Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

After all, China without morals could be so outrageous because it knows that countries around the world are trying to make a fortune in China(結局、モラルなき中国があれだけ傍若無人にできるのは、世界中の国々が中国で荒稼ぎしようとしていることを熟知しているから)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

東仙坊、習近平ほどではないにしても、正直、経済に興味がない。
それゆえ、とっくに破裂しているとしか思えない中国の不動産バブル、金融バブル、それを利用しようとしてまでトコトン稼ごうとするヒトたちにはただただ呆れるやら驚くやらするばかり。
そこで、そういうヤカラどもは、まさか中国共産党が本当に自国の経済をグシャグシャにするワケがないと勝手に踏んでいるのだろうが、果たして本当にそんな安易な読み通りになるのか、実は、個人的に興味津々。
そして、見つけたのが、ここ数年間、中国ウォッチャーたちが、「中国に『ミンスキー・モーメント』が到来しそうだ」と繰り返し強く警告していたということ。
「ミンスキー・モーメント(Minsky Moment: ミンスキーの瞬間)」──。
「投資家が保有する、あまり投機的でないポジションさえも、債務支払のために売却する必要に迫られ、マーケットで価格下落スパイラルと深刻な貨幣需要が生じる瞬間」…。
「バブル的な債務膨張に支えられていた経済において長く隠れていたリスクが突然顕在化し、慌てふためいた投資家による資産の投げ売りがマーケットの暴落を誘発する瞬間」…。
「投資家が過剰な投機で生じた債務スパイラルにより、深刻なキャッシュフロー問題を抱えるポイントで、長い繁栄と借金による投機を促す投資価値の増大の後にやってくる瞬間」…。
つまり、この瞬間を見逃したり見落とししたら、どの「カウンターパーティー(金融取引参加者)」も適切な値をつけることができず、各種資産の投げ売りが一斉に始まり、その結果として、資産価格が大暴落、市場流動性が急低下してしまうのだとか。
そして、それが進行すると、債務者の破綻(不良債権の急増)、金融機関による信用収縮、失業者の増大といったバブル崩壊特有の危機が継続することになるとも。
と、と、ということは、ありとあらゆる「カウンターパーティー」たちは、その瞬間がくる前に、大切な自分の金を守ろうと目を皿にようにして自分の投資している会社の動向をチェックしているはず。
まあ、資本主義経済が内生的な運動の結果として、流動性危機を惹起し、深刻な負債デフレに陥ることは、予測の内ということ。
通常、景気が拡張していく中で、肯定的な信用履歴が積み上げられてゆくと、貸し手はより問題のある金融契約をも受容するようになり、それが限界まで達すると、各経済主体のバランスシート、経済全体に占める「投機的金融(元本返済は不可だが金利分は支払える状態)」や「ポンツィ金融(通常キャシュフローでは金利分すら支払えない状態)」の比率が増大し、金融構造が脆弱化し、金融危機が生じるのだから。
ともあれ、その典型的な例が、「サブプライム・ショック」。
そのために、「ミンスキー・クライシス」とも呼ばれたとか。
さて、そうなると、ますます不可解なのが、「ミンスキー・モーメント(ミンスキーの瞬間)」なるものを知ってか知らないのか、もしくは、意にも介さないのか、一向に中国との取引を止めようとしない、特に中国への投資を止めない、欧米や日本の「カウンターパーティー」ども。
公表されているだけで中国の対外債務増加は1兆ドルと過去最高、中国国内企業・地方政府・個人の負債総額は500兆元(約8500兆円)とGDPの5倍、中国の公的準備資産は約8.7兆ドル、対外債務は約6.5兆ドル。
その負債の50%が株式投資と債券投資の受け入れ。
それでいて、中国は対外資産を8500億ドルも増やしているというから、何をかいわんや。
事実、1月10日、中国の銀行間債券市場証券決済機関「CCDC(中央国債登記結算)」が発表したデータによると、海外投資家による中国国債保有高は昨年12月末時点で2兆4500億元(3845億1000万ドル)と過去最高だというから、完全にミステリーなのでは?
それでも、米中の金融政策の乖離で、中国債券のイールドプレミアムが縮小するなか、保有高拡大ペースは鈍化。
前年比30.7%増で、2020年に記録した43.7%増よりも低下したとか。
中国の政策銀行が発行する準ソブリン債の保有高は、前月比1%増の1兆800億元と過去最高。
前年比では18%増で、2020年の84.4%増から鈍化。
その鈍化は、米中利回りのスプレッド縮小を反映しているとか。
10年債利回り格差は、昨年12月末までに100ベーシスポイント(bp)近く縮小し、124.52bp。
何しろ、「スタンダード・チャータード」アナリスト、ベッキー・リウとジェフリー・チャンは、「中国の金利について、今年第1・四半期は、追加の政策緩和、成長の鈍化、発行低迷により低下し続けるが、その後の数四半期では供給の増加と成長の安定化により上昇する可能性がある」と予測するほど。
そして、「今年には中国とほとんどの先進国との間で、まれに見る金融政策の乖離が生じるだろう。上半期には再融資や再割引制度を通じた的を絞った措置に加えて、より広範な『RRR(預金準備率)」引き下げなど、より大幅な金融政策の緩和が実施されるリスクがあるとみている。ただ、比較的高水準のキャリー取引やリターン向上見込みから、今年も海外からの資金流入が安定的に拡大する可能性がある」とも指摘。
どうだろう?
少しは金に目が眩んだ欧米の「チャイナゲート」どもと我国の媚中派どもが中国を支えている実態が見えてきたのでは?

The money-grubber from all over the world gather in China because kickbacks must be easily available(世界中の金の亡者どもが中国に集結するのは、キックバックが簡単に手に入れられるから)!

To be continued...





profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード