Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

If the Korean economy goes bankrupt, the reason why Japan's “pro-Korea” politicians and businessmen will turn pale is simply because their pockets wouldn't be rich. That's how many people in our country must be addicted to South Korea's garlicky “black money” and “undermoney”(サプアの経済が破綻したら、なぜ日本の「親韓派」政財界人どもが真っ青になるかというと、単に自分の懐が潤わなくなるからである。そのぐらい我が国には、サプアのニンニク臭い「ブラックマネー」や「アンダーマネー」の虜になっているヤカラどもがいっぱい)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本の希望に満ちた未来は、敢然と侠気を持って、近隣諸国と完全無欠に隔絶しない限り、ゼロ、零、皆無、ナッシング。

東仙坊、心の底から狡猾かつ俊敏かつ魂胆見え見えに我が国を舐め、小バカにしつつ、金を何とかむしり取ろうとしてくるサプアが好きじゃない。
ましてや、今回のように自分たちにとって、いくらありとあらゆる意味で目の上のタンコブだった安倍晋三元総理が明確な意図を持った、間違いなくある組織(?)にマインドコントロールされた41歳の暗殺者の凶弾に倒れ、そのタンコブが縮みかかったばかりなのに、このチャンスにとばかりに、偽りの醜悪このうえない「弔問外交」を掲げ、土足でズカズカ我が国に入り込んでくるイヤらしさ。
その奇っ怪で柄でもない迅速な行動を見ると、ついついこの卑劣で卑怯な暗殺にサプア政府も絡んでいるのでは?と疑いたくならないか?
それだけじゃない。
毅然と我が国の未来と国益のためにサプアに対処しながら我が国の政権政党内で勢力を増し続ける安倍晋三元総理を煙たく思っている、我が国の内で跋扈する「親韓派」の額賀福志郎日韓議員連盟会長などの売国奴どもとの共謀まであったのでは?と思わず疑いたくなるほど。
ともあれ、NATO首脳会議で、岸田文雄首相と短時間言葉を交わした美女妻持ち大統領が、「コイツなら何とかなる」と岸田文雄首相を見下していたのかもしれない。
とにかく、安倍晋三元総理大臣の急逝の報を受け、いきなり美女妻持ち大統領は、「一息ついたところで、韓悳洙首相を団長とし、すでに美人妻持ち大統領が日本に派遣した「政策協議団」団長を務めた鄭鎮碩国会副議長らからなる『弔問使節団(?)』を派遣する」と表明。
そして、7月16日、赴任した尹徳敏駐日大使に、「一国の力では解決できない(?)」と言わせておいて、ひとまずサプアの朴振外相を、そそくさと7月18日~7月20日訪日させ、林芳正外相と外相会談しただけでなく、面会に消極的だった岸田文雄首相とまで強引に個別面会する厚かましさ。
事実、7月18日、4年7ヵ月ぶりの日韓外相会談。
7月19日、4年ぶりの日本の首相、岸田文雄首相と個別面会。
そう、どちらも執拗な積極性の勝利。
もっとも、きちんとした解決策などハナから持ってくるはずもないのだから、徹頭徹尾、不毛の会談。
第一、クローズドで実施した会談なのに、漏れ出てくる話は、相変わらずのジコチュウ丸出しの自分たちに都合のいい話ばかり。
そう、徴用工問題など単にサプア側が自分たちで対処すべき問題なのに、「日本の謝罪」や「日本からの資金提供」が前提のように甘く考えた虫のイイ話ばかりで、ウソつき国家の本領発揮。
「4年7ヵ月ぶりの日韓外相の公式会談が実現したこと自体が日本側の真摯な対応を見せるもので、日韓関係の信号弾と見てよい」
「重要なことは合意精神だ。被害者(?)の尊厳と名誉回復して傷を癒すことが重要(??)だが、合意精神に則ってこの問題を解決していきたい」
「元徴用工問題について、日本企業のサプア国内資産に被害が生じる現金化の前に望ましい解決策が出るよう努力する。早期解決を図りたい」
「日本政府も誠意を持って前向きに応じる用意があると感じた」
「慰安婦問題に関しては、以前にも述べたが、サプア外交部の2015年合意を正式に尊重しなければならないと考える」
「1998年、金大中大統領と小渕恵三首相が発表した『日韓共同宣言』に明記された『痛切な反省と心からのお詫び』の精神を継承するよう日本側に提起した。金大中・小渕宣言の基本的な精神である日本の『痛切な反省と心からのお詫び』を基にした21世紀のパートナーシップが重要だ。日本も継承・発展させる必要がある。サプアは関係改善のため努力を尽くしている。日本も応えて誠意を見せてほしい」
「朴振外交部長官が『官民協議会』で出た多様な意見などを説明し、日本側は主に傾聴した」
「美人妻持ち大統領の日韓関係改善の意志を伝達した。また、両首脳が都合のイイ時期にまた会って新たな日韓関係を作っていくためのイイ対話をされたらいい」
「徴用工問題に関して、日本企業の資産現金化がなされる前に望ましい解決策を模索するため努力するという立場を岸田文雄総理に伝え、日本側が誠意ある対応をすることを期待する」
「元徴用工訴訟をめぐる異常判決など、一連の反日暴挙で悪化した日韓関係の改善に向けて意見交換した」
「朴振外相が、岸田文雄首相と林芳正外相に会った本当の理由は、日本企業資産の現金化前に、戦犯企業(?)が被害者に謝罪したり、自発的な賠償金を支払ったりするようにと伝えるためだった(?)。サプア外交部が、日本に要求した案はそれなりに合理的であった(???)

South Korea, a nation of scammers with calculators, now that the wall of former Prime Minister Shinzo Abe has collapsed, it must be only natural that they are licking their tongues at Japan, the ideal fraud duck nation(計算機を持った詐欺師ども国家サプアが、大きな壁になっていた安倍晋三元総理の壁が崩れた今、絶好の詐欺のカモ国家日本に、舌舐めずりしつつやってくるのは当然)!

To be continued...



profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード