Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Is China collecting all the information about Japan in detail because it considers our country tough, or is it already licking it as a minion(中国が、詳細に我が日本の情報を集めきっているのは、我国を手強いとみなしているからか、それとも、すでに手下だと舐めきっているからか)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[皇室テロリスト宮家である秋篠宮家をこのまま放置することの我が日本のデメリット]

東仙坊、中国の本当の顔を真摯に直視すべきときとばかりに、粉骨砕身、中国について書き込んでいるときに、ついつい始めてしまったこの今回の緊急プロファイリング。
実は、その反応で、もっとも興味深かったのは、な、な、なんと中国と中国のマスメディア。
◎10月16日、「テンセント」
「日本中が反対! 『軟飯男』が皇室の内幕を暴露か」。
ちなみに、「軟飯男」とは、「ヒモオトコ」のこと
また、中国では、K・Kクソッタレに関する記事は、他にも「鳳凰男」、「渣男(ダメオトコ)」が枕詞とか。
反結婚デモなど、日本のムードを伝えたうえで、「10月26日の記者会見で、日本で一番美味しい『軟飯』を食べたオトコは何を語るのか」
◎11月2日、中国マスメディア「テンセント」
「キンダーガートン・プリンセス・モンスターが結婚後初めて秋篠宮邸のある赤坂御用地を一人で訪れ7時間も滞在したときの様子について、表情が暗く、K・Kクソッタレとの対立が心配されている」
以前とは別人。結婚後、一度も笑顔を見せていない。夫が司法試験に不合格だったこともあり、ご夫婦の間に何か心配なことが起きているのではないか。ご夫婦の関係が懸念される
◎11月21日、中国マスメディア「テンセント」
「K・Kクソッタレはニューヨークに着いて彼の本当の姿を見せた」
「ニューヨークに戻ったばかりのK・Kクソッタレが彼の同僚たちと飲んでいる様子がUSAのマスメディアによって報道された」
「キンダーガートン・プリンセス・モンスターは不慣れな土地に着いたばかりで警戒心があり家にいた状態だった。一方で、K・Kクソッタレは自由を享受し始め、マスコミや皇室からの監視が終わり、別人のように話し、振る舞った」
おとぎ話よりも伝説的な愛は実際には危険であり、それが将来幸せになるかどうかについては疑問符がまだある
「K・Kクソッタレの表情からも、こういう自由な生活が大好きだったのだろう。今後夜に家を空けることが多くなるかもしれず、キンダーガートン・プリンセス・モンスターに冷や汗を流させる(l.o.l.)」
◎11月7日、中国マスメディア「百度」
「論説サイト『灰姑娘説事』が、元皇族のバカップルの今後のニューヨークセレブ生活について特集」
「夫婦は結婚生活の場として月額約80万円のアパートメントを借りるようだ。広さは約100平方mで、マンハッタン島の西側にあるアッパーウエストサイドという高級住宅街にある。ここには多くのセレブが住んでいる。その優れた地理的位置と多くの文化施設に加えて、適切な学区もある住宅地で、世界屈指のスーパーセレブタウンだ」
「セレブとして、法曹に専念してきたK・Kクソッタレのキャリアはどうなるのか? ニューヨークでまっとうにスタイリッシュな生活を送るためには、収入の要件は低くない。K・Kクソッタレはニューヨーク州の司法試験に落ちてしまった。弁護士になれば約2000万円の収入が見込めるが、年収は大幅に減り約600万円にとどまる。キンダーガートン・プリンセス・モンスターはメトロポリタン美術館で働く機会があり、年収約1500万円になる。夫婦の年収は当初予想された3500万円から2100万円に減少する。この数字では、年間家賃が1000万円になるアパートメントに住むのはかなり難しい。額面で2100万円としても税引き後の手取りは1500万円に満たないとみられ、年間1000万円の家賃がかかる部屋に住むのはムチャだ。彼らの目の前の困難を克服するために、どのように協力するのだろうか?」
◎11月13日、中国サイト「百度」
「論説マスメディア『嬛嬛説王室』のコラムを掲載」
「現在のキンダーガートン・プリンセス・モンスターは厄介な市民生活の浮き沈みを経験し始めている。買い物や旅行を学ぶことは、ほんの第一歩だ。幼いころから手を伸ばせば何でもあり、口を開ければ食べることができ、服も着させてもらえる生活を送っていた。すぐには自立することはできず、一般の人々の生活に適応することもできない。皇室では何不自由ない生活を過ごしてきた。今後、一般人としての生活を送るには相当な努力が必要。宮内庁は24時間体制のサービスを密に提供し、アパートメントのセキュリティー対策を改善するために連絡を取っている。日本では今でも皇室の厚遇を楽しむことができるが、そんな対応がなくなってくるのは時間の問題であり、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは自立して生きることを学ばなければならない」

If you wanna know the truth about our country, you should listen to some Chinese mass media rather than our Japanese mass media, which only spills news and fake news about China(我国のことに関しての真実が知りたければ、中国に忖度したニュースとフェイクニュースしか垂れ流さない我が日本のマスメディアよりも、中国の一部のマスメディアに耳を傾けるべき)!

To be continued...





profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード