Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

If you look at the history of the countries that blame China for human rights, the biggest point of human rights is that all the countries have violated human rights(中国を人権で責める国々ほど、ちょっと歴史を見れば、人権蹂躙をしまくっていた国ばかりというところが、人権問題の最大のミソ)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

経済音痴のおバカ習近平では、金融をいいように握っていた王岐山のトリックを簡単に見抜けるワケもナシ。
慌てて調査したところで、時すでに遅し。
東仙坊、ここは、「中共ウィルス」バラマキのように世界に迷惑かけずに、習近平さん、そのまもなく世界一となる経済力(?)を活かして、世界経済をお救いあれ!とお願いするばかり。
それにしても、「恒大集団」にバカバカ融資してボロ儲けしているヤツらの多いこと多いこと。
財閥「中国光大集団(チャイナ・エバーブライト・グループ)」が所有する中国四大銀行の1つである「中国農業銀行」も、そして、他の国有銀行も金融調査の対象。
しかも、「恒大集団」に関する融資だけじゃない。
政府系ファンド「中国投資有限責任公司(CIC)」に加え、大手銀行や保険会社が運営するファンドなど一連の国有ファンドが、ハイテク業界締めつけの渦中にある民間企業にいかに投資したかについても調査しているというから、ハンパじゃない。
ちなみに、約1兆ドルの資産を持つ「CIC」、中国国外の案件を探すことを主な任務とし、これまでに馬雲が設立したフィンテック企業「アント・グループ」、配車アプリ「ディディ・グローバル」などに投資していて、今回、検査官に協力するための事務所を設置するとか。
中国有数の保険会社「中国人寿保険」も、「アント・グループ」、「ディディ・グローバル」に投資。
そして、2016年、「ディディ・グローバル」に約6億ドルを投資し、「ウーバー・テクノロジーズ」との激烈な競争を巻き起こしていた「ディディ・グローバル」を全面援護。最終的に、「ディディ・グローバル」を、「ウーバー」に勝利させたというから、市場原理主義の世界では、やはり、金はモノを言うのかも。
それは、中国のジャスミン茶の香りの染みついた金の虜になってしまっている世界の「チャイナゲート」のハイエナやハゲタカ投資家どもも同じ。
な、な、なんと死んだも同然の中国の不動産バブルと金融バブルを格好のエサにして、ラクして儲けようと中国人のようにウソ八百。
中国市場は規制強化と「恒大集団」が市場の重しとなっていて、かって魅力タップリの投資機会だと、大々的に吹聴。
「ナティクシス・インベストメント」マルチ・アセット・ポートフォリオ・マネジメント責任者ジェームス・ボモントじゃないが、「現在の中国株ファンドの運用成績を見ると、『中国A株』に投資するファンドが相対的にいいパフォーマンスを残している」とオオボラ。
ちなみに、「中国A株」とは、中国本土の上海証券取引所と深圳証券取引所に上場している株式の中で、中国人民元で取引される銘柄のこと。
まあ、リッチになってきた中国国民がお手軽に売買取引に参加できる銘柄とでも言った方がわかりやすいかも。
それゆえ、外国人投資家たちは、「QFII(適格外国機関投資家)」の資格を得た機関投資家が認可された投資枠の中で投資するか、あるいは、一部の銘柄を香港経由で「上海・香港ストック・コネクト」や「深圳・香港ストック・コネクト」を通じて投資するのだとか。
ともあれ、上海の「中国A株」は、大型国有企業など伝統的な中国企業が多く、深圳の「中国A株」は、net企業など比較的新興企業が多いとも。
また、5ツ星に評価されるファンドの中でも「JPM(J・P・モルガン)グレーター・チャイナ・オープン」は、特に、「中国A株」に投資することを意識したファンドではないと言いつつも、「中国A株」にほぼ特化。
「UBS(スイス最大の銀行AG)中国A株ファンド(年1回決算型:桃源郷)」は、「中国A株」に10%投資。
「深圳・イノベーション株式ファンド(1年決算型)」は、「中国A株」が約90%。
その一方、香港株式や「中国B株」という海外投資家向けの株式は、中国当局が実施しているnet企業への厳しい規制強化や「恒大集団」などのデフォルト情報などに反応した外国人投資家が中国株式の売却にいち早く動いたために、株価が下落。
もっとも、それが、相対的に「中国A株」のパフォーマンスを押し上げているというから、皮肉。
ところで、昨年9月末現在、「モーニングスターカテゴリー」の「国際株式・中国」に分類されるファンドで、「モーニングスターレーティング」付与対象となっている(3年以上の運用実績)銘柄は、35銘柄。
その中で、最高格付け5ツ星を受けているのは、「三井住友・中国A株・香港株オープン」など4銘柄。
「中国A株」への投資比率が60%超など「中国A株」への投資比率が高い銘柄のパフォーマンスが相対的に高くなっているとか。
実際、5ツ星ファンドである「三井住友・中国A株・香港株オープン」、「MSCI香港(配当込み、円ベース)」のパフォーマンスを比較すると、2015年5月以降は「MSCI香港」が優位だったものが、一昨年3月以降は「三井住友・中国A株・香港株オープン」が優位に転じているとか。
どうだろう?
この逆転現象に、中国経済に対する中国国民の信頼感と海外投資家とのギャップが見えてこないか?
そう、世界のハイエナやハゲタカどもの阿漕なフェイクが…。
ともあれ、現在の株価水準を見ても、「MSCI香港」などは、コロナ・ショック前の水準をはるかに超える高値なのに、世界株式インデックス「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」などと比較するとなぜか低水準。
どうだろう?
中国が、必死に世界を人民元建てにしたがっている様子が見えてこないか?

There must be only one point to emulate China. It is just a “zero corona” countermeasure after fully understanding the coronavirus, which seems to be a country that was created and scattered(中国を見習うべき点は、たった1つ。作成してバラ撒いた国らしく、コロナウィルスを十分に理解したうえでの「ゼロコロナ」対策)!

To be continued...







profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード