Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Now, it must be Xi Jinping of the badgers of the same hole who understands Putin's confusion most in the world(今、世界で一番プーチンの錯乱ぶりを理解しているのは、同じ穴のムジナの習近平)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

⑮おバカ習近平、金のためならすぐ折れるに違いないと思っていたUSAの頑固で厳格な対応に、独り話が違うとイライラを募らせていたに違いない。
それゆえ、あまり信用はできなくても、自分たち同様USAに敵視され、あそこまで軍事大国を吹聴しUSAなんて怖くないと豪語しているPuサンだから、まさかのときに利用できるかも?と功利的に捉え、表向きは親密なポーズ。
それはそうである。
同じビビり屋ゆえに、誰よりもそのPuサンの異常な錯乱ぶりを感じ取っているのも、習近平自身。
しかしながら、「すべての核兵器国は、冷戦思考を放棄して海外配備の核兵器を撤回、ミサイル防衛システムの無制限の開発を排除する」、「特定の国家、軍事的・政治的同盟と連合が地政学的対立を激化している。NATOのさらなる拡大に反対する」などと不可侵条約に近い「中露共同声明」を発表し、「限界なき(?)戦略的パートナーシップ」を宣言してしまっている以上、残忍非道なウクライナ侵攻の共犯にされるのもイヤだけど、4000㎞以上の国境を接している発狂ロシアに逆恨みされるのもゴメン。
それこそが、習近平の本音。
それでも、第1回・第2回「一帯一路フォーラム」に出席し「コロナのパンデミックで他国が北京のせいにすることは許されない」と公言してくれた、Puサン、北京冬季五輪で孤立する習近平を独りサポートししてくれた、Puサン、そして、USAシンクタンク「CSIS(戦略国際問題研究所)」中国パワー・プロジェクトのボニー・リン部長が「Puサンほど習近平を支持している指導者はなかなか見当たらない」と断言する、Puサンをあからさまに敵に回すことが、冗談でもできるはずもナシ。
第一、エネルギー危機に喘ぐ中国にとって、ロシアは、中国にとってサウジアラビアに次ぐ第2の原油供給国で、昨年総輸入量の16%の日量160万バレルを供給してもらい、天然ガスでも、オーストラリア、トルクメニスタンに次ぐ第3位の昨年総輸入量の10%の166億立方mを供給してもらっているうえ、2月、「ガスプロム」と「ロスネフチ」と、新しいパイプラインを通じて年間100億立方mの天然ガスと日量20万バレルの原油を供給してもらう長期契約を結んだばかり。
そこで、「ウクライナで平和構築の役割を果たす」と世界に言明しつつ、あえてロシアとの関係の重要性を根本的に変えたり見直したりせずに、何とか火の粉を被らないようにと必死。
4月4日、ウクライナのドミトロ・クレバ外相に、「我々は、戦争の終結が平和と国際的な食糧安全保障、そして、国際貿易のためになるとの確信を中国と共有した」と電話会談で言われると、王毅外相が、「中国は対岸の火事だと傍観してはいない。ヨーロッパの持続可能な安全保障の枠組みを構築すべき。中国は、自らのやり方で建設的な役割を果たしていきたい」とはぐかす。
3月19日、ボリス・ジョンソンに、「時間が経つにつれ、ロシアの残虐行為が増えるにつれ、Puサンの侵略を容認することは確実に難しくなる。このまま見過ごせると思っていたヒトたち、塀の上に座っていられると思っていたヒトたちは、今、相当なジレンマを抱えている。北京では考え直す人が出始めたようだ」と言われると、3月20日、秦剛駐USA中国大使が、「中国は戦争に反対し、即時停戦を求めている。ロシアに軍事援助を行うという偽情報があるが、それを否定する。中露は何年もかけて築かれたユニークな信頼関係にある(???)」と回答し、3月24日、「環球時報」は、「NATO首脳会議は、ウクライナ危機の火に油を注ぐ」、「23年前の同日、NATOは、78日間のユーゴスラビア爆撃を開始し、数千人の市民を殺害した。NATOは、今年も同じ日に首脳会議を開き、平和の名の下に軍事配備を強化し、さらにウクライナを武器で武装させるのは誠に皮肉であり、偽善である」という中国人アナリストの分析を報道。
すると、3月24日、ジョー・バイデンも、「習近平と6~7日前に電話で話した際、脅しこそしなかったが、ロシアを助けるとどうなるかわかっているかを確認した(?)。中国は自国の経済的な未来がロシアよりも西側と密接に結びついていることを理解している。だから、習近平が関わらないことを望んでいる」と牽制。
NATOの30ヵ国首脳も、「中国を含むすべての国家に対し、国連憲章に謳われている主権と領土保全の原則を含む国際秩序を維持し、ロシアの戦争努力をいかなる形でも支援せず、ロシアの制裁回避を助ける行動も控えるよう要請する。中国政府高官の最近の公的発言を懸念しており、中国に対し、特に、戦争とNATOに関するクレムリンの誤ったシナリオを増幅することを止め、紛争の平和的解決を促進するよう求める」と警告。
そ、そ、そうしたら、3月24日、国連総会(193ヵ国)までが、緊急特別会合で、「ウクライナで深刻化する人道危機はロシアによる敵対行為の悲惨な結果」と表明、「即時停戦と数百万人の市民、住宅、学校、病院の保護を求める人道決議案」を賛成140ヵ国で採択。
反対は、ロシア、ベラルーシ、シリア、エリトリア、北など5ヵ国だけ。そして、中国、インド、南アフリカ、イランは棄権。
さ、さ、さあ、どうする? 習近平!!!

Like Russia, the cheap hoodlum nation that has made the name of the world's most outrageous nation immovable, the trends of the yakuza nation China are attracting worldwide attention(世界一の非道国家の名を不動のものにしたゴロツキ国家ロシア同様、ヤクザ国家中国の動向にも、世界の注目が集まっている)!

To be continued...


profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード