Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Mr. Shinzo Abe! As former Prime Ministers suffering from Korea, please discuss with Hirobumi Ito about the strangest Korean people in the world(Mr.安倍晋三よ! サプアに悩まされた元首相同士として、世界的に最も異様なサプア民族について、どうかそちらで伊藤博文とじっくり話し合ってみてください)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本の希望に満ちた未来は、敢然と侠気を持って、近隣諸国と完全無欠に隔絶しない限り、ゼロ、零、皆無、ナッシング。

◎7月6日、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相が、「世界は複雑なカタチで変化している(?)。世界の全当事者に国際法を順守するため取り組むようにすべき(???)。ベトナムは、我々のASEANにおける重要なパートナーで、ロシアとベトナムの関係は歴史(?)と正義(?)のための共通の闘いに基づいている(???)」と白々するほどの大ウソ弁明。
そして、7月24日、穀物輸出に関するロシアの大ウソがバレた後、「ウクライナ、トルコ、国連との4者による黒海沿岸からの穀物輸出合意について、ロシアとトルコが貨物船の安全を保証すると確認した。同時に、ロシア産穀物の輸出のために、関連する欧米の対ロ制裁を解除するべきだ。4者協議が行われた際、ロシアと国連が署名した自国産穀物や肥料を世界市場に円滑に供給するための覚書は合意文書と一体のパッケージだ。欧米の制裁で輸送や代金支払いに生じている障害が速やかに取り除かれるべきだ」と発言。
東仙坊、ロシアへの入国禁止リストに、アナタの名前だけ入れてなかったPuサンと威風堂々と渡り合えたのは、Mr.安倍晋三、アナタしかいなかったと地団駄踏んでいるのが、この2つの話。
◎7月6日、ロシア軍元将軍でロシア連邦下院議員アンドレイ・グルリョフ
「ロシアは、目下、『大規模な戦争』、『第三次世界大戦』に向けて態勢を整えている(?)
◎7月7日、Puサン
「ウクライナを支援する米欧諸国よ、ロシアを敗北させられるなら試してもらおう。米欧は軍事支援によってウクライナ人が最後の一人になるまで戦うよう仕向けている。これは悲劇(?)だが、全てがそこに向かっている。ロシアはまだ本気になっていない(??)。米欧が支援を続ける限り攻撃を強化する。制裁はロシア経済に困難をもたらしたが、米欧側が望むような結果は出ていないどころか、撤退は国内産業の発展を促した。ロシアが戦争を始めたといわれるが(???)、米欧が戦争を解き放ったのだ。侵攻の責任は、ロシアの影響力を弱めるためにウクライナの親欧米派勢力と結びついて反露政策を推し進めた米欧側にある」
◎1987年6月15日、ロシア政府機関紙「イズベスチア」
「歴史に対する暴力」、「北海道の北半分は、19世紀前半までロシアの領土だったのに、そこを日本人がその後、不当に占拠している」
どうだろう?
Mr.安倍晋三、アナタなら何とかウラジミールを、そして、ロシアをなだめ諭すことができたのでは?
そう、日本人には稀有なほどの人たらしだったのだから…。
それで、どうしても言っておかざるをえないことが、もう1つ。
あの我が国を貶めること命の気の狂った学習をしないニンニク臭い国、せっかくアナタが、2015年、戦後70年談話で、「歴史問題でこれ以上、謝らない」と凜とした姿勢を明確に示し、サプアの外交カードを粉々に打ち砕きつつも、ただのフッカーでしかない元慰安婦どもに10億円も情けでくれてやり、日韓合意を締結してあげたのに、それさえも勝手に解消してしまった卑怯者ども。
それなのに、毅然とした態度を見せるアナタが許せず、逆恨みし、口汚くアナタを罵り続ける不逞のヤカラども。
アナタが、不運にも凶弾に倒れると、拍手喝采をした許し難いヒトデナシども。
それはそうである。
大ウソだらけのサプア、真っ向から正論を吐くアナタが苦手。
それゆえ、アナタを「日韓関係を悪化させた張本人」に仕立て、責任逃れ。
そんなときに、アナタが凶弾に倒れて、サプアは下品に「日本が再び自分たちの言うことを聞く国になる」、「岸田文雄首相なら思う存分に簡単に騙せる」、「外交的にサプアのトクになる」、「千載一遇のチャンス到来」、「安倍晋三というお目付け役がいなくなった岸田文雄首相を操縦するのは簡単だ」、「安倍晋三の影から抜け出す(?)』にはこの3年がゴールデンタイム(???)」などと大喜び。
そして、なぜか重厚な盾がなくなったかのように、まるで予定していたかのように、岸田文雄首相を舐めきったかのように、超低率支持率になった美人妻持ち大統領を中心に、「1998年10月、金大中大統領と小渕恵三首相が署名した『日韓共同宣言』を再確認しよう」と日本に繰り返し呼びかけてくる不可解さ。
どうやら、サプア側は、「日韓共同宣言」を日本が植民地支配を反省し謝罪した宣言と勝手に認識しているうえ、6月29日の日米韓3ヵ国首脳会談で、「北への核・ミサイルへの対応で、日米韓の安保協力の水準を高める」と約束したばかりだから、言うことを聞くしかないだろうと決め込んでいるからか、はたまた、「自民党宏池会は言うことを聞いてくれる。宏池会なら騙せる」というサプアの定説を頼りにしているからか、もしくは、サプアの軍事費をGDPの3%前後の水準で推移させ、サプアのGDPは日本の3分の1程度まで追いつきGDPの1%前後の日本の防衛費とほぼ同じ額になって、「もう、国力で日本に負けていない」と自信満々になったからか、日本に対し、異常なほどの対日強気外交。
Mr.安倍晋三よ、アナタがいなくなって、本当に口惜しいほどサプアがいい気になっているよ。それだけでも、何であんなクソッタレの凶弾に倒れてしまったんだよ、アナタも本当に口惜しいだろ!

In the end, in an attempt to make South Korea the same beautiful country as ours, we just pray for the souls of the two who are feeling regretful after being overwhelmed by the assassin's assassin who is heavily involved in South Korea(結局、サプアを我が国と同じ美しい国にしようとして、サプアが大きく関わる暗殺者の凶弾に倒れて、無念の思いをしているお二人の冥福をひたすら祈るばかり)!

To be continued...












profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード