Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

A motherfucker who arrogantly thinks that everything is what he wants would never realize that he is an extraordinary egoist(何もかもが自分の思いどおりになると傲慢に錯覚するようなヒトは、自分が異常なエゴイストであることを絶対に自覚しない)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

東仙坊、2006年8月ごろのH-sonさま妊娠中のK-プリンセス・モンスターの姿の写真、なぜかそんな時期にあえて初めてのホームステイをしたキンダーガートン・プリンセス・モンスターの写真を、徹底チェック。
そして、K-プリンセス・モンスターの写真は、全然見つけられなかったもののなぜかウィーンにホームステイしたキンダーガートン・プリンセス・モンスターの写真はいくつか発見。
そこで、その額や頬や上唇などにシミがないか、全体にむくんでいないか、特に腹回りを懸命にチェック。
えっ、何で?だって?
キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、まだ中3で15歳だったろって?
逆にだから?
ともあれ、見つかった写真のキンダーガートン・プリンセス・モンスターのファッションが、みんなカジュアルでルーズフィットのものばかりなうえ、もともとポッチャリ型なので、写真での個人的な疑問解決は、ほぼ困難。
第一、お腹の膨らみ方も、人によってまちまち。
それにしても、なぜ自分の母親の臨月がもうすぐのときに、その母親と祖父が懇意にしている日本語ペラペラのヒトたちのウィーンの家庭に人生で初めての独りホームステイをしたのか?
凄く違和感を覚えないか?
仮にそのオゾマシイ疑念が杞憂だったとしても、H-sonさま誕生のちょうど1年後、なぜ2人だけでプライベート海外旅行を、それも「生物多様性ホットスポット」のメッカと言われているマダガスカルに2人だけで行ったの?
まるで、生命そのものの儚さ、人間なんて所詮単なる動物の1つ、自分たちの関係は超特別なものと言い含めるためだったのでは?と疑いたくならないか?
そして、陰険にその関係を続け、それに懐疑的になり始めたキンダーガートン・プリンセス・モンスターを、さらに言い含めるために2人だけで再び行ったのが、2010年のラオス。
それでも、いくら無知蒙昧で鈍感なキンダーガートン・プリンセス・モンスターでも、異常な父親への猜疑心は強まる一方。
そして、父親以外のオトコを知ると、そのガマンはすぐに限界に到達。
「結婚を理由に、この家から、父親の魔の手から逃げ出せる」
おそらく正直なところ、そのオトコが実際はどんなクソッタレでも構わなかったはず。
そう、とにかく父親との関係を終わりにしたかっただけのはず。
だからこそ、2017年、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが婚約内定会見を開く前に、仕方なく2人だけでハンガリー旅行に行かざるをえなかったのである。
つまり、この旅行は、愛娘を最後まで手放したくない惨めったらしい父親が、最後通牒を突きつけてきた愛娘に対し、ストカーもどきに、「せっかくの2人だけの特別な関係を本当に精算つもりなのか?」とか、「オマエナシではオレはダメなんだ。結婚したってイイが、この関係だけは続けよう。そのためにも、オマエは結婚しても新しい宮家を創ってオレの側にいてくれ」などと見苦しく懇願するためだったはず。
ところが、OPHLが、そういう態度を取れば取るほど、キンダーガートン・プリンセス・モンスターはウンザリし冷ややかになったはず。
そして、さすがのキンダーガートン・プリンセス・モンスターも、「もうこれ以上パパのオモチャにされるのはゴメンなのよ」と最後通告したはず。
どうだろう?
自分の妃が、自分の母親が未来の天皇を誕生させるという歴史的かつ奇跡的(?)な瞬間の直前と、その約1年後に、思春期の愛娘と2人だけでプライベートな海外旅行をする父親は、どう考えても異様なのでは?
そこに、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが父親のOPHLを脅迫するH-sonさまの秘密の何かを感じるのは、東仙坊だけではないと思うが…。

The husband, who later learns that he has been married by his wife's tactics, should destroy the family to take revenge(自分が妻の策略に引っかかって結婚してしまったことを後で知った夫は、必ず復讐をするようにその家庭を崩壊させる)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード