Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Isn't it time for us ordinary Japanese to stop such unrealistic fantasies such as one world and everyone could do what they like(世界は一つとか、誰もが自分の好きなことができるとか、そういう非現実的な夢想を、我々普通の日本人は止めるべきときなのでは)?

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

東仙坊、このテーマ「本当に地球上の人間社会は『ワンチーム』なのか?」の書き込みを始めて以来、そんな甘い幻想など人類が存在している間では不可能に違いないと証明しようとしてきた。
なぜなら、そもそも、世界の機関を名乗るクソッタレども集団のデタラメさ、マフィアや左翼と結託した世界的警察国家USAのデタラメさ、世界制覇の夢を見続けるスパイ国家UKのデタラメさ、何から何までウソだらけで日本を貶めるためには何でもするキチガイ国家サプアのデタラメ、そして、ただただ黒社会一筋の893国家中国のデタラメさを、ほんの少しでも改善・改良することなど絶対にムリだから。
とりわけ、自分たちで「世界一の民主的893国家」と自慢している中国に、つける薬も、治療方法もナシ。
そして、その中国に足下を見られてしまった我が日本は、自らまた中国のカモ。
どこまでも、ヤツらのいいようにされるのが、オチ。
それにしても、現役893のボスとしてのアドバンテージを目いっぱい活用しながら、どんどんジャマ者やライバルを消し、その情報統制と言論統制でボスの座を安泰にしているかに見せていた習近平に、いきなり暗雲が、それもメチャクチャ真っ暗な雲が立ちこめてきたようで、正直、ビックリ。
やっぱりなぁ…893の世界では金がすべて、地獄の沙汰も金次第。
いくら経済音痴の習近平でも、ここまでバカ丸出しの施策をして、せっかく輸出でボロ稼ぎしていたのに、景気後退をさせてしまうのも当然。
そうなれば、「浙江閥」、いわゆる鄧小平派、江沢民派、胡錦濤派が、自然発生的に「金を返せ型」反撃に出てくるのも、さらに当然。
前回、12月22日、「人民日報」に、曲青山中央党史・文献研究院院長なる中国共産党の過去・現在の歴史解釈の要となる重鎮が、「中央委員会第6回全体会議(6中全会の精神を深く学ぶ」と題した論文を掲載し、「『改革開放』こそ、党の偉大な覚醒」と鄧小平の名を9回も挙げ、「長期にわたる『左』の教条主義の束縛から人々の思想を解放した」と、悲惨な文化大革命までの毛沢東路線の誤りを痛烈に批判し、毛沢東に対する個人崇拝を厳しく非難し、習近平に触れないという習近平批判をしたと書き込んだばかりだが、実は、習近平攻撃はそれだけじゃなかった。
12月9日、習近平や李克強首相などが参加した来年の経済政策を議論する中央経済工作会議の真っ最中、李克強ブレーンの経済学者で全国政治協商会議委員で清華大学中国経済思想実践研究院院長李稲葵が、「中国経済は向こう何年か、かなり厳しい状態に置かれる。これからの5年間は、改革開放から40年あまりで最も困難な時期になるだろう。決して楽観すべきではない。第1の問題は内需の後退だ。不動産の構造的な値下がり、地方財政の逼迫、教育・エンターテインメント産業への規制、頭打ちの自動車市場などは、その後退を助長する。中国を成長に導いた改革開放こそが取るべき道だ」と真っ向から習近平の今後の5ヵ年計画に反旗を翻しているのである。
それだけじゃない。
鄧小平に命じられて1990年代に国有企業改革を断行した朱鎔基元首相の「改革派」元財政相楼継偉が、「安定」を意味する文字を25回も使用し、「中国の統計数字は経済のマイナスの変化を反映していない。年明けに発表される2021年の成長率といった経済統計もマイナス面が省かれている」と暴露したのである。
どうだろう?
ここのところの妙に余裕を見せていたおバカ習近平の様子からは、想像だにできない状況なのでは?
それにしても、おバカ習近平のやることなすこと内部抗争における抗争相手潰しばかりで、自縄自縛。
まさに、過ぎたるは及ばざるがごとしの実践。
不動産市場抑制のため融資規制、原材料価格の上昇を受けた価格転嫁制限、「共同富裕」にともなう塾の非営利化などの規制強化、環境規制や北京五輪に向け工場などの操業制限、どれ一つとっても、企業を萎縮させ、投資や生産を縮小させるだけ。
それでいて、中国共産党による自国企業への介入を強め、成長企業でも江沢民派の「アリババ」や「テンセント」や「滴滴」などを自由と利益を強奪しようというのだから、893の本性剥き出し。
確かに、表面上いくら他国と対立しようと、圧倒的に世界のアドバンテージを持っている電気自動車や太陽光パネルのような民生品メーカーがある以上、何とか打開できると思っているところがあるのかもしれない。
だからといって、「滴滴」を、USA市場から香港市場へ強引に移籍させ、自分たちの監視下に置こうとなどしたりしたら、ただただ自滅になるのでは?
何だかんだ言っても、中国の有望企業の株をタンマリ買ってくれているのは、USA市場での「チャイナゲート」や「ディープステート」のUSA人やユダヤ人たちなのでは?

There should be ordinary people in China, but none of them could live normally(中国にだって普通の人々がいるはずだが、その誰一人として普通に生きていられないだけ)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード