Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

In Japan, there must be a strong tendency to sympathize with the perpetrators rather than the victims in terrorist attacks, so frivolous and selfish terrorists might continue to appear in Japan(日本では、テロ事件で被害者よりも加害者に同情する傾向が強いから、軽薄でジコチュウなテロリストが、我が日本で出現し続けるのでは)?

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本の希望に満ちた未来は、敢然と侠気を持って、近隣諸国と完全無欠に隔絶しない限り、ゼロ、零、皆無、ナッシング。

東仙坊、いまや日本の蛮行のある種のブームになっている、ジコチュウ丸出しの「死にたいから人を殺そうとした」、「刑務所に入りたいから人を殺そうとした」という軽薄な劇場型無差別テロリストの次から次への出現に、これが侠気というものを完全喪失した我が国の縮図だなと暗澹たる気持ちになっていた。
それはそうである。
日本人が本来培っていた強きをくじき弱きを助すく「侠気」のようなものがなくなって、久しいのだから、当然といえば当然。
そのせいで、ほとんどの気遣いが本性のはずの日本人が、情けなくてみっともない「触らぬ神に祟りなし」、「何が起きても、他人事は他人事で自分には無関係」という気質に様変わり。
それゆえ、凄惨なテロが起きても、どちらかと言えば、加害者に同情的で、不運極まりない被害者に極めて冷淡。
そうなる所以は、どこか社会的に不遇で押さえつけられている社会的弱者に同情しないと、どこか時流に乗り遅れるという錯誤。
そう、そうさせた社会環境が悪いのだから、あまり加害者を責めてはいけないというおバカな理屈。
どうあれ、無差別テロで突然命を絶たれたり、大ケガをさせられた無辜の被害者たちの無念さやトラウマなど全く無視。
そ、そ、そんなとき、このクソ暑い時期に、その軽薄な劇場型無差別テロリストがまた登場した。
7月7日午前8時ごろ、宮城県仙台市太白区の路上で、一緒に登校中の女子中学生2人が包丁で背中を刺される事件が発生。
約15分後、自分のアパートの敷地内に隠れていたところを、現場の前に住む、クソッタレの尾張浩之(43歳)を現行犯逮捕。
「殺そうと思って刺した。殺人を犯して、刑務所に入るためにやった」といまや定番の供述。
そんなことより問題は、病院に搬送されましたが、2人の女子中学生とも、会話できる状態で、命に別条はなく、1人は軽傷、1人は重傷。
それで、報道は、チョン。
ちょ、ちょ、ちょっと待ってよ、我が国のおバカメインストリームメディアども、もっとも微妙な時期に見知らぬオトコに包丁で刺された、女子中学生の2人の心は本当に大丈夫なの?
いくら命が助かったところで、心の刺し傷は相当なものなのではないのか?
それをも癒やすような取材や報道をなぜできないのか?
そもそも、加害者のクソッタレを厳罰に処すべきと指弾しながら、2人の女子中学生の今後のために、我が国に「TIC(Trauma-Informed Care : トラウマインフォームドケア)」の考え方を適用した「トラウマインフォームドな学校」があるの?
そう、「TIC( トラウマインフォームドケア)」、支援する多くの人たちがトラウマに関する知識や対応を身につけ、普段支援している人たちに「トラウマがあるかもしれない」という観点をもって対応する支援の枠組み。
そうでなければ、2人の女子中学生は、残りの人生、その実際のキズ痕と心のキズを引きずることになってしまうのでは?
とにもかくにも、同情すべきは、どこまでも被害者だということを忘れずに取り上げるべきなのでは?
そんなことだから、我が国に心の偏ったり歪んだりしたテロリストが、生まれ続けるのでは?
そ、そ、そうしたら、そんな我が国のおバカメインストリームメディアどものテイタラクをせせら笑うような「世界の恥」そのものの銃撃による暗殺事件が、まさか平和憲法を抱く我が国だけは大丈夫と思い込んだままの国防の甘さを、まさか世界一安全と言われる我が国で自分だけは大丈夫と考える自己防衛意識の甘さを一瞬で吹き飛ばすような残虐非道な手製ガンによるテロが、また発生した。
それも、ロシアやウクライナやUKやUSAやスリランカ以上の衝撃を、世界に与えるような政治テロ事件が、我が日本で起きた。
しかも、無念にも3mの至近距離から、2発の銃弾(精確には1発?)を背後から受け、ほぼ即死したのは、消去法的でも、我が国の首相としての仕事を何とかこなせる数少ない政治家と評価していた、Mr.安倍晋三というから、心の底から震撼。
すると、なぜか被害者にスポットを当てないはずの我が国のおバカメインストリームメディアどもが、その息絶える直前の被害者映像を流し続けるから、怒り心頭。
そこで、ここは、その一切の事件のディテールに触れず、Miss櫻井よしこの「世界が激変し、日本の運命がかかっているこの時期に、安倍晋三元総理がテロで倒されてしまった。心から憤っている。対象が保守でも、リベラルでも、どのような人、組織に対しても、テロは許されない。安倍サンは、どんなに摩擦が起きても、叩かれても、蹴飛ばされても、弾き出されても、自分が選んだ道だとして流れに逆らい、問題提起をされてきた。これまで多くの犠牲を払ってきた。今回はとうとう暗殺された。安倍サンの政策が日本の中長期の国益にかなっていることは明らかだ。志を同じくする言論人として、憲法改正や外交防衛政策で、安倍サンのアイデア、国家戦略を一つ一つ、私たちの力で実現しないといけない。日本国のために、安倍サンの遺産を実現しないといけない。今回の信じがたい死を受けて、改めて決意した」という涙ながらの訴えに委ねて、東仙坊、この41歳のマザーファッカー山上徹也の背後に直接的に存在していそうな組織を、緊急ショート・プロファイリング。
ちなみに、このマザーファッカー、すでに「殺そうと思ってやった」、「何ヶ月も前から準備した」、「特定の宗教団体に恨む気持ちがあった。安倍晋三元首相がその団体に近いので狙った(?)」、「安倍晋三元首相の政治信条に恨みはない(???)」などとほざいているとか。

Isn't it the first time in the history of constitutionalism that so many politicians from all over the world have gathered condolences due to the unfortunate death of Japanese politicians(我が国の政治家の無念の死で、これだけ多くの世界の政治家から弔意が集まるのも、憲政史上初めてなのでは)?

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード