Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Putin and Xi Jinping must be not the only ones who are willing to lie in this era of complete loss of morals worldwide. We must not forget for a moment that politicians around the world are using “deep-fake”(この世界的にモラル完全喪失の時代では、平気で大ウソをつくのは、プーチンと習近平だけではない。世界中の為政者どもが、「ディープ・フェイク」を使っていることを、我々は一瞬も忘れてはいけない)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

東仙坊、その武士道精神に基づいて、何でもありの大ウソつき893国家中国に対して同様、非人道ゴロツキ国家ロシアに対しても、いまだに威風堂々と何一つ言えない我が国の情けなくてみっともない政府に、メチャクチャ失望している。
しかも、それが金の欲しさのあまりだというから、なおさら恥ずかしい。
なぜにここまで世界に誇る大和魂を歪めてしまったのか?
本当に恫喝や脅迫に負けて、卑屈に893国家やゴロツキ国家の手下になってしまっても、イイとでもいうのか?
なぜ世界の現実を直視できないのか?
今、世界は、決して1つではないし、自由と民主主義の危機がそこに迫っているのでは?
それにしても、目先の金に弱く、世界の趨勢に合わせたかのようにアンダーマネーの甘さの虜になり、重度の糖尿病患者になってしまった我が日本の政財界に、明るい未来があるのか?
ウクライナの現状を見て、なぜ明日は我が身と、ドイツのようにそそくさと国防強化に走らないのか? イヤ、走れないのか?
それで、メチャクチャ気になることが、1つ。
東仙坊、いまだその名前さえちゃんと覚えていない首相になりたいからなっただけの我が国の首相、テレビカメラの前で、平然と「国防はUSAの仕事」と言い切っていたのでは?
それだったら、中露のように、宗主国USAの命令で核ミサイルを配備させられてしまったので悪しからず…と姑息な手段を取ればいいのでは?
それで、かねてから個人的に考案している息巻く893どもやゴロツキどものボスへの最適な対処法を紹介しておきたい。
「戦争するぞ! 核兵器を使うぞ! 」
「オモシロいじゃないか、やろうぜ。第三次世界大戦、核戦争、上等じゃないか。人類滅亡? そうしたら、万一生き残った人間に、あるいは、やってきた地球外生命体のヤツらに、オレたちが人類を滅亡させたキチガイと永遠に言ってもらえるだろうが、やろうぜ、やってやろうぜ」
どうだろう?
それしか無謀な蛮行を阻止する方法はないのでは?
えっ、本当にそうなったらイヤだって?
仕方がないんじゃないか、今の世界の人間どもの動向を見てれば、そのくらいジコチュウ丸出しのバカばかりなのでは?
とりわけ、黒社会国家中国の「ダーティー・マネー」に目が眩んだ貧しい専制国家は増えるばかり。
そんななかで、ブッ千切りの大バカが習近平、Puサン、ジョー・バイデン、アレクサンドル・ルカシェンコ、ニコラス・マドゥロ、バッシャール・アル=アサド 、金ボンボンの七大マザー・ファッカー。
そして、哀しいことにそれらと十分比肩に値する、我が日本の政財界人ども…。
とりわけ、目も当てられないほど最悪なのが、3月16日午後11時36分のマグニチュード7.3の地震発生後、福島第二原子力発電所の1、3号機の使用ズミ燃料プールの冷却ポンプが一時停止したというニュースが流れた直後に、「今回の地震での福島原発への影響はない」と言ったボワンボワン官房長官。
それ以上に本当に許せないのが、我が政府、厚生労働省、それに組みするエセ感染症学者どもの「スーパーフィシャル・フェイク(陳腐なフェイク)」情報。
そう、中露に対し、それこそ、どの国に対しても、絶対に必要以上に刺激したくない、できたらうまくつき合いたい、万が一でも本格的に敵に回したくないとばかりに、忖度し続けているうちに、我が国の内には、中露と同じ大ウソつきになり下がってしまったのかも。
それを証明するのが、現在、なお苦しめられている「中共ウィルス」対策に関する、ウソ、ウソ、ウソのデタラメ発言。
「何が比較的軽症ですむオミクロン株の出現で、まもなく季節性インフルエンザのようになって収束する」、「ステルス・オミクロン株は感染力が強いけど、致死率は低い。12歳以下の幼児、基礎疾患のない人なら、感染しても心配ない」、「ワクチン接種で、重症化のリスクだけは避けられる。3回ワクチン接種で万全」…。
どうだろう?
全部大ウソなのでは?
未就学の幼児だって死亡するし、3回ワクチン接種した人でも死亡するし、1月からのオミクロン株の2月末までの致死率だって約0.13%、な、な、なんと0.006%~0.09%の間と推計されている季節性インフルエンザ患者致死率の最大約22倍
実際、毎日、150人前後、多いときには200人以上が死亡しているのでは?
さて、そんななか、メチャクチャ注目すべきが、これ。
オックスフォード大学グウェナエル・ドゥオー准教授率いるチームが、2020年3月~2021年4月、感染した51~81歳の401人について、感染前と感染から平均4.5ヵ月後の脳の画像を分析し、同様の年齢層で感染歴のない384人のグループと比較研究した結果を、最新の「ネイチャー」に報告したとか。
それによると、「中共ウィルス」に感染すると、例え軽症でも、明らかに脳の萎縮が加速するなどの悪影響がある。
それは、画像診断に加え、認知症の診断に使われる遂行能力・認知能力の検査でも証明されたとか。
つまり、脳内で加齢とともに記憶にかかわる領域の灰白質が、毎年0.2~0.3%ほど減っていくのが一般的なのに、「中共ウィルス」にかかると、さらに年間0.2~2.0%組織が減少したり、組織が変化したりする度合いが大きくなるとか。
とりわけ、嗅覚にかかわる領域が最も大きな影響を受けるとも。
そう、少なくとも、「中共ウィルス」感染が、長期的にみて、アルツハイマー病を含めた認知症に影響するというのである。
ちなみに、計785人の検査対象者は、全員、UK政府が2012年以降、50万人の健康データを集めてきたプロジェクトに参加しているとか。
どうだろう?
冗談でも「中共ウィルス」に感染するワケにはゆかないのでは?

Japan's big idiot government, ese infectious disease scholars, and big idiot mainstream media never say, but keep in mind that infection with the “Chinese Communist virus” accelerates brain atrophy, even if it is mild(我が国の大バカ政府やエセ感染症学者どもや大バカメインストリームメディアどもは決して言わないが、「中共ウィルス」に感染すると軽症でも、脳の萎縮が加速することを肝に銘じあれ)!

To be continued...






profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード