Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Xi Jinping, who boasts the world's best yakuza boss, shouldn't he like Putin, who is the world's best emperor(世界一のヤクザのボスを誇る習近平が、自分こそが世界一の皇帝とうそぶくプーチンを好きになるはずはないのでは)?

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

昨年9月29日、「恒大集団」が本社を置く広東省深圳市当局は、返済への取り組みを始め、「『恒大集団』傘下の地方銀行『盛京銀行(遼寧省瀋陽市)』が持つ『恒大集団』の発行ズミ株式19.93%分を約1700億円で地方政府系国有企業が買い取る。けれども、資金は同行の債務返済に使うと説明しており、ドル建て社債の利払いには回らないと見込み」と発表。
昨年9月下旬中国人民銀行は、「不動産市場の健全な発展、住宅消費者の合法的な権益を守るとの方針」を確認。
こうした中国当局の姿勢も、「恒大集団」の国内優先の態度

昨年9月30日、「モトリーフール」は、「『恒大集団』が、8300億ドルの利払いを見送ったということを受け、NYダウは数日間で900ポイントも下落」と発表。
昨年10月3日、「恒大集団」傘下企業が出資する合弁企業の発行したドル建て社債約290億円が償還期限を迎えたが、元本の支払いは不実行。
この企業がデフォルトとなるまでには5営業日の猶予期間があるものの、10月7日時点で未払いのまま。
このまま社債の償還が実行されなければ、支払いを保証している「恒大集団」までデフォルトと見なされるとか
昨年10月4日、香港市場での「恒大集団」の株式売買が停止。
世界でリスク回避の動きが広がり、日米などの株価が下落。
中国の不動産会社「花様年控股集団」が、「昨年10月4日に償還期限を迎えたドル建て社債約230億円の償還ができなかった」と発表。
昨年10月8日、中国国家発展改革委員会が、「報道事業の民営企業参入を禁止する規制案」を発表。
昨年10月9日、「恒大集団」は、資金繰り悪化で、その時点での社債利回りがで50~470%まで上昇。
昨年10月11日、「恒大集団」子会社でEV事業を手がける「中国恒大新能源汽車集団」劉永灼総裁は、初のEV生産を開始する方針を明言。
上場先の香港証券取引所で、株価は、昨年の最高値から約20分の1に急落。
また、「恒大集団」社債の利息約168億円を支払う必要があったが、同日中の利払いはなかったとか。
1回目の未払いは、昨年9月23日。
期日から30日以内に利払いができなければデフォルトとなるが、市場では昨年10月18~10月19日がデフォルト回避に向けた最終期限。
昨年10月12日、「IMFの世界の金融システムの安定度を分析した報告書」を発表。
「『恒大集団』のデフォルトへの懸念が市場で高まっている。中国経済を牽引してきた不動産業界全体に危機が波及すれば世界の資本市場に影響を及ぼす」。
「中国の不動産業界には、財務体質に不安を抱える企業が多く、海外からの借り入れに頼る傾向があるので、金融システムが大きなリスクに晒される。中国で不動産バブルが崩壊すれば、地方政府の財政悪化や消費の減少を招き、中国の経済成長が妨げられる」。 
「中国政府は、住宅価格の抑制を重視し、不動産業界の救済に消極的なので、中国政府が介入するタイミングや金融機関をどこまで支援するかを判断するのは難しい。大きすぎて潰せない企業として救済を急げば、市場の規律が損なわれかねない。金融システムへの政府支援が後手に回るほど、より幅広い対策が必要になる」
「恒大集団」が、約167億円のドル建て社債の利払いを実施しなかったとか。
利払い遅延が繰り返され、デフォルト懸念が高まっている。
香港証券取引所では、「恒大集団」株の取引停止が継続。
昨年10月11日中に投資家らが、「恒大集団」から規定の利払いを受け取れなかったとか。
「恒大集団」は、昨年9月にも2回、ドル建て社債の利払いを行わなかった
「恒大集団」の株取引は、昨年10月4日に停止。未払いは3回目。
昨年10月15日、「恒大集団」は、「10月15日&10月19日に期日を迎える人民元建て社債の利払いを実施する」と発表。
「恒大集団」は、資金繰り難が深刻化した昨年9月下旬にも人民元建て社債の利払いを実行し、国内債権者優先の姿勢を鮮明化。
何しろ、9月下旬以降にドル建て社債の利払いを3回にわたってシカトし、未払い額はな、な、なんと計2億7900万ドル(約320億円)に達し、期日から30日以内に利払いができなければデフォルトになるというのだが、ドル建て社債などハナから無視。 

The boss of cheap hoodlum, who is in conflict, doesn't consider his minions or the general public at all, but always keeps in mind the dragging down of the enemy and his own self-protection(抗争に明け暮れるゴロツキのボスは、手下のことも一般市民のことも全く考慮せず、敵を引きずり下ろすことと自分の保身のことしかいつも念頭にない)!

To be continued...





profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード