皇族一家は断絶されるべきなのでは)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

⑨10月1日、宮内庁長官と秋篠宮家側近トップ(?)加地隆治皇嗣職大夫が、精神科医をともなって記者会見。
「キンダーガートン・プリンセス・モンスターが、10月26日にK・Kクソッタレと入籍し、その後、記者会見に臨まれる」と発表。
「秋篠宮家の長女キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、『複雑性PTSD』との診断を受けられている。ご自身とK・Kクソッタレ、その家族に対する誹謗中傷が行われている(?)と感じられているからである。そのために、結婚発表会見で質疑応答は行えない。また、女性皇族が結婚して皇籍を離れるに際して支払われる最大1億5250万円に上る一時金について、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは以前から高額すぎるとして躊躇いを感じていらしたそうで、このため一時金についてはキンダーガートン・プリンセス・モンスターの辞退したいとのお考えを尊重し、不支給が決まりました。さらに、OPHLが、昨年の誕生日会見で『決して多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない』と述べられたことを踏まえ、その後も状況に大きな変化はないと判断して一般の結納に当たる納采の儀などの儀式や結婚式、披露宴は執り行わない。 これは戦後の皇室としては異例中の異例なことですが、キンダーガートン・プリンセス・モンスターはご入籍後、K・Kクソッタレとともに渡米し、現地で新婚生活を始められることになります。キンダーガートン・プリンセス・モンスターのPTSDについては、秋篠宮ご夫妻が『大変心配なさっている』と見受けられました。『絶対に結婚する』というキンダーガートン・プリンセス・モンスターの強い思いを完遂させるために、他の様々な事柄をそぎ落とし、入籍実現の一点に絞って計画を進めていらしたようです」とも発表。
そして、実際、10月26日、借金など返す必要はないとK・Kクソッタレに指示していたと自ら供述なされたキンダーガートン・プリンセス・モンスター、顎でたびたびK・Kクソッタレを促し、一般男性のように自分を「愛しています」と言わせつつ、一方的な結婚報告会見。そう、帝国憲法下では現人神だった昭和天皇でさえ、戦後、『私』よりも『公』を優先し敗戦に鬱ぐ国民を励ますため全国巡礼の旅に出て国民に寄り添われた事実を顧みず、上皇陛下がプロポーズの際、上皇后陛下に『公的なことが最優先であり、私事はそれに次ぐもの』と述べられたことも無視し、天皇陛下がコロナ禍のなか今年の元日に当たって国民に向けて異例のビデオメッセージを発せられたことも気にせず、『公』よりも『私』を優先するキンダーガートン・プリンセス・モンスターは、昨年11月13日に公表されたお気持ちの文章の中で、『結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択』と綴られたように、ご結婚に否定的な意見が国民のなかに根強いことなど全く考慮せず、夫に何の感謝の気持ちを言わせないまま、結婚しました宣言。
もっとも、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚宣言のお言葉から、東仙坊、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが今いかなる状況にあるかがハッキリ見えたのだが…。
現在、新型コロナウィルス感染症の影響が続き、 大変な思いをされている多くの方々に お見舞いを申し上げます。
そして、困難の中にある人を助け、私たちの生活を支えてくださっている方々に深く感謝申し上げます。
本日、皆様にお伝えしたいことがあるため、このような場を設けました。
私が皇族として過ごしてきた中で抱いてきた感謝の気持ち、私たちの結婚を心配し、応援してくださった方々への感謝、これまでの出来事の中で私たちが感じてきたことや、結婚への思いなどについてお話したいと思います。
これまでおやさしいお導きのもと、皇族としての仕事を自分なりにできる限り大切に果たそうと努めてまいりました。
この30年間、たくさんの方々に助けられ、見守られ、支えられてきました。を込めて私と一緒に仕事をしてくださった方々に、から感謝申し上げます。
訪問した先々では、たくさんの方々がやさしい言葉と笑顔で迎えてくださいました。直接お目にかかる機会のあった方も、お目にかかることのなかった方も、私に温かい気持ちを向けてくださった全ての方々に、から感謝申し上げます。
数々の出会いが私にとってどれほど大切であったか、到底言い表すことができそうにありません。これは今後も決して変わらない思いです。
私とK・Kクソッタレの結婚について、さまざまな考え方があることは承知しております。ご迷惑をおかけすることになってしまった方々には、大変申し訳なく思っております。また、私のことを思い、静かに心配してくださった方々(?)や、事実に基づかない情報に惑わされず、私のK・Kクソッタレを変わらずに応援してくださった方(?)に感謝しております
私にとってK・Kクソッタレはかけがえのない存在です。そして私たちにとって結婚は、自分たちのを大切に守りながら生きて行くために必要な選択でした。
私たちは2人で新しい生活を始めることになります。これから生きていくなかで、また違ったカタチでの困難があると思います。しかし、これまでもそうであったように、2人で力を合わせてともに歩いていきたいと思っております。これまで私たちが自分たちのに忠実に進んでこられたのは、お互いの存在と、励まし応援してくださる方々の存在があったからです(?)。いま、を守りながら生きることに困難を感じ(???)、傷ついている方がたくさんいらっしゃると思います。周囲の人の温かい助け合う支えによって、より多くの人がを大切に守りながら生きていける社会となることをから願っております。


If human rights, something that doesn't make sense, end up liking everything, isn't the world just going to be extinct(人権なる意味不明なものが、何もかもを好き勝手にすることになってしまったら、世界はすぐに自ら滅亡してゆくだけなのでは)?

To be continued...




profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード