Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

It must be the responsibility of the self-centered father, who couldn't be placed on the windward side of the royal family, to create the daughter of the royal family into a self-centered monster of the century(皇族の娘を世紀のジコチュウ・モンスターに創り上げたのは、皇族の風上にも置けないジコチュウ丸出しの父親の責任)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[皇室テロリスト宮家である秋篠宮家をこのまま放置することの我が日本のデメリット]

◎11月28日、中国マスメディア「網易」
「渡米後のバカップル2人が生活する様子を欧米メディアで写真付きで報道している。日本政府は、バカップル夫妻に対する報道統制を敷いたが、海外マスメディアには無関係だ」
「日本のマスメディアと在N.Y.日本国総領事館との間で暗黙の合意に達したようだ。つまり、2人の生活や仕事の写真を撮ることは禁じられている。N.Y.に駐在することは制限される可能性がある。それを破った場合、報道機関の駐在員がビザの取得や更新の際に、何らかの不利な対応を受ける。海外マスメディアのパパラッチにとっては、そのような合意に達することは明らかに不可能だ。UKのデーリーメールや他のマスメディアはバカップルのN.Y.での居住地域を詳細に報道し、買い物や2人で歩いたりしている写真もnet上で広く出回っている。海外マスメディアに対しては日本の公権力も及ばないとして、今後もバカップルがパパラッチから追い駆け回されるに違いない。いくら日本の皇室が本当に怒ってもムダ
「日本のキンダーガートン・プリンセス・モンスターは、あらゆる困難を乗り越え、持参金を諦め、婚約者と結婚した。結婚後はUSAで民間生活を送る。『間違った家族』との結婚がよい結末を迎えることは難しく、しばしば失敗することがある。世界の王族が一般人と結婚後に離婚した例として例えばタイのウボンラチャタニ姫。例え離婚したとしても、『王族パワー』を駆使して収入には困らない。ウボンラチャタニ王女はとても活発で彩り豊かな生活を送っている。彼女は映画を作ったり、バラエティー番組で歌ったり踊ったりしている。王女の生活は一般の人々の生活よりも断然よい。結婚が失敗したとしても、辞める選択肢がある。独身になっても知名度の高さから収入を得る多くの手段がある。結婚が失敗しても、キンダーガートン・プリンセス・モンスターには関係ない。ウボンラチャタニ姫から学ぶだけだ。生計を立てるために駆けずり回っている私たち一般の人々とは異なり、裕福な家庭の娘であるキンダーガートン・プリンセス・モンスターを心配する必要はない。今後2人の結婚生活の行方にかかわらず、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは生涯にわたってセレブ生活が保障されている
「それにしても、K・Kクソッタレの母親の金銭トラブルの対応についてキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、『私がお願いした』との指示発言したことは不可解だ。その支持発言が日本の雰囲気を変えた。皇室が民間の問題に介入することで象徴として位置づけられる天皇制が揺らぐことになる。人々は象徴のカタチに対して直接訴える。シンボルとは象徴されるものを指す。それらが何を象徴しているのかを考える必要がある。それは民主主義であり、常にこのカタチを決めるのは国民だ。皇室は国民からの信頼のうえに成り立つもので、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの発言をキッカケに皇室のあり方が問われる可能性がある
◎12月1日、中国マスメディア「網易」
「バカップルの動向が渡米後も注目を集めるなか、キンダーガートン・プリンセス・モンスターとK・Kクソッタレの2人のために投入された税金の詳細を公開するよう強く要求
日本のnet上で寄せられている国民の声を紹介。
「1人で出かけることができるなら、生活を続けるために警備費は必要ないと認識して自力で生きてください。仕事を通じてお金を稼ぐ必要があるだろう。皇室から離脱したのだから、警備などに血税が使用しないでください」
「意図的にマスメディアに写真を撮らせ、『私たちが自分の力で生きている』とみんなに知らせた! 陰でボディーガードがいるに違いない。やっぱり演じるのが大好きな女性なんですね。とにかく、後ろに日本人の税金がある」
持参金は辞退したが、それ以上のお金が使われている。持参金は必要なくとも、住居費や警備費に2億円を費やした可能性も指摘されている。皇室は詳細を公開する必要がある。税金の使途の詳細を公にすべきだ
ついでに、以前のモノも、1つ。
◎2019年12月24日、中国マスメディア「今日頭条」
「悠久の歴史を持つ中国では様々な王朝が生まれ、そして消えていった。中国人は、自国の歴史について『5000年の歴史』と自称するが、その歴史のなかでも300年以上も続いた王朝は1つも存在しない。一方、日本の皇室は、世界最長の歴史を持つと言われることもある。中国は、非常に長い歴史を持つ国だが、漢や唐といった著名な王朝ですら存続期間が300年を超えていない、日本の皇室はこれほど長く存続し続けられたのに、なぜ中国では王朝の誕生と滅亡が繰り返されたのか? 中国は王朝が変わるたびに国の名前も変わってきたワケだが、日本はいつも時代もずっと日本であり続けた。中国は長い歴史のなかで様々な王朝が生まれ、政権を担ってきたが、長期にわたって統治できた王朝はない。中国の歴史上では、別の民族によって侵略され、滅亡した王朝も少なくない。、一部の歴史研究家の考察のなかに興味深い意見がある。中国の歴史上における王朝の滅亡は人口および経済と関係があるらしい。この説は、王朝が誕生し、政治が安定すると人びとの収入が増え、人口も急激に増加するが、人口増加が頭打ちになると経済成長が止まり、人びとの不満が高まっていくというものだ。そこに自然災害などが発生すると、不満が爆発して騒乱につながり、最終的に王朝の滅亡につながった。騒乱や戦争によって人口が減少すると社会的な富の分配が公平に向かうが、人口が増えると富の分配の不均衡が生じ、人びとの不満が高まり、社会的矛盾が拡大した。その社会的矛盾を解消する手段が戦争であり、それによって王朝が滅亡し、新しい王朝が生まれるというサイクルがあった。これが中国の歴史上で多くの王朝が生まれ、消えていった要因の1つではないか?」
どうだろう?
中国のインフォーメーション収集力は、化なりのモノだと思わないか?
どちらにしても、キンダーガートン・プリンセス・モンスターをもう一度皇族に戻したり、異常な秋篠宮家をこのままにしておいたら、せっかくに我が国の皇室も一巻の終わりなのでは?
そう、中国外交部報道官汪文斌あたりに、「日本の皇室は、今の時代にありえないような女性差別が行われている。日本政府は、自国の非人道的な天皇制から国際社会の目を背けるために、中国に対してありもしない人権問題を捏造している。日本だって、K・Kクソッタの人道問題を取り上げられたら困るでしょ」なんて言われちゃうのだから…。

We, the general public, should fully understand that the “female emperor” Aiko emperor can still continue to be a “male emperor”(「女性天皇」愛子天皇なら、まだ「男系天皇」は継続できるということを、我々一般国民が、十分に理解しておくべき)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード