Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

I am worried that there are Japanese people who don't know the true love that this royal girl evaluates as if she had pierced her love(この皇族の女子が、まるで自分の愛を貫いたかのように評価する本当の愛を知らない日本国民がいることを憂慮している)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

頭脳明晰かどうかという点で、やはり、劣悪と結論づけざるをえないのが、メインターゲットのキンダーガートン・プリンセス・モンスター。
それはそうである。
人間が学習し続けるのは、人を見る目を養うことと人間らしさを身につけるため。
その意味では、少なくとも皇族失格。
もしここまでのジコチュウのアンポンタンが新たに女性宮家を創設することになったら、あんなに気色の悪いサイコパスもどきのK・Kクソッタレが、その子どもが皇族を名乗ったり血税で生活するようになったら、せっかく世界に誇る我が日本の皇族の歴史もジ・エンドになってしまうのでは?
ついでに言っておけば、仮にこの時代に皇族復帰を望む奇特な旧宮家の男系男子がいたとして、その方に配偶者がいる場合も、この問題は露骨に出てくるのでは?
それにしても、このジコチュウだらけの世界で、高潔で品性の高い人間を配偶者にしている元皇族が、男女ともにどれだけいるのか?と思わないか?
ともあれ、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの学業成績がそれほどでもなかったのでは?と感じる証左が、これ。
2009年に発行された「学習院」女子中等科・高等科の文集「ふとした瞬間(とき)に思うこと」。
高校3年生になる直前のキンダーガートン・プリンセス・モンスターの作文「永遠に変わらない気持ち」。
「私は今高校二年生だ。そのうち高校を卒業し、大学に入学する。そんなこのごろ、よく感じるのは、自分が変わってしまったということだ(?)。小さいころはよく外で遊んだ。今でも外で運動する機会はあるが、昔のように純粋に楽しむことはなかなかできない。家が自然に囲まれていることもあって、昔はもっぱら自然の中が私の遊び場だった。対して今は余計な思考がじゃまする。手が汚れるだの、つかれるだの。そのうえ、現実が見えてしまっているから空想の余地もなくなってきている。現実社会を生きていくのだから仕方がない、当然のことだ。自分が変わったと感じる分、成長しているということでもある。この間、那須へ、夏休み中唯一の旅行に出かけた。東京の人混みから離れて緑いっぱいの自然の中で過ごせるのがウレシイ。そう、永遠に変わらない気持ちだって存在するのだ」
実は、web探偵の矜持をかけ、懸命にこの文章を解読してみた。
1)コヤツは、変わってしまった、あるいは、変わらざるをえなくなってしまった自分を悔いている。
凄く変だと思わないか?
この時期変わることは、イイ悪いは別に、極めて自然。
それが、イイ方向に変われば、それ自体が人間としての自分の成長のはず。
では、悔いるような変化とは、どういうことか?
自分の意思に基づかず、ヒトから変わることをムリヤリ強要させられたということなのでは?
2)コヤツ、何かの理由で、今までは外で無邪気に手を汚し、疲れを感じることなく遊んでいた時間を、室内で過ごさざるをえなくなって、不満を感じている。
しかも、それは手を汚さないものの他のどこかの部分を汚し、ただただ、フィジカルにメンタルに疲れを覚えるだけ時間になっていたのでは?
3)コヤツは明確に書いている自分の家が自然に囲まれていると…。
それはそうである。
家は、広大な赤坂御用地内にあるのだから、それは当然。
けれども、そこでは一緒にいるのがイヤなヒトでもいるのか、そこから離れて那須に行かなければ楽しくないと書いている。
そうすれば、まだまだ自分は生きる気力が出てくると暗に言っているようでは?
どうあれ、コヤツが自分の父親を脅迫できる何かのファクター? そう、自分と父親との間の人に言えない何かのシークレット? 何か弟に関わる重大な何か? を、この時点までに持つハメになったとこは確かなのでは?

In a world where freedom is the norm, there must be so many people who think that having self-control is a loss(自由であることが当たり前の世界では、自制心を持つことがまるで損かのように錯覚するヒトがメチャクチャ多くなる)!

To be continued...




profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード