Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

The time has come for real Okinawans to expel fake Japanese, who are terrorists who despise Okinawa from China and South Korea and the mainland(本物の沖縄人が、中韓や本土からやってきている沖縄を貶めるテロリストであるニセ日本人どもを追放しなければならないときがきた)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○中国共産党に、おバカ習近平に、「尖閣諸島」が自国の領土なんて言わせているのは、金のために魂を売ったUSAの「チャイナゲート」のハゲタカどもと我が国の内にいる「チャイナスクール」のアンポンタンども。

世界を金でしか見ることができない、もしくは、世界を金でしか計れないUSAは、ある意味、「資本主義のリードオフ・ストラグラー」。
そう、情けなくてみっともない資本主義の先頭を走る強欲な落伍者。
そんなUSAにとって、中韓やロシアのように共産主義も民主主義もない資本主義国家、それらに醜悪にタカるだけの東アジアや南太平洋諸島のミニ独裁国家、北のような共産主義も民主主義も資本主義もないキチガイ国家、そして、中韓やロシアや北にもおもねる社会主義崩れの未熟な自由民主主義国家日本など、どの国もネギを背負ったカモ。
それはそうである。
金、金、金のがすべての市場原理主義の世界では、世界の金融業界を自分たちとよく似たUKとともに牛耳るUSAにとって、そんな金の欲しさにヨダレタラタラの国々など赤子の手をひねるようなもの。
世界を震撼させていた中国産の「中共ウィルス」の大パンデミックでも、かなりの国民を犠牲にされながらも、そのワクチンのほぼ独占販売状態で、大儲け。
ロシアの気の狂ったウクライナ侵攻でも、天文学的軍事支援を声高に叫びながら半分もまだ送らず、先に仲間のNATO諸国に軍事支援させておいて、そちらに最新の精密兵器を売りまくり、大儲け。
それも、平気で核戦争はしないとロシアを調子に乗らせたうえ、ロシア領土攻撃はダメと言う摩訶不思議さ。
本当に自由民主主義国家のリーダーの自覚があるなら、万が一核を使ったらその国は絶対に許さない、どちらの国の核が有効でどう配備しているか一度試してみるかい? 地球が滅亡する前に、そちらの国が消滅することだけは確かでは?とぐらい言うべきなのでは?
どうあれ、金の亡者の覇権国家USAにとって、共産主義も民主主義もないニセ資本主義国家である中韓やロシア、共産主義も民主主義も資本主義もない核だけの独裁国家北、そして、USAの同盟国で、イヤイヤ、完全属国で未成熟な自由民主主義国家で資本主義国家である我が日本を利用して儲けることなど、赤子の手をひねるようなもの。
すべてにおいて、USAファースト。
核の傘など、冗談でも開きそうにないのでは?
それで、メチャクチャ真剣にならざるをえないのが、自国で国防を親身に考えようともしないノーテンキな国家、日本。
何しろ、今、すぐにでも核兵器を使いそうな中韓、ロシア、キチガイの国は、全部、ついていないことに、お隣!!!
しかも、どの国も、ミサイルや航空機や艦隊で、我が国の領空や領海を威嚇しまくり。
そう、大した技術力も創造力もないのに、893国家とそのチンピラ国家、ゴロツキ国家とその鉄砲玉国家に、足下を見られるばかり。
どうだろう?
こうなったらウクライナに学んで、「やれるモノならやってみろ! ただ黙ってやられはしない! それなりに、やり返してやる! 」という、せめてその気概や気骨だけでも、表明すべきなのでは?
とにかく、優柔不断で中途半端な対応だけは、絶対にダメ。
その意味で、USAに、同盟国重視が本当なら、中国に対し、いい加減「尖閣諸島は、国際法上、間違いなく日本の領土なのだから、手を出すな」とぐらい明言させるべきなのでは?
そうのうえで、「日本に核を使ったら、USAが核攻撃されたとみなし、反撃の核攻撃をする」とも明言させるべきなのでは?
そう、「日本は我がUSAの大きな傘の下にある」と…。
さて、今なお、USA軍による使用に供することが必要な施設および区域である久場島、大正島の2つの射爆撃場、1978年6月以降、なぜか使用されていないとか。
それだったら、USA軍に提供された施設で使用の必要がなくなったものは日本に返還するという「日米地位協定」に基づき、日本に返還してもらうべきなのでは?
第一、かかる使用目的により提供水域及び指定水域を使用する場合、USA側から防衛省に対し当該水域の使用期間などについて事前に通告しなければならなく、実に面倒なのでは?
そ、そ、それに対し、脆弱な我が日本の態度も、メチャクチャ不可解。
「黄尾嶼射爆撃場」については、空対地射爆撃訓練のために、「赤尾嶼射爆撃場」については、艦対地射撃・空対地射爆撃訓練を使用目的として使用していると回答しているのだから、ワケワカメ。
そして、「USA軍の指定水域および指定空域の在り方については、USA軍の必要性などを勘案しつつ、随時、日米合同委員会の枠組みを通じ、USAと協議するとまで回答するミステリー。
そんな煮え切らない態度だから、中韓と北から沖縄に集結しているニセ日本人テロリストどもに、いいように沖縄が利用されてしまうのでは?
東仙坊、念のために言っておくと、本物のウチナーンチュは、クリアなプライドと人間愛に溢れ、無意味なデモをするようなジコチュウなど一人もいないはず。

In order to truly believe in the USA, Japan must, anyway, change its neutral policy toward the cunning Senkaku Islands(我が日本は、USAを本気で信じるためにも、とにかく、USAの狡猾な尖閣諸島への中立政策を改めさせなければならない)!

To be continued...



profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード