Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Isn't it really strange that Australia would stick to China in 250 million years(2億5千万年後には、オーストラリアが中国にピッタリくっついてしまうなんて実に不思議)?

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

東仙坊、中国を、そして、中国人をプロファイリングするたびに、ついつい想像してしまうのが、地球も生きている、そして、大陸は絶え間なく動いているということ…。
それは、地球上の大陸が集合と分裂を繰り返していて、6億年前に「ゴンドワナ超大陸」が分裂し、2億年前に「パンゲア超大陸」として集合。
そして、再び分裂し、現在、その分裂が弱まり、2億5千年後の集合、すなわち、新たな超大陸形成に向かい始めている途中とか。
実際、世界一猛スピードで動いているオーストラリア大陸は、北に向かって年間7㎝も動き続けているとか。
となると、自分たちの意思など無視され、2億5千年後には、オーストラリアは中国とくっつくとか。
もちろん、そのときは、東仙坊、すでに何度も触れてきたが、我が日本も中国とくっついているだけでなく、計算上、エベレストよりも高い山脈の頂上近くに存在することになるとか(?)。
そんなことを漠然と想像していたら、無性に、「偉大なる漢民族の復興」を掲げ、傍若無人に何でもやりながら一切過ちを認めず、約束や契約を守らないことから、世界から嫌われていることを意識しているのか(?)「世界で愛される中国を目指せ」とほざくおバカ習近平に、地球上の人類の歴史をちょっと教えたくなった。
①100万年前~700万年前に、アフリカ大地溝帯に人類の祖先が出現。
現生人類の全ての女性は、15±5万年前の「mtDNA Eve」なる共通女系祖先を、全ての男性は、15±5万年前の「Y-DNA Adam」なる共通男系祖先を保有していたとか。
②135000年前~90000年前、アフリカで起きた大干魃で、人類は数千人にまで減少し、絶滅の危機
「Y-DNA Adam」の一族は、中央アフリカの森を去り、エチオピアのトゥルカナ湖湖畔で、「mtDNA Eve」 の一族と出会うが、結果的に、その子孫以外は全て滅亡。
③75000年前~70000年前、インドネシア・トバ火山が大噴火を起こし、大量の火山灰が日光を遮り、地球の北半球は急激に寒冷化。その寒冷化が最終氷期に繋がり、ネアンデールタール人と現生人類以外のヒト亜族は絶滅。
とりわけ、狩猟民族の「Y-DNA Adam」と漁猟採集民族の「mtDNA Eve」の子孫は、多様性を発揮しサバイバル。
約65000年前、エチオピアを起点に森や草原が復活したアフリカ大陸へ再び進出。
これが、現生人類の移動と拡散の始まり。
④65000年前~45000年前、「Y-DNA Adam」と「mtDNA Eve」 の子孫たちが、エチオピアから各地へ移動・拡散。
ABEは、Eの一部を除いて出アフリカせず。
草原の狩猟民族Aは、南アフリカの草原地帯へ、森の狩猟民族Bは、先祖のある中央アフリカの森林地帯へ移動。
それから、海洋民族で冒険遺伝子のCは、現生人類最初の出アフリカ集団で、55000年前にすでにオーストラリアに到達。
そして、「YAP」と呼ばれるDEは、他の系列には見られない特殊Y-染色体変異を持ち、DEから分岐したDは、常に行動をCとともにして出アフリカ。
漁猟採集民族Cと狩猟採集民族Dの組み合わせは、食糧確保や移動手段の選択肢を拡大、中東・インド大陸・東南アジアを通って、東シナ海から中国大陸・日本列島に上陸。
さらに、50000年前、チベット・バイカル湖周辺に到達。
このC系とD系が、いわゆる「古モンゴロイド」。
DEから分岐してDと別れた Eは、ABと交配しながらアフリカ最大のハプログループに成長。
新興遺伝子を生み出すFは、野生の雑穀が生い茂ったメソポタミア地方を中心に半定住。
⑤45000年前~25000年前、バイカル湖・湖畔に到達した「Y-C1a」と「Y-D1」は、細石器や土器を発明してバイカル湖やアルタイ山脈の麓を中心に、シベリア・中央アジア・日本列島に拡散し、旧石器時代最高峰の文化圏を確立。
日本列島では、40000年前~30000年前、石器の最終形である「磨製石器」を世界に先駆けたくさん製造。
古代遺伝子の移動は一段落し、メソポタミア地方からインダス川流域に半定住していたFから、多くの新興遺伝子が発生。
中央アジアでFから 、Kが分岐、そして、LMNOPQRの侵入拡散型新興遺伝子を数多く輩出。
Fから分岐したシンハラ系HKから分岐したドラヴィダ系Lは、ともにインド大陸に移動・拡散。
メソポタミアでFから、セム族Jが分岐。
南東アジアでKから、Oが分岐。
⑥25000年前~5000年前、最終氷期が終焉に向かい、マンモス、ナウマンゾウ、オオツノジカなどの大型動物が絶滅。
温暖化にともない、人類は移動・拡散のスピードを増し、狩猟民族の人口は減少し、変わって農耕民族の人口が急増。
ヨーロッパでは、Fから分岐したノルマン民族Iが、初めて氷河を超えスウェーデン・バルカン半島に入植。
アルタイ地方では、D1C2b系の移動が開始。
「磨製石器」・「細石器」と土器制作技術をともなったアルタイ文化の拡散。
南に向かった集団は、満州・遼東半島から黄河中・下流域に移動。
西に向かったテュルク系集団は、中央アジア・古トルコへ移動。
北に向かった集団は、ベーリング海を横断し、人類で初めて北米に入植。
大型動物を追って日本列島へやってきたD1C1aC2は、海面上昇により孤立。
人々は、狩猟採集・漁猟採集・栗栽培に転じ、それぞれ列島固有の遺伝子D1bC1a1C2aに変異して縄文文化を熟成。

Isn't it really strange that Japan has been suffering from rising sea levels since ancient times(我が日本が、大昔から海面上昇に悩まされてきているなんて、実に奇妙では)?

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード